« 京洛電気軌道の車輌  京都市電1806 | トップページ | 伏見線のちょっと面白い(?)話 »

嵐電の妖怪電車

Photo Photo_2 Photo_3

毎度ご乗車ありがとうございます。

今日は夕方から嵐電の妖怪電車を見に行ってきました。モボ111型や121型がなくなってから、たまに嵐電を利用することはありましたが、撮影目的で乗ったのはもう何年ぶりだったでしょうか。

 それはさておき、妖怪電車になっていたのはモボ621型。個人的にはモボ301型かモボ26型(レトロ電車)だったら最高だったのですが。ちょうど四条大宮へ行ったら妖怪電車が出発するところで、これを撮影したあと後発の電車で車折へ向かい、嵐山から引き返してくる妖怪電車を狙いました。

 朝から好天気でしたが、四条大宮を出る頃から少しずつ雲行きが怪しくなってきました。そして私が車折に着いて妖怪電車を待っていると青空がすっかりなくなり、遠くで雷の音まで聞こえてくるようになりました。そんな中で四条大宮行きの妖怪電車を撮影し、次は西院で撮影しようと電車に乗り込んだとたん、激しい雨が降り出しました。

 そのため予定を変更して太秦で下車。でもこの時が一番雨が激しく、とても撮影のできる状態ではありませんでした。さらに駅のベンチに座っていると、突然強風が吹いてまるでバケツの水をぶっかけられたように雨にうたれてしまいました。おまけに落雷で嵐山方面の電車が一時運転できなくなり、妖怪電車を含めてダイヤはかなり乱れてきました。

 18時頃になってようやく雨も小降りになり、妖怪電車も再度嵐山へ向かったところで今度は民家の塀が崩れたとかで四条大宮~西院が不通になってしまいました。電車もなかなか来なくなり、やっと来た超満員の電車で西院に戻ったところでまた雨が激しくなってきました。そんなわけで撮影はここで断念、せっかくフリー乗車券を買ったのに3回しか乗れませんでした(それでも一応モトは取れましたけど)

|

« 京洛電気軌道の車輌  京都市電1806 | トップページ | 伏見線のちょっと面白い(?)話 »

撮影」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嵐電の妖怪電車:

« 京洛電気軌道の車輌  京都市電1806 | トップページ | 伏見線のちょっと面白い(?)話 »