« 製作は買い出しから!? | トップページ | 京阪電車の棚卸 訂正 »

遠い日のおぼろげな記憶

003_2 001_2 002_2 005_2

毎度ご乗車ありがとうございます。

 1月も20日を過ぎて、正月気分もすっかり抜けてしまった感がありますが、今日は子供の頃の、曖昧だけど妙に印象に残っている話をしてみたいと思います。

 昭和48年の正月でした。家族で伏見稲荷に初詣に行った帰りに乗った京阪の車内から、一般車による特急が通過していくのを見たんです。満員の車内で、しかも一瞬の出来事だったのですが、その特急は旧型車で、ヘッドライトが砲弾型だったのをはっきりと確認できました。そのため、私はこの時の車輌をずっと1800型だと思っていました。ただそれにしてはどうもドアー間の窓が4つだったような気がするんですね。この辺の記憶が曖昧なので何とも言えないのですが、考えてみれば当時1800型は5連運用のみ(私の知る限りでは)だったので、特急運用に入るとは考えられない。となると、あの日見たのは格下げ直後の1900型だったのでは……と最近になって思うようになりました。

 当時は3000型がほぼ出揃い、1900型格下げの話も聞いてはいましたがまだまだ1900型の特急は健在だったので、あれが1900型だったとは当時考えもしなかったんですね。でも後年になってあの頃の詳しい状況などがわかってくるにつれて、やっぱりあれは1900型だったのではないかと思うんですね。写真を撮っておけなかったことが悔やまれますが(笑)

 ということで今日の写真は翌昭和49年に撮影した格下げ後の1900型(旧型)です。意外にも1900型旧型車による代用特急の写真はこれ1枚だけでした。当時旧型車は7連に組成されていたせいか、京都寄りではあまり目にする機会がなかったですね。

|

« 製作は買い出しから!? | トップページ | 京阪電車の棚卸 訂正 »

実車の話」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
いい年齢をしたおやぢがそれぞれが持つ幼いときのおぼろげな記憶が、同世代の同好者とのおしゃべりの中から共有される瞬間が多々あり、もりあがってしまいます。
このネタですと吊掛急行氏の出番でしょうか・・・。

投稿: ぴおちゃん | 2010年1月22日 (金) 07時37分

ぴおちゃん様;
 こんばんは。
 なんと皆さん似たような記憶をお持ちなんですね。よろしければまた皆さんの「おぼろげな記憶」を伺ってみたいものです。

投稿: 京洛電軌 | 2010年1月22日 (金) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠い日のおぼろげな記憶:

« 製作は買い出しから!? | トップページ | 京阪電車の棚卸 訂正 »