« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

近鉄サ150型を作りました

033 047 051 054 055 057

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先日製作した近鉄のモニ220型ですが、単行では面白くないので相棒にサ150型を製作しました。といっても台車などは手持ちのもので済ませましたが、やっぱり車体が小さい分、どうしても腰高になってしまいました。

 今日はこの軽便電車の試運転の他、久しぶりに旧型国電も運転してみました。そう言えば去年はちょくちょく作っていたのに、今年はまだ1輌も旧型国電を製作していません。でも決して熱が冷めたわけではありませんので……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松山市内線の夏④

毎度ご乗車ありがとうございます。

 いつしか日も傾いてきましたが、撮影は続けました。実は正月に訪れた時、事前にデジカメの充電をしなかったために夜の撮影がピンチになってしまいました。でも今回は出発前にちゃんと充電しておいたので撮影に支障はありませんでした。大街道で夕食をとった後、上一万、市役所前、古町などで夜の市内線風景を撮影、特に古町では朝出庫していった車輌がまた入庫していくのを見ることができました。そして最後に城北線を大まわりして152 159松山市駅に戻り、最終電車が出ていくのを見送ってから夜行の高速バスで帰路につきました。長く暑い一日でしたが、充実した一日でした。 144 147 153 165

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松山市内線の夏③

018 083 030 075 035 070

毎度ご乗車ありがとうございます。

 今回の松山行きでは「電車のある風景」の撮影以外に、在来車全車の形式写真を撮ろうと思っていました。私にとって松山市内線の最大の魅力は、何と言っても在来車が今なお主役であること。でも、それももうあまり長くはなさそうな気がします。すでに元呉市電のモハ1001型などは姿を消していますし、超低床車の2100型も10輌を数え、次第に勢力を伸ばしてきています。そこで今のうちに記録をしっかり残しておきたい。これが今回の松山行きの理由でした。

 で、形式写真のほうですが、一部入庫したままの車輌は撮影できませんでしたが、この日稼働していた車輌は全て撮影することができました。ちなみに超低床車の稼働率は10輌中4~5輌ぐらい、元京都市電の2000型は2004を除いて全車稼働していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松山市内線の夏②

037 102 090 122 123 131

毎度ご乗車ありがとうございます。

 昨日に引き続き、松山市内線の写真をお送りします。

 今回も一日乗車券を利用して撮り歩きました。午前中は城北線の専用軌道をメインに撮影し、午後は市内の併用軌道を中心にまわりましたが、なるべく以前撮影したポイントを避けて、新しいアングルを探すようにしました。もともと私は撮影ポイントを次々と変えていくのが好きなので、この日も炎天下を歩き回って「電車のある風景」を探しました。それで暑さに参りそうになったら速攻で電車に乗ってました。車内は冷房が効いているし、ちょっと涼を取るには最高でしたね。

 それからどうでもいい話ですが、市内線の一日乗車券は300円で、たった2回乗るだけでモトが取れるんですね。ちなみに私は20回以上も乗りましたが、こんなに安い料金でちゃんとやっていってるんでしょうか。よそながら気になってしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

松山市内線の夏

021 012 027 028 011 023 毎度ご乗車ありがとうございます。

 突然ですが、昨日は少し早目の夏休みで松山に行って来ました。往復夜行バスという強行軍でしたが、昨日は松山市内線の始発から最終までを見ることができました。

 21日の夜に梅田を出発、翌22日の6:00に松山市駅に着くと、すぐに高浜線で古町へ行きました。最初の目的は城北線始発の「鉄砲町行き」 実は正月にも撮影したのですが、季節柄まだ日の出前でいい写真が撮れませんでした。でも今回はこれに加えて朝の出庫風景もじっくり見ることができました。今日紹介した写真は全て早朝の古町で撮影したもので、3枚目の道後温泉行きは出庫時だけに見られるレアなものです(通常の道後温泉行きは松山駅前または松山市駅前始発)

 古町で出庫風景を撮影した後、この道後温泉行きで終点まで行って朝食をとり、午前中は城北線の専用軌道をメインに撮影しました。朝からカンカン照りの夏空の下での撮影で、顔と腕を思いっきり日焼けしてしまいました。このへんの写真はまた後日紹介したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新線建設⑨ アクシデント発生!

001 002 003 004

毎度ご乗車ありがとうございます。

 去る10日に道路部分の製作を開始したのですが、本日朝その一部が不自然に盛り上がっているのを見つけました。

 そこで道路となるプラ板をはがしてみると、なんとその下のスチレンボードが腐食していました。このレイアウトは基板となるベニヤ製のパネルにスチレンボードを貼り付け、その上に線路を敷設、さらに道路になるプラ板を貼り付けています。スチレンボードや線路の接着には両面テープを使用しましたが、プラ板には接着剤を使ったんですね。これがどうもまずかったようです。

 そこで腐食したスチレンボードをはがして新しい物に付け替え、さらに新しいプラ板を貼り付けました。もちろん接着には両面テープを使用しました。今後ストラクチャー等の設置に関しても、取り付け方には一考を要すると思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京洛電気軌道 特殊狭軌線

