« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

今年の夏はディーゼルカー!?

006

毎度ご乗車ありがとうございます。

 京阪車輌の100輌達成も目前に迫って来ましたが、これと並行して以前からの念願だった国鉄ディーゼルカーの製作にも着手いたしました。

 その第1弾としてもうずいぶん前から少し作っては中断してきたキハ35系の6連を完成させてしまおうと思っています。以前このブログで発表したことがありますが、レイルロード製のキットを組んだものとフルスクラッチが半々の編成になります。本当はキット組み立てで揃えたかったのですが、どうしても入手できなかったため、フルスクラッチで補うことにしました。写真はペーパーで製作中のキハ36 2です。今年の夏はディーゼル熱が高くなりそうな気がします(笑)

 ところで、未確認の噂ですが……。

 あのポポンデッタが6月京都に出店するらしいですね。私もちらっと聞いただけなので詳細は知らないのですが、本当なら楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新線建設23 併用軌道を増やしました

007 001 009 010 003 005

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先日の線路敷き替えで単調な複線エンドレスになりましたが、少しでも変化をつけたくて北側の専用軌道の一部を併用軌道にしました。ちょうど川をはさんで左側に南北に伸びる細い道を作ったのですが、これが西側に折れて併用軌道に続くという形になりました。区間としてはごくわずかですが、道路幅は広くせず、「軒先をかすめて電車が走る」風景を再現したいと思っています。

 道路の製作ですが、南北の細い道には今回試しに1mm厚のバルサを使い、その上にボール紙を接着しました。併用軌道はほとんどボール紙を使用しましたが、外側だけは紙粘土を使ってみました。ボール紙より簡単にできたのはいいのですが、まだ完全に固着していないので出来栄えがちょっと心配です(笑) 2~3日後に再度チェックして大丈夫ならいいのですが……。

 そして試運転。脱線もほとんどなく良好でした。このあと専用軌道にバラストを撒いて、併用軌道を塗装したら線路関係はひとまず完成、続いて中央部の川を製作したらいよいよ区画整理です。どんな街並みにするか、今から少しずつ考えているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100輌目は1925に!

008 010

毎度ご乗車ありがとうございます。

 いよいよ100輌目の車輌を作る時が来ました(笑) この記念すべき節目の車輌には1900型の両運車、1925を選びました。実は1900型の両運車は以前製作したことがあるのですが、プラ板で作った車体に何も知らずラッカー塗装をしたために車体が歪んでしまい廃車となってしまいました。今回の再チャレンジではペーパー製で塗装もGMの鉄道カラーを使用するので、車体が歪むようなことはないと思うのですが……。

 それから実はこの車輌、私の記憶にあるのは片運化改造後の姿だけなのですが、模型はあえて両運時代の姿にしました。もちろん特急マークは両方につけるつもりですし、この車輌はモーター付にして単行運転もできるようにします(実際に単行で運転することはないと思いますが……) 現在、上まわりはほぼ完成しており、モーター購入待ち(=給料日待ち)の状態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新車(?)のデザインあれこれ

026 027 028 029

毎度ご乗車ありがとうございます。

 なかなか進まない新線建設ですが、いずれ(又はそのうち!)開通した暁には当然車輌の増備も進めなくてはなりません。一応、京洛電気軌道では原則ワンマンカーは運転しない方針(例外はすでに完成している京都市電1800型1輌と製作途上の同1900型2輌のみ)で、さらに昨今の超低床車の導入も全く考えておりません(!) そこでどんな車輌を製作することになるのか、形式図の切り継ぎでいくつか考えてみました。

 最初の写真は京都市電514型の窓数を2つ増やし、12m級程度のボギー車にしてみました。集電装置はポールが似合うと思いますが、パンタグラフにして大分交通別大線のように2輌連結で運転するのもいいかも知れませんね。

 次の写真は京都市電200型をこれも窓数を増やしてボギー車にしてみました。窓が小さいせいか先の514型よりかなり短く感じられますね。こちらはポールかビューゲルで、Zパンタは似合わないでしょうね。

 3枚目は京都市電500型を連接車にしてみました。昔広島電鉄で大阪市電を連接車に改造した例がありましたが、それの京都市電ヴァージョンです。閉鎖された中扉は再度開くようにして、パンタグラフ付で専用軌道を快走するのが似合いそうです。

 最後はこれも京都市電500型を今度は中扉をなくして車長を短くしました。個人的にはクラシカルなスタイルになったと自画自賛(?)していますが、これはどう考えてもポールカーにするのが一番ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新線建設22 線路敷き替えとプラン変更

