« 京洛電気軌道流車輌製作法② | トップページ | 中之島線初乗車記 »

京阪宇治線~2600型のある風景~

028 025 023 018 014_2 011

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先日、急に思い立って京阪宇治線の撮影に行ってきました。皆さんご承知の通り現在の宇治線はほとんど2600型の天下で、今度の改正で平日の日中も5輌運用が復活しました(ここにきて1900型がなくなってしまったのは何とも残念ですが……)

 ひょっとしたら以前のブログで書いたことがあるかも知れませんが、私は「鉄道のある風景」写真が好きで、撮影ポイントは次々と替えていくほうです。今回は黄檗~木幡間をメインに歩いて撮影ポイントを探してみました。中書島~六地蔵間はちょこちょこ撮影したことがあるのですが、このあたりをじっくり歩いたのは実は今回が初めてでした。しかしながら寒空の下で電車を待つのは正直こたえました。木幡まで歩いた後、桃山南口へ行って撮影を続けたのですが、嫌な感じの寒さ(←風邪の前兆か?)を覚えたので早々に引き揚げました。炎天下で松山市内線を追いかけていた日が恋しいです……。

|

« 京洛電気軌道流車輌製作法② | トップページ | 中之島線初乗車記 »

撮影」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京阪宇治線~2600型のある風景~:

« 京洛電気軌道流車輌製作法② | トップページ | 中之島線初乗車記 »