006 008 007 毎度ご乗車ありがとうございます。

 以前からTMSの記事なんかを見て、軽便の車輌にも興味をそそられていましたが、このたびついにガソを製作してしまいました。

 と言ってもいつもの京阪のようなフルスクラッチではなく、1年ぐらい前に京都の模型店で安く売っていた津川洋行の西大寺鉄道のガソ(完成品)にちょこっと手を加えただけのものですが。主な改造点は塗色を変更したこと(上半国鉄クリーム色1号、下半ぶどう色2号、共にGMカラー使用)と後部にアーノルトのカプラ―を接着したこと等です。あと形式は一応自由型ということでキハ2にしましたが、インレタなど使わず直接車体に手書きでナンバーを入れました。はっきり言って不細工ですが、このほうが軽便らしくて面白いのではないかと勝手に思い込んでいます(笑)

 ただこのキハ2、実はモーターが入っていません。最初はBトレ用の動力ユニットを使おうと思ってましたが、軸距が開き過ぎているのがどうしても好きになれなくてやめました。いずれ何らかの形で自走できるようにしたいと思っていますが、昔のモデラーの方々はこのような車輌でもいろいろ工夫してモーターをつけているんですよね。昔の人ってすごいなって、こんな時つくづく思いますね(私もそのぐらいの工作力があったらいいのですが……)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新線建設⑧ とりあえず線路敷設完了

007 008  

毎度ご乗車ありがとうございます。

 長らく中断していた新線の建設を、本日久々に再開しました。以前からフレキシブル線路の敷設がうまくいかなくて、これが建設中断の理由でした。一時はフレキ線路を全面撤去して新たに敷設し直すことも考えましたが、結局現状のままジョイント部分を少し修正したら脱線もなくなったので、ひとまずこれで線路の敷設は完了ということにしました。

 そして今日は道路の製作にも着手しました。最初はかつての瑞穂電気軌道のようにプラスターを盛っていく方法を考えていましたが、スケールが小さいのでプラ板で表現することにしました。今日はほんのわずかしかできませんでしたが、ともあれこれでシーナリィの製作にかかることができます。果してどんなレイアウトになるか、私自身も楽しみです。

 ところで、7月の京都といえば祇園祭。祇園祭といえば、宵山の夜にこんな光景を思い出される方も多いのではないでしょうか? 010

| | コメント (2) | トラックバック (0)

軽便電車を作りました!

010 009 毎度ご乗車ありがとうございます。

 今日は6月23日のブログでちょこっと紹介しました軽便電車の話をしてみたいと思います。

 以前から近鉄ナローの車輌を作りたいと思っていたのですが、5~6年前のTMSにモ220型などのイラストが掲載されているのを見つけて、突発的に製作を開始しました。

 スケールは1/150。ナローの車輌なので単純に考えるとレールはZゲージになりますが、今回はあえて標準軌間(9mmゲージ)にしてあります。おかしいと言えばおかしいですが、これも個人で楽しむ模型ならではと勝手に思い込ませてます(笑)。試しに昔製作した近鉄2250型と並べてみましたが、ナローといえどもあんまり差はないですね。

 車体は毎度おなじみのプラ板からのフルスクラッチ。屋根はバルサ材から削り出し、ヘッドライトやベンチレーターはGMキットの余り、パンタグラフも実物を無視して手持ちの物を何も考えずに流用しました。

 と、ここまでは比較的順調に進められたのですが、問題は動力ユニットでした。最初は鉄コレの12m用を使う予定でした(長さがちょうどよかったので)が、車体の幅が狭くて入らなかったんですね。そこでいろいろ考えた末、MODEMOの都電6000型のユニットを流用することにしました。ただこのユニットにはカプラ―がないので、鉄コレの動力ユニットに付属していたカプラ―ユニットを瞬間接着剤で強引に台車にマウントさせました。今のところちゃんとくっついていますが、この先連結運転をした時、はずれてしまわないか心配です。ちなみに現在、同じスケールで近鉄のサ150型を製作中です。022でもHOサイズのナローも始めたいですね。京洛電気軌道・特殊狭軌線、なんて大きさは違いますが、同じ9mmの線路が使用できますから……。

 ということで、最後におまけの写真を2枚ほど。

 前から七夕伝説のヘッドマーク付列車を京都市内で撮影したいと思っていたのですが、今日ついに実現しました。006

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7月の製作計画

062 065 毎度ご乗車ありがとうございます。

 いよいよ夏ですね! 私にとって夏は一番好きな季節、もうあの暑い日差しを想像しただけでワクワクしてきますね。暑いのが苦手な方もいらっしゃるでしょうが、私は炎天下も何のその、気温30℃ぐらいなら暑いとは思いません(そのかわり冬は全くダメです…笑)。もうあの日差しと青空を見たら、何もかも放り出して旅にでも出たくなります。この時期まとまった休みがとれたら、松山か長崎の路面電車の撮影に行きたいですね。

 ちょっと脱線してしまいましたね(笑) 失礼しました。

 さて今月は、というか今月こそは新線建設を再開させたいですね。5月と6月は結局ほとんど何も手つかずで終わってしまいましたから、車輌製作よりも力を入れていこうと思っています。でも先に書きましたように、日差しが暑くなってくると家の中にいるのが嫌になってくるのでどうなるかわかりませんが(笑) でもまあ、今月前半はまだ梅雨を引っぱっていそうなので、早いうちに建設に取りかかるようにしましょう。

 ということで今日の写真は本文とは全く関係ありませんが……。

 今年もまた、京阪交野線の七夕伝説が始まりましたね。実は今日、この前のブログでも書きましたロケハンの第2弾に行って来たのですが、その帰りに「ひこぼし」の写真を撮影してきました。なんと最初の「ひこぼし」は1900型でした。055 054 061 057

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »