« 寒い休日は…… | トップページ | 新線建設⑰ 道路はペーパーで »

昭和30年代の京阪電車もいいものです

002 007 013 029 028 025

毎度ご乗車ありがとうございます。

 すでにご存じかと思いますが、私の製作している京阪の車輌は昭和40年代前半がメインになっています。特急車はもちろん1900型だし、急行は八幡町から枚方市まで、また香里園から京橋までトバシテいた頃が私の鉄道の原風景でした。

 それはさておき、その後昔の鉄道雑誌を入手するにつれて、もっと前、すなわち昭和30年代後半の京阪にも興味がわくようになりました。もっとも私が生まれる前のことで、写真でしか見たことがありませんが、お世辞にも整っているとはいえない編成(ガラ●タ編成などと言われた御仁もおられたようですが)は模型製作欲をそそられますね。

 また当時の写真や資料を見ていると、駅構内の配線も興味深いものがありますね。例えば降車ホームと乗車ホームが分かれていた地上時代の天満橋とか、レイアウトに欲しくなるような佇まいだし、列車もほとんどが3~4連なので、模型的にも手ごろな輌数です。

 そこで先日、手持ちの車輛から昭和30年代を想起させるような編成を集めて運転会を行いました。500型や1000型の他、先日完成したばかりの2ドアの1300型や、特急時代の1700型による「まいこ号」など走らせてみました。ガラ●タ編成はしませんでしたが、小編成の運転もいいものです。

|

« 寒い休日は…… | トップページ | 新線建設⑰ 道路はペーパーで »

京阪の模型」カテゴリの記事

コメント

お寒うございます。

私の「京阪原風景」も貴殿と同じ頃、昭和40年代前半です。ま、この頃はまだズバリの形式を意識していたわけではなく「赤い急行」(3扉格下げ後も特急色だった1700系だと思います)「なぜかボロ電が多かった(気がする)枚方止め準急」(流電だと思います)「4連全部パンタ付きの普通」(2000系ですね)といった、いかにも幼児といった感じの記憶、なのですが。

先日も鉄分の濃い60歳ぐらいのかた(どちらかといえば国鉄派のかたです)と飲んでいて「もし出来るとすれば、どの時代のどこの線路際にカメラを構えたい?」というような話になり、私は即座に「昭和40年の朝ラッシュ時、京橋駅ホーム」と答えました。
1900や2200も登場している一方で、600は勿論、1000・1100流電、1300・1700・1800なども急行で大活躍、もちろん全列車が「運行標識板」使用。
言うまでもなく、当時は全くありふれた光景だったわけですが、今にして思えば夢のような風景ですよね。

そういえば貴殿の作品群、かなりこの光景を演じた車両群と重なりますね。

投稿: 吊掛急行A773 | 2010年2月13日 (土) 12時27分

こんばんわ
昭和30年代、私が生まれたのは1960年・昭和35年3月。当時五条大橋の西・河原町を越えた所で生まれ育ち、昭和40年頃から京阪を覚えているはずなのですが、大阪のおばさんの所へ行くのに1700系1800系は覚えているのですが流線型の1000系や500系の記憶が全然無い。近鉄からの乗り入れ車両の記憶は有るのですが・・・・・。高校で通学に利用していた昭和50年代前半が一番記憶に残っています。

追伸 2月28日に烏丸下長者町の交差点南西角の「護王神社」の中『護王神社会館』で鉄道友の会京都支部主催の鉄道模型運転会が開催されます。
時間はAM11:00~PM3:30 料金は一般600円。
アクセスは地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車、北へ7分。

投稿: 山科の鉄ちゃん | 2010年2月13日 (土) 21時05分

釣掛急行A773様;
山科の鉄ちゃん様;

 こんばんは。私が生まれ育ったのは京都・祇園で、四条駅から歩いて5分ぐらいの所でした。そのため、市電のあった頃の四条京阪が私にとっては「京阪原風景」でした。もちろん、幼少の頃は形式などわかりませんでしたが、「奈良行きの赤い電車(近鉄乗り入れ車)」や「流線形の電車(1000型ですが、当時は流線形という言葉も知りませんでした)」「窓が2つの電車(500型です)」を憶えています。ただ記憶がないのが2ドア時代の1300型。時代的には目にしていたと思うのですが……。
 
 タイムスリップできるなら、私の場合は昭和40年頃の伏見稲荷ですね。市電との平面交差を現在の目で見てみたいですね。思えばあの専用軌道同士の平面交差は幼き日の「謎の線路」でした。あと深草車庫ももう一度じっくり見てみたいですね。

投稿: 京洛電軌 | 2010年2月14日 (日) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和30年代の京阪電車もいいものです:

« 寒い休日は…… | トップページ | 新線建設⑰ 道路はペーパーで »