004 009 002

毎度ご乗車ありがとうございます。

 以前から北西部の専用軌道での脱線が気になっていたのですが、このほどついに線路を敷き替えることにしました。もともとこの部分には小さな車庫があって、私としてはこれをどうしても残したかったのですが、いろいろ考えた末、やはり「スムーズな運転ができること」が一番重要だと判断して撤去することにしました。結局、プランは写真のように単調な複線のエンドレスになってしまいました。正直言って車庫がなくなったのは非常に不本意ですが、その分ストラクチャーなどに力を入れて「市電のある風景」を表現していきたいと思っています。

 線路の固着には両面テープを使用していますが、以前敷設した時に粘着力の強いテープを使ったため、撤去するのは一苦労しました(笑) そのため、今回は普通の粘着力(こんな言葉あるのか?)のテープを使いましたが、特に問題はありませんでした。また今回の再敷設で、当初使っていたフレキシブルのレールは全てなくなってしまいました。自由に曲げられるこのレール、現在の私の工作の力量では切断などにまだまだ問題がありました。特に継ぎ目の部分で脱線することが多かったんですね。結局、既製のレールを組み合わせてまとめることになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京阪1900型、さらに2輌完成しました!

005 006 008

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先週製作中の写真を紹介しました京阪1900型1931がこのほど完成いたしました。同車は1900型のラストナンバーで、もともと両運車(1925、1926)を製作する予定を急遽変更したものです。その理由は前回のブログに書いた通りですが、実はもう一つ「テレビカーが欲しい」というのもあったのです。実車の京阪特急に反抗して(?)ウチの特急はテレビカーをメインにしようと考えました。ちなみに余談ですが、特急時代の1900型は固定編成ではなかったため、6輌中4輌がテレビカーという編成があった一方で、テレビカーが全くない編成もあったそうです。

 そしてさる休日一日で爆発的に(?)中間車1958を作り上げました。同車は元中間電動車だった1980型を付随車化したもので、最初から付随車だった1954~1957と違ってドアの開く向きが異なっています。1900型の付随車は全てテレビカーだったのですが、1980型からの改造車はテレビがついていません。こう書くと先の話と矛盾してしまいますが、同時にバラエティーも持たせたかったのであえて1958を製作しました。

 ともあれ、これで作った京阪の車輛は99輌になりました。次はいよいよ記念すべき100輌目の製作です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

計画変更

001

毎度ご乗車ありがとうございます。

 1900型の製作も後半3輌にさしかかりましたが、ここで計画の一部を変更することにしました。先頭車はいずれも両運車の1925、1926にする予定でしたが、うち1輌を片運車にすることにしました。

 その理由は実に単純で、同車の窓抜きを始めた時点でヘッドライト用のパーツの手持ちが足りなくなってしまったからでした。(もっとも、先日行った日本橋で同パーツは購入したのですが…笑) 車番は正式決定ではありませんが1931となる模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年2度目の日本橋

004 002 001

毎度ご乗車ありがとうございます。

 今日は朝から大阪へ行ってきました。目的はもちろん日本橋の模型店めぐりですが、実は今日はもう一つ、昔の鉄道雑誌を求めて大阪のブックオフをまわろうと思っていました。

 まずは京阪で大阪入り。いつもは北浜まで行くところを京橋で下車、ブックオフ京阪京橋店に立ち寄って環状線で鶴橋に行きました。ここでもブックオフを見てから近鉄で日本橋へ行きました。鶴橋ではひっきりなしにやってくる列車に、買い物を忘れてしばし撮影してしまいました(笑) 中でも宇治山田行き急行に2610系が入っていたのは感激でした。座席はロングシート化されていましたが、今でも急行運用に就いているのが嬉しかったですね。現在では窮屈だと言われるでしょうが、あの4人掛けのシートは個人的に大好きでしたね。しかもトイレまで完備していて、私鉄には珍しい「旅する人の電車」でしたね。

 話が脱線してしまいました(笑) で、今日日本橋で購入したのは例によって細々したパーツばっかり(笑) そして昔の鉄道雑誌のほうですが、今後の製作のためにキハ58やキハ17の図面の掲載されているものを探しました。でも、今日がたまたまそうだったのかも知れませんが、大阪のブックオフは鉄道雑誌が少なかったですね。日本橋のあと難波と心斎橋のブックオフへ行きましたが、品揃えが多かったのは難波だけでした。雑誌で購入したのはTMS №263(1970.5 キハ58設計図収録)とTMS №330(1975.12 キハ35系製作記収録)とRMM誌№76(2001.12 583系特集)の3冊でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »