« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

京阪1801+1802が出来ました。

003 007          毎度ご乗車ありがとうございます。

 クリスマスも終わってしまいました今日、京阪1801+1802がどうにか完成いたしました。本当は年内に1881と1882も完成させて、7輌で正月輸送に就役させるつもりでしたが、とりあえずは5輌で普通列車として運用する予定です。

 ところで今年もあと一週間足らずになりましたが、実はこれから大晦日までずっと忙しいので、ブログの更新もたぶんこれが年内最後になると思います。そこで少し早いのですが、8月の開設以来、ご覧下さいました皆様に厚く御礼申し上げます。拙いブログではありますが、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 それでは皆様、よいお年をお迎え下さい。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

デジカメを購入しました

003_2 012 013_2 021_2                   

毎度ご乗車ありがとうございます。

 このたび永年愛用していたカメラが壊れたのを機に、ついにデジカメを購入しました。と言っても、イマイチ使い方がよくわかりません(笑)

 そこで今日は試し撮りに行ってきました。上の3枚は左から順に大和田、守口市、関目で撮影したものです。日中なので特に変わったネタはありませんでしたが、5連の区間急行をメインに撮影してきました。

 そのあと久しぶりに日本橋へも行って来ました。でも考えてみたら今日は火曜日。GMストアは定休日だったんですね。それでポポンデッタとスーパーキッズランドだけまわりましたがあんまりいいものがなく、パンタグラフとかパーツ類をちょこちょこ買っただけでした。

008  模型の写真も撮ってみました。室内で走行中の写真を撮るのはちょっと難しかったですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

実験線での試運転を行いました

200712111_2 200712112 200712113_2 200712115

毎度ご乗車ありがとうございます。

 来年から計画している新線(=新レイアウト)建設に向けて、去る12月11日(火)に写真のような実験線を敷設して現有車輌の試運転を実施しました。

 新レイアウトは900mm×600mmのスペースで、複線のエンドレスに中心部をダミーの鉄道線が縦断する形になる予定です。これにより平面交差が2ヵ所できるほか、片隅には小さな留置線も設けようと考えています。

 今回の試運転では平面交差とポイントの通過状態を見るのが目的でしたが、どの車輌もおおむね問題なく通過してくれました。ただ平面交差では部分的に無電区間があるようで、ゆっくり通過させようとするとクロス部分で止まってしまうことがありました。

 このほか渡り線での折り返し運転なども実験しましたが、特に脱線や動かなくなるといったトラブルもなく、試運転はまず成功を収めることができました。今後は基本プランをさらに具体化させ、年明けには着工にかかりたいと思っています。

Photo 最後におまけの写真です。

この実験線に1900型の6輌編成も走らせてみました。京阪同士の平面交差ってのも妙な感じですが……笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな工具を使ってます

Photo 毎度ご乗車ありがとうございます。

 今日は一応工作派(!)の私がどんな工具を使っているのか紹介したいと思います。と言いましても別に変ったものを使っているわけではなく、左の写真に出ているのが全てなんですね。たったこれだけ?って思われるかも知れませんが、これで十分フルスクラッチができます(上手下手は別として)。

 まず右端のカッター2つ。これは言わずと知れた窓ぬき用です。最近気づいたのですが、9mmゲージの場合、定規をあてないで窓を抜くほうがかえって正確にできるようです。なまじ定規をあてたりすると、定規に引きずられてゆがんでしまうことが時々ありました。それとカッターの刃は少しでも切れ味が悪くなったと感じたらこまめに折って新しくしたほうがいいようです。

 その隣の金のこはプラキットの切り継ぎに、また丸ノミは窓のRの表現に使っています。そして細かい部品の取り扱いに使うピンセットですが、なんと中学の理科の時間に使っていた解剖セットについていたものです。それと穴あけに使う切りは昔から家にあったものです。本当はドリルがあるときれいに穴があけられるのでしょうが、これでも特に不自由を感じることはないですね。

 塗装は単色の場合はスプレーで吹き付けることもありますが、京阪のようにツートンカラーの場合は専ら筆塗りです。その際の筆ですが、中学の美術の時間に使っていた水彩画用のものを未だに使っています。その横にスチール製の定規は15cmのものですが、9mmゲージの20m車でも車体長が13cmほどなのでこれで十分間に合います。左端は5本組のヤスリですが、平ヤスリ以外はほとんど使用してないですね。

 はっきり言って長々と紹介するほどのものではないのですが、これだけの工具でも工夫次第で結構いろいろ作れるものなんですよね。ちなみに私はハンダ付けができません(自慢することではありませんが)。興味がないわけではないのですが、ハンダ付けが前提のキットでも、瞬間接着剤で組めないことはないんですよね。だったら無理にハンダ付けを練習することもないんじゃないか、というのが私の出した結論でした。それにハンダ付けをするにはいろいろ道具もそろえないといけないし、これが最大の理由ですね。今の心境としては、ハンダ付けの道具をそろえる費用があれば、たぶん金属キットなんかを購入すると思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

12月の製作計画

Sa270852 毎度ご乗車ありがとうございます。

 今年もとうとう最後の月になってしまいましたね。今月も引き続き京阪1800型の製作を進めていきたいと思います。それと今月からは、昔作った車輌のリニューアルを少しずつ始めていきたいと考えています。と言いますのも、9月に複線の運転場を開設して、久しぶりに昔作ったGMの客車などを走らせたのですが、何分30年ぐらい前に作ったものなので塗装はしてないわベンチレーターはゆがんでいるわで、もう悲惨な状態でした(笑)。そこでこの際修復して運転場で陽の目を見せてやろうと思ったわけです。これが完了したら往年の寝台急行やC62牽引の特急『はと』などが再現できそうです。

 それから来年より京洛電気軌道の新線(→新レイアウト)を建設していきたいと考えていますので、そのための準備も進めていく予定です。

 ということで今日の写真は本文とは全く関係ありませんが京阪と市電の平面交差です。新レイアウトでもこの風景をもっとリアルに再現したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »