« 模型製作、ぼちぼち再開しています | トップページ | ぶらり、チャリ旅~消えゆく宇治線の5連を追う~ »

自由形軽便 モハ72完成

001 002

毎度ご乗車ありがとうございます。

 この夏の岡山の旅で何か軽便の車輌を作りたくなって、こんな車輛が本日完成いたしました。プロトタイプは下津井電鉄のモハ52ですが、ドア間の窓を一つ少なくした自由形です。車体はペーパー製で、屋根はバルサからの削り出しといういつもながらの製作方法です。一応プロトタイプはあるものの、軽便車輌に関しては特定車種にこだわらず自由な発想で製作したいと考えているので細部は自分の好みでまとめました。あと自身の経済状況も考慮して、なるべく低コストで製作するよう努めました。

 例えばヘッドライトですが、実はこれ、古いストローを細かく切ってプラ板にはり付けて表現してるんですね。またパンタグラフも、本来なら軽便用のでっかいのをつけたほうがカッコいいと思うのですが、模型店で見つけたHO用のをつけました。理由は簡単、安かった(確か800円ぐらいだったと思う)からです。この車輌最大の特徴である荷台は1.2mm厚のプラ板にノーマルフェンスA(1/144ジオラマ用)で表現しました。このノーマルフェンス、以前京都市電の救助網にも利用しましたが結構つかえますね。

 いつものことながら手抜きだらけの車輌ですが「軽便っぽさ」みたいなものは出ているんじゃないかと思っています。こんなことを言うと熱心な軽便マニアから怒られるかも知れませんが、軽便車輌に関してはプロトタイプに縛られず自由な発想で製作していきたいと思っています。ちなみに塗色は上半がGMのクリーム色1号、下半がぶどう色2号で、これを京洛電気軌道特殊狭軌線の標準色にしています。

 ところで、このモハ72ですが……。

 実はモーターが入っていません。このため、走行には去年作ったユーレイ君のお供が必要になります。しかもこのユーレイ君は同じく去年製作のキハ2のお供もせねばならず、せっかく完成したものの、出番は当分少なそうです。

|

« 模型製作、ぼちぼち再開しています | トップページ | ぶらり、チャリ旅~消えゆく宇治線の5連を追う~ »

京洛電軌特殊狭軌線」カテゴリの記事

コメント

今晩は!観覧ありがとうございます。
やってますね~
行き着く先は無いですね!
次は何を作るのかな?
そーそーこないだ梅小路機関車館に行ってきました。
機関車館に行くたび、B20をみるたび!何十年経過してもB20を見たり聞いたりすると君を思い出します!
君のB20は元気にしてますか?
なぜかB20=君なんです(^^ゞ(笑)

投稿: まさちゃん | 2009年9月 9日 (水) 20時47分

こんにちは、

軽便、いいですねぇ(^ω^)
三岐北勢線とか、こないだの下津井を見てると
やはりほしくなります(笑)

もしよければ、下津井駅跡で屋外放置されていた車両の画像とか
お送りしますよ?(笑)

投稿: MKC | 2009年9月10日 (木) 12時10分

皆さんこんばんは;

まさちゃん様;
 梅小路ですか、私は久しく行ってないですなあ(笑) うちのB20はガラスケースの中で眠ってます。いつの日か2軸貨車を牽引して走らせてやりたいものです。

MKC様;
 サイズは違いますが線路は同じ9mmなので軽便にも手を伸ばしてしまいました(笑)一般に「ナローの車輌は小さい(HO標準車輌に対して)」と言われますが、通常の9mmゲージ車輌の製作に比べたらはるかに大きいし作りやすかったですね。 

投稿: 京洛電軌 | 2009年9月11日 (金) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自由形軽便 モハ72完成:

« 模型製作、ぼちぼち再開しています | トップページ | ぶらり、チャリ旅~消えゆく宇治線の5連を追う~ »