« 近鉄電車の怪 その2 | トップページ | 新線建設⑪ 既存車輌の走行チェック »

新線建設⑩ 道路の製作を再開しました

001 002 003

毎度ご乗車ありがとうございます。

 夏の間サボっていた(?)新線建設を、本日から再開いたしました。現在は併用軌道部分の道路を製作していますが、軌道の両側は1mm厚のプラ板を2枚重ね、軌道内は1.2miri厚のプラ板で表現しました。このため軌道内の地面が少し低くなり、レールが飛び出たような感じになって見苦しいのですが、下手にレールとツライチにすると走行不良の原因にもなりますので、ここはあえて目をつぶりました。

 さて、市電の併用軌道といえば敷石ですが、レイアウトの併用軌道全区間に敷石を敷くことは考えていません。晩年の京都市電でも敷石のない区間はたくさんありましたし、一部区間だけに敷石を敷いたほうが却って実感的ではないかと思っています。

 で、敷石の製作方法ですが……。

 正直言って、まだどうやって作ろうか決めていません。一番いいのは瑞穂電気軌道で採用されていた一枚ずつ並べていく方法だと思いますが、9mmゲージでは小さすぎてとても無理です。かといって市販の敷石はイマイチだし、本音を言いますと、あんまり市販品に頼りたくないんですよね(これは敷石だけに限ったことではありませんが)。まあ、建設を進めながら考えていくことにします。

|

« 近鉄電車の怪 その2 | トップページ | 新線建設⑪ 既存車輌の走行チェック »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、

おぉっ!レイアウト、イイですねぇ。
自分も作りたいんですが、スペース・資金等様々な問題で・・・(涙)

『併用軌道』は、嵐電や京阪大津線でかなり気に入って上に、昔の近鉄奈良(近畿日本奈良)~油阪にも併用軌道があったということですから、ジオラマ製作の際には是非盛り込みたいモノですね!

この前鉄道コレクションで近鉄800系を入手、さらに来年1月には近鉄8000系が完成品として発売され、その中には登場時の正に併用軌道を走行していた時代のプロトタイプもあるだけに、羨ましい限りです。

続報、楽しみにしていますね!

投稿: MKC | 2008年9月 7日 (日) 00時17分

MKC様;
 こんばんは。コメントありがとうございます。
 資金面に関しましては、ウチも結構深刻な問題です(泣)廃物利用や手持ちの品をフルに使って、少しでも経費節約に努めています。
 
 MKCさんのサイトも先日お邪魔させていただきました。鉄コレの2250型、私も欲しかったのですが買いそびれてしまいました。実は昔、私も近鉄の車輌にハマったことがあって、GMの2610型のキットを組んだり、ペーパーで3ドア化後の2250型を製作したことがあります。MKCさんの近鉄の模型を見ていたら、また近鉄の模型を作りたくなりました。

投稿: 京洛電軌 | 2008年9月 7日 (日) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新線建設⑩ 道路の製作を再開しました:

« 近鉄電車の怪 その2 | トップページ | 新線建設⑪ 既存車輌の走行チェック »