« 京阪600型4連できましたが…… | トップページ | 京阪電車開業100周年記念製作を始めます »

新線建設⑳ バラストを撒いてみました

002 001 005 004

毎度ご乗車ありがとうございます。

 今回は専用軌道にバラストを撒いてみました。使用したのはもう随分前に購入しておいたTOMIXのシーナリィバラストで、まず手始めにダミーの鉄道線に撒いてみました。ここに使用している線路は関水のユニトラックですが、道床は何となくバラストが撒いてある雰囲気なのであえてそのままにして、複線の間にバラストを撒きました。

 まず基板の上に直接木工用ボンドを塗ってその上にバラストを撒いて、さらにその上から木工用ボンドを溶かした水溶液をスポイトで落として固着させようとしましたが、なぜか水滴が丸くなってしまって思うようにいきませんでした。溶かし方に問題があったのでしょうか?

 しかしながらバラストがないのとあるのとでは見た感じが全く違いますね。さらに頑張って軌道線の北東部の専用軌道にも撒いてみました。こちらも鉄道線と同様、まず複線の間に撒いてから今度は枕木の間にもバラストを撒きました。最初から覚悟はしていましたが、この枕木の間にバラストを撒くのはかなり根気のいる作業でした。何と言っても9mmゲージは小さい!(当たり前ですが) そのため枕木やレールにバラストが少しでもついてしまうと脱線の原因になってしまうんですね。そこで少しずつゆっくりと慎重に撒いていきました。

 ここまでやってまた試運転を行いましたが、幸い脱線などはありませんでした。バラスト付のレールを走る市電を見ていると先は長いとは言え建設意欲がますます湧いてきました。

|

« 京阪600型4連できましたが…… | トップページ | 京阪電車開業100周年記念製作を始めます »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新線建設⑳ バラストを撒いてみました:

« 京阪600型4連できましたが…… | トップページ | 京阪電車開業100周年記念製作を始めます »