« 軽便は見に行けないけど、作りました | トップページ | 廃車するのは辛いけど…… »

ぶらり、チャリ旅~洛南に市電保存車の現在を訪ねる~

015 001 003

毎度ご乗車ありがとうございます。

 今日も暑い一日でしたが、久しぶりにチャリ旅に出かけてきました。今日はここ最近ほとんど見ていなかった京都市電の保存車がどうなっているかを探りに、伏見から八幡市を走ってきました。

 市電のあった頃を想像しながら竹田街道を走り、最初に訪れたのが住吉西保育園の1803でした。残念ながら近くで見ることはできませんでしたが、状態は比較的良好と思われました。塗装も塗り替えられているようでしたが、上半の色がピンクになっているのがちょっと気になりました。

 そのあと旧京阪国道から淀を経て宇治川を渡り、京都市の最南端に近い淀際目町に保存されている1806を見に行きました。ところが現地に着いてみると、なんといつの間にかなくなっていてびっくりしました。

 続いて木津川大橋から八幡市に入り、巌商店の1820を見に行きました。こちらは今年に入って塗装をし直したことを聞いていたので現存は確信していました。若干色があせてるかな、って感じもしましたが、状態は悪くなくて安心でした。

 そのあと京阪八幡市まで行き、向日市を抜けて樫原公園の1849を見に行こうかと思いましたが時間もかかるのであきらめ、伏見に戻りました。途中、せっかくここまで来たからと木津川鉄橋と淀車庫で京阪の撮影をちょこっとしてきました(笑) 

 伏見に戻って最後に桃山小学校の1821を見てきました。ここも一般非公開で外からは見えにくいのですが、今日見てきた保存車輌のなかでは最高にいい状態でした。車内も外からみた限り現役時代のままで、貴重な存在だと思いました。

 炎天下のサイクリング、汗だくになったけど走っていると風もあったし結構楽しめました。それに写真は撮ってませんが八幡市内では田んぼの中を走ったり、ささやかですが「旅」を感じることができました。004

005 006 008

|

« 軽便は見に行けないけど、作りました | トップページ | 廃車するのは辛いけど…… »

撮影」カテゴリの記事

コメント

京洛電軌さん、猛暑のなかお疲れ様です。
このところ大阪へ行く所用があり、京阪をよく利用しましたが、京阪はまだ冷房が良く効いて快適でした。
それでも冷房車が出はじめた頃は各社競うように寒いほど効かせていたような気が。省エネモードの昨今ではありえないことですが。
さて八幡の1800は元気でなによりでした。クルマの廃車がうず高く積まれて、ポンコツ街道というらしいのですが、樟葉の人に聞いたところ