« 京阪1300型をさらに増備します | トップページ | 京都市電2600型のモーター »

香水電車が走ります(京都市電の話)

003 002

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先日、調べ物があって府立図書館へ行ってきたのですが、そこで昔の京都新聞のマイクロフィルムを見ていたら、表題のような記事を見つけました。

 今から50年以上前の昭和27年7月4日の夕刊に掲載されていたのですが、この年の7月11日から一週間の予定で市電に「香水電車」が登場したんですね。大阪の化粧品会社が宣伝を兼ねて交通局に打診したそうなんですが、運転台の後に香水入りの花かごをかけて、車内に香水の香りを漂わせるというものだったようです。香水電車になったのは主に四条通を走る小型ボギー車15輌で、形式までは記載されていませんでしたがおそらく600型ではなかったかと思います。

 新聞にはこれが好評だったら今後も継続して観光名物にしたいという交通局の意向も書かれていました。なかなか面白い企画だったと思うのですが、その後どうなったんでしょうか……。

 本日の写真は香水電車だった600型!といきたいところでしたが、残念ながら600型の写真がないので元600型(=1600型)にしました。強引なこじつけですが……笑

|

« 京阪1300型をさらに増備します | トップページ | 京都市電2600型のモーター »

京都市電の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香水電車が走ります(京都市電の話):

« 京阪1300型をさらに増備します | トップページ | 京都市電2600型のモーター »