« 今年最後(?)の日本橋行き | トップページ | 京阪2000型(後期型) 近鉄2200型どうにか完成! »

京阪1900型勇退に寄せて

001

毎度ご乗車ありがとうございます。

 皆さんご承知の通り、昨日のさよなら運転を最後に京阪1900型が勇退いたしました。残念ながら私は仕事で撮影には行けませんでしたが、通勤途中で記念のKカードは購入しました。そこで今日は、1900型にまつわる超個人的な思い出話をさせていただきたいと思います。

 私が鉄道写真を撮り始めたのは昭和48年頃だったと思います。当時の京阪は特急車が1900型から3000型への転換期で、今思えばこの時すでに3000型が大勢を占めていたようです。上の写真は昭和48年、親にせがんで初めて撮影目的で香里園へ行った時に撮影した1900型ですが、私にとってこれが自分で撮影した唯一の特急時代の写真になりました。(余談ですがこの時、偶然500型の回送が入線してきてびっくりした記憶があります)

 1900型には3000型のようなシート一斉転換装置がありませんでした。そのため三条では乗客を降ろすと清掃係(?)のおじさん(制服着用の職員ではなかったように思います)が両手を軽く広げて通路を歩きながらシートをバタン、バタンと転換していたのを憶えています。今思うと当時の車内整備は現在より時間がかかっていたかも知れませんね。

 その後3000型が出揃って1900型は一般車に格下げされましたが、中でも旧型車はほとんどが7連に組成されていたせいか、主に大阪側で普通や区間急行に運用されていたように思います。と言いますのも格下げ後の1900型といえば新型車ばかりの5連はよく見かけましたが、旧型車は正月の代特や臨時特急ぐらいしか印象がないんですよね。そのせいか昭和50年頃、大阪へ行った時に1900型の旧型車が夕方ラッシュ時の区間急行に運用されているのを見て妙に感動した記憶があります。

 最後に、素朴な疑問ですが・・・・・。

 最近知ったのですが、1900型の格下げは昭和47年に始まっていたようですね。ということは、特急車の1900型と一般車の1900型が共存していた時期があったのでしょうか? ご存知の方はご一報いただきたいと思います。

 完全勇退した1900型、私は模型で残そうと思っています。011 001_2

|

« 今年最後(?)の日本橋行き | トップページ | 京阪2000型(後期型) 近鉄2200型どうにか完成! »

実車の話」カテゴリの記事

コメント

お邪魔いたします。

色々と姿を変えつつ、それでもいつも当たり前のような顔をして走っていた「1900」も、ついに引退してしまいましたね。私も、まだ満足に歩けない頃から四十年以上もの長い間、線路際で眺めてきたので、感慨深いものがあります。
残念ながら「さよなら運転」には出向けませんでしたが、見事な演出・大きな事故やトラブルがなかったこと そして 彼らの半世紀以上にわたる活躍に大きな拍手を送りたいと思います。

貴殿の「超個人的な思い出」を興味深く拝読しました。それでは私も少しばかり…。

淀屋橋・三条での座席転換、そうでしたそうでした。水色っぽい服を着た清掃係(?)のおじさん・おばさんが手際よく座席の向きを転換されていたのを「やってみたいなー」と思いながら眺めていたものです(BGM?は、1900独特のように感じられた「ウ~~~ン」というMG?の音)。当時は勿論「京橋・七条間ノンストップ」時代。御殿山まで戻る私は乗れるはずもなく、淀屋橋では「向かい側 3番のりば」の急行での帰宅なので眺めるだけ。1900の特急は正月休みにわざわざ祖父に乗りに連れていってもらうだけの 文字通り「特別な急行」でした。枚方市や御殿山を通過する時には、鳥肌が立つほどワクワクしたものです。

私の京阪写真撮影の始まりも、貴殿と同じ1973年頃でした。当時の注目は「1900と3000の交替」「2027-2028の7連急行」「1300系5連の本線通し普通」そして「ゲリラ的?にやってくる100型黒貨車」(行動範囲が狭い当時の小学生ゆえ、あくまで御殿山の線路際で知り得た対象だけですが)あたりでした。今も御殿山駅改札前にある雑居ビルの4階にあった書道教室の窓から、書道そっちのけで線路に向かってカメラを構えていて、センセイに叱られたことを思い出しました…。

