« 1枚の写真から | トップページ | 昔の鉄道雑誌を探して »

新線建設⑬ 道路建設再開しました

001 002

毎度ご乗車ありがとうございます。

 去年の秋以来、ほとんど凍結状態になっていた新線の建設をこのほど再開しました。まずは併用軌道部分の道路を製作しているところですが、これが意外に手間のかかる作業だとは思いもしませんでした。最初はプラ板を貼り付けて、後で着色すればいいなんて軽く考えていたのですが、実際にやってみると結構大変でした。特に曲線部分のプラ板の切り出しには難儀しました。かつての瑞穂電気軌道のように、プラスターや紙粘土による製作も考えましたが、果たして9mmゲージのサイズでうまく作れるのか、正直自信がなくて踏み切れませんでした。まだ当分道路の製作が続きそうですが、今年は凍結だけはないようにしたいと思っています。

|

« 1枚の写真から | トップページ | 昔の鉄道雑誌を探して »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

おはようございます^^

おぉ!併用軌道、イイ感じになってきてますねぇ!
こう見てると、自分もかつて存在した油阪~奈良の併用軌道を再現して18200系や800系をゴロゴロと走らせて見たいものです^^

では引き続き楽しみにしてます!

投稿: MKC | 2009年1月30日 (金) 09時50分

MKC様;
 こんばんは。
 併用軌道を走る鉄道線車輌もまた変化があって面白いですね。京阪でも昭和20年代まで本線に併用軌道があって、鳩マークをつけた1700型などが道路上を走っている写真を見たことがあります。
 ちなみに当線では現在、敷石をどう表現しようか思案中です。

投稿: 京洛電軌 | 2009年1月30日 (金) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新線建設⑬ 道路建設再開しました:

« 1枚の写真から | トップページ | 昔の鉄道雑誌を探して »