« 2009年“安楽工作派”宣言 | トップページ | 広電探訪記②~1900型頑張ってます~ »

広電探訪記①~在来車の現在~

026 032 039 085 259 211

毎度ご乗車ありがとうございます。

 元日のブログでお話したように、昨日まで広電の撮影に行ってきました。個人的に広島に行ったのは10数年ぶりぐらいでしたが、まずびっくりしたのはオリジナルの新型車輌がすっかり主流になっていたことですね。以前は各地の廃止になった市電の車輌が走っていて「電車博物館」なんて言われていましたが、この言葉もすっかり過去のものになったようです。

 在来車もオリジナルの500型は形式消滅、元神戸市電の車輌も全滅状態(1形式1輌ずつ残っているそうですが、一般営業に出ることはないようです)で、今やある程度の勢力を持っているのは元京都市電の1900型と元大阪市電の900型と750型ぐらいになってしまいました。1940年代に製造された750型が残っているのは意外といえば意外ですが、大型車だったのが幸いしたのでしょう。

 宮島線直通車も今ではイモムシみたいな(失礼!)連接車ばかりで、かつての主役だった2000型永久連結車も健在とはいえ全編成が車庫で休んでいて、予備車的な存在になっているようでした。さらに連接車は市内線にも進出していて、①系統(広島駅~紙屋町~広島港)などは日中全て連接車で運転されていました。

 さて、今日の写真ですが、1枚目は元京都市電の1900型(広島駅前)。今回の撮影行の一番の目的でしたが、在来車の中で最多だけあって比較的よく見かけました。隣が元大阪市電の750型(広島港)。単車では広電一の大型車ですが、やはり古いせいかあまり頻繁に稼働していないようでした。続いて350型(元宇品口)。宮島線直通用の元祖ともいうべきオリジナルの車輌です。嬉しいことに私が訪れた時は在来車の中では1900型に次いでよく見かけました。4枚目が元大阪市電の900型(横川駅前)。主に江波線や白島線で運用されていました。5枚目の3000型(八丁堀)は元西鉄の車輌で、昔は宮島線直通用でしたが現在は市内線専用になっているそうです。最後の写真は2000型永久連結車(商工センター入口)です。カッコ内は撮影場所です。次回は元京都市電の1900型を特集したいと思います。

 

|

« 2009年“安楽工作派”宣言 | トップページ | 広電探訪記②~1900型頑張ってます~ »

撮影」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広電探訪記①~在来車の現在~:

« 2009年“安楽工作派”宣言 | トップページ | 広電探訪記②~1900型頑張ってます~ »