で、1900の「特急車と一般車の並存」ですが、これは「Yes」だったと思います(写真はおろか、両者のすれ違いを実見すらしていませんので’思います’までですが)。
1900の特急車が引退したのは1973年の8月でしたが、遅くとも1973年の春には3扉化された1900(7連)が走っていました。枚方市以北で見掛けるのは貴殿のおっしゃる「新1900ばかりの5連」(McMcMcTMcが2本ありましたね。「あの1900が御殿山に停まる!」というので嬉しかったことと言ったらもう…)が大半でしたが(これら5連の出現は、1900特急車完全引退以降だったかもしれません)、その他にも特急車が全車引退する前の1973年春には既に1900の「7連急行(本線通し)」がなんと朝ラッシュ時の下りで走っていました。当時、朝ラッシュ時の急行といえば20分に一本・枚方市を出ると京橋までは香里園のみ停車の最混雑列車。確か8時15分頃の御殿山通過だったと思いますが、子供心に「枚方・香里でみんな乗れるんかな~」と思ったものです。

すみません「少し」と言いながら、長くなってしまいました。まぁ、年末年始のお休みも近いということで(?)、お許しください。

(追記)私にも一つお願いをさせてください。1900の関連で「はっきり覚えているのに記録写真を見たことがない」ことが一つ。「1925」「1926」の運転台撤去側のヘッドライト跡の写真(格下げ時に完全撤去されてしまいましたので、特急車時代だけに見られました)を撮影 あるいは どこかで見掛けられたことはございませんか? 具体的に書きますと、ヘッドライトケース部の出っ張りはそのままで、レンズ部が鉄板で塞がれただけ(塗装はマンダリンオレンジ)のユニークな状態になっており、仲間内ではこれを「塗り潰し」と呼んで珍重していました。これまでも何人かの先達のかたに「写真、残しておられませんか?」と尋ねてきたのですが、まだ巡り合えていません。(以上)

投稿: 吊掛急行A773 | 2008年12月21日 (日) 23時41分

吊掛急行A773様;
 こんばんは。返事遅くなって失礼いたしました。
 1925と1926の運転台撤去部分の写真ですが、実は私も探しています。ヘッドライトのレンズ部分だけが塞がれていて、確かバンパーもなかった記憶がありますね。
 貴殿の子供時代の思い出話、大変興味深く拝見いたしました。私の場合、当時からなぜか1300や1700といった旧型車が好きで、四条や三条界隈で撮影してましたね。1300型の5連も、撮影はできませんでしたが一時期あったのを憶えています。それと朝、ちょうど学校へ行くぐらいの時間に600や700の急行をよくみかけていたのですが、まさか学校へカメラを持っていくわけにもいかず、ちょっと悔しい思いをしたこともありました。そのせいか昭和49年か50年頃、大阪へ行った帰りにたまたま700型の急行が入線しているのを見て、特急で帰ろうとする親に無理を言ってわざわざこの急行で四条まで帰ったこともありました(←贅沢な話!?)
 

投稿: 京洛電軌 | 2008年12月24日 (水) 23時31分

こんばんは。1900の特急時代のエピソードいろいろ楽しく思い出させていただきました。
朝ラッシュ時の急行運用は初めて知りましたが、1925 1926のヘッドライトのふさがれたスタイルはよく覚えています。目に焼き付いているものの、画像はお目にかかれませんね~JTBキャンブックス「京阪特急」の42ページの上段写真の3両目が同車と思われますが、バンパーの無いのは解りますがライト部分は隠れてますね。
1900の特急といえば補助イスも印象に残ってます。3000系化されてからは不要になりましたが、四条の踏切の詰所に一脚、長く使用されていまして、1900の特急時代を偲ぶ備品でした。

投稿: クハ55071 | 2008年12月25日 (木) 19時42分

クハ55071様;
 こんばんは。1900型の補助いす、積んであったのはよく憶えていますが実際に座っている人を見かけた記憶はないですね。3000型のそれと違って自由に使えたから、始発駅で満席だったら即使用できたのでしょうね。
 ところでその補助イスが四条京阪の詰所にあったのは知りませんでした。当時頻繁に電車を見に行っていて、詰所の係員とも顔なじみになるほどだったのに不思議なものです。

投稿: 京洛電軌 | 2008年12月26日 (金) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京阪1900型勇退に寄せて:

« 今年最後(?)の日本橋行き | トップページ | 京阪2000型(後期型) 近鉄2200型どうにか完成! »