« GM客車のリニューアルを再開しました | トップページ | 再チャレンジの京阪1300型、4連完成しました »

京都市電800型を製作しました

                                                          050 004 052                   

毎度ご乗車ありがとうございます。

 遅々として進まない新線建設ですが、このいつ完成するかわからない(?)路線用に京都市電800型を製作いたしました。

 プロトタイプは京都市電初の間接制御車として製造された866~880のグループで、これ以前に製造された800型と違って側面中央部のたれ下がりがないのが特徴です。またこのグループは後に集電装置がZパンタになったのも特徴で、このZパンタ付きの車輌がほしかったのが製作のきっかけでした。

 車体の製作は毎度おなじみの(?)プラ板・バルサによるフルスクラッチですが、今回は以前1800型を製作した時に省略した救助網も再現してみました。救助網の製作については以前から何かいい方法ははいものかとずっと考え続けていたのですが、先日京都市内の模型店で面白いものを見つけました。1/144ジオラマ用エッチングパーツのノーマルフェンスで、形状が何となく京都市電の救助網に似ていると思ったので購入してみました。2枚目の写真がこのフェンスを折り曲げて取り付けたところですが、一応はそれらしい雰囲気を出すことができました。

 下まわりはKATOのBトレ用を使うつもりでしたが、車体幅が合わなかったためMODEMOの江ノ電の下まわりを流用しました。正直路面電車にしては腰高なのが気になるのですが、現状では致し方ないですね。あと塗装は安易に(?)GMの国鉄緑2号とクリーム色1号を使用しました。いずれもプラ用塗料なので京阪の車輌のように車体のゆがみを心配する必要はなさそうです。

 どうにか完成させた800型ですが、前面の通風口の表現など課題はいろいろ残っています。次は700型にもチャレンジしてみたいですね。

|

« GM客車のリニューアルを再開しました | トップページ | 再チャレンジの京阪1300型、4連完成しました »

市電の模型」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
800形ですか、たしか1両動態保存されていますよ。
アメリカアリゾナ州ツーソン市に、阪堺電鉄に売却された1800形が廃車になった後、姉妹都市のツーソン市に無償譲渡されツーソン市のLRT路線でアメリカ製のPCCと一緒に走っていると本で読んだのですが、京都市電800形の当時に復元して走らせている、という話を聞きましたよ。
 それと3月8日日曜日に鉄道友の会京都支部が鉄道模型運転会をされますよ、場所は御所の西側の護王神社・時間は11時~3時ごろです。NとHOの2種類で一般持込600円・一般見学500円

投稿: 山科の鉄ちゃん | 2009年3月 1日 (日) 23時50分

山科の鉄ちゃん様;
 こんばんは。コメントありがとうございます。
 アメリカに京都市電800型が動態保存されている話は私も聞いたことがあります。確か何かのHPで見たような……。 
 来週の日曜日に運転会ですか、しかも持ち込みOKなんていいですねえ。私もぜひ見学させていただきたいところなんですが、実は仕事の都合で週末が休めないので残念です。またよろしかったら運転会の話など聞かせていただけると嬉しいです。

投稿: 京洛電軌 | 2009年3月 2日 (月) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都市電800型を製作しました:

« GM客車のリニューアルを再開しました | トップページ | 再チャレンジの京阪1300型、4連完成しました »