« ポポンデッタが京都にも出店しました | トップページ | 新線建設25 川の製作その後 »

新線建設24 川の製作

004 006 008

毎度ご乗車ありがとうございます。

 中央部の鉄道線に沿って流れる川の製作に着手しました。この川とその横の道路は一応三条から知恩院前にかけての白川をイメージしています(と言っても京都の人しかわからないと思いますが…笑)。

 で、製作方法ですが、川床を着色して木工用ボンドを流す――というのが昔ながら(?)のやり方です。正直今は川の流れを実感的に表現できるキットも出ていて、お金さえかければいくらでも手軽かつ実感的なレイアウトが製作できるようですが、貧乏モデラー(!)の私にはそんな余裕もないので昔ながらのやり方で製作しました。

 ただ川床を着色するかわりに、模型店でみつけたモデルストーンという着色された石をまいてみました。私が使ったのは深緑の石で、見た感じがイメージに合いそうだったので購入しました。まず木工用ボンドを川床(ベニヤ板)に塗って、そこにモデルスト―ンをまき、さらにその上に川の流れを表現するために木工用ボンドを流しました。

 でもこの木工用ボンドを全体に流すのが意外に難しく手間取りました。ボンドをまいてから割りばしで平らに延ばしていくのですが、どうしても底にまいた石がくっついてなかなかうまくいきませんでした。それに小さな川とはいえ、流したボンドの量が予想外に多く、2枚目の写真に出ている瓶1本半ほど使いました。

 写真ではまだボンドが白いままで、現在は乾燥待ちの状態です。もちろん乾燥したら透明になるのですが、完全に透明になるまで2~3日かかるので、果たしてどうなっているか、期待と不安が入り混じっています(笑)

|

« ポポンデッタが京都にも出店しました | トップページ | 新線建設25 川の製作その後 »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新線建設24 川の製作:

« ポポンデッタが京都にも出店しました | トップページ | 新線建設25 川の製作その後 »