« 今なお残る市電の路線(京都市電の話) | トップページ | あれから30年(京都市電の話) »

近鉄モ2200型を製作しました

006_2 007_2  

毎度ご乗車ありがとうございます。

 今月に入って爆発的に作りたくなった近鉄の2200型が、本日ひとまず完成いたしました。実車を見たことがない上に近鉄の車輌をフルスクラッチしたこともほとんどない(10年以上前に2250型を作ったことがあるだけ)のでちょっと面食らったところもありますが、実はこの2200型は昔から製作したかった車輌だったので、今こうして曲がりなりにも完成させたことを喜んでます。

 車体はいつものようにプラ板からのフルスクラッチですが、屋根はバルサではなくGMの旧型国電キットのパーツを利用しました。同じ20m車なのでそのまま使えました。現在これに続くサ3000型とモ2200型をもう1輌製作中で、最終的には4~5連でまとめたいと思っています。

 今月は急に近鉄を作りたくなってしまいましたが、月初めに書いた製作計画も決して忘れてはおりません(笑) 本日は京阪1910も完成させました。基本的な製作方法は前作の1905と同じですので、ここでは省略させていただきます(笑) そのかわり、というわけではありませんが、今日はさらに頑張って数ヶ月前に作りかけのまま放置していた京阪1304も完成させました。こちらもこの2月に製作した1311と合わせて4連にする予定です。

 ところで、話は変わりますが……。

 実車の京阪1900型、中之島線の開業を待たず、10月18日限りで引退するそうです。最後に今日のお昼に偶然丹波橋で見かけた1919の写真を載せておきます。003 008_2 010_2

|

« 今なお残る市電の路線(京都市電の話) | トップページ | あれから30年(京都市電の話) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、

近鉄2200、イイ感じですねぇ!
自分もフルスクラッチ技術が欲しいものです。

あと数両製作されるようですが、デトニ2300型などを交えるのもおもしろいのでは?(笑)

続報、楽しみにしております!

投稿: MKC | 2008年9月27日 (土) 22時45分

MKC様;
 こんばんは。コメントありがとうございます。
 デトニ2300型も作ってみたいですね。それに2200型(新)や3ドア化された2200型も製作したいと思っていますが、いつになることやら……。
 そう言えば、はるか昔に作った2250型も未だ相棒がありません。こちらも何とかしてやらねば…(笑)

投稿: 京洛電軌 | 2008年9月28日 (日) 23時21分

お久しぶりです。めっきり涼しくなってこれからが活動的になってきます。管理人さんと反対ですが。晩秋生まれで、ちょうど生まれた頃の気候が一番順応しやすいと聞きますが。京洛電軌さんは夏生まれでしょうか。

それはともかく近鉄2200系、とっても惹かれるアイテムです。いい雰囲気で作られてますわ。張り上げ屋根の「新」のほうも期待しています。こちらは2237号改めモワ22号の荷電と、2233号でしたか名張の事業用の残党を撮りましたが、渋~い近鉄レッドはなかなか旧型車にマッチしますね。
たまたま亜鉄社で鉄コレの近鉄2250系セットをゲットし、近鉄にはまりかけです。この2250、スマートに仕上がってますが、欲を言えばもう少しスケールが大きかったらよかったんですが。モーターが入れにくいし、他車と併結するにもやや大きさが…。GMキットが少し大きすぎるのかもしれませんが。

投稿: クハ55071 | 2008年10月 2日 (木) 00時59分

クハ55071さんお久しぶりです。はい、お察しの通り私は夏生まれです(笑)涼しくなってきたので、これからは模型製作に集中しようと思ってます。ただこれから冬になっていくとどうしても窓を閉めきってしまうので、塗装がやりにくくなるのが玉にキズですが(ちなみに私は換気のため、塗装する時は部屋中の窓を全開にしてやってます)

 さて、近鉄ですが、鉄コレの2250型をゲットされましたか。実は私も欲しかったのですが買いそびれてしまいました。今製作している2200型は晩年のタイプですが、2200(新)とサ3000型は特急用として製作するのも面白いかなって思っています。そうなると2303(レクリエーションカー)も欲しくなってきますが。それと近鉄と言えば、京都・奈良線用の820型あたりを作って、昔の京阪との乗り入れも再現してみたいですね。

投稿: 京洛電軌 | 2008年10月 3日 (金) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近鉄モ2200型を製作しました:

« 今なお残る市電の路線(京都市電の話) | トップページ | あれから30年(京都市電の話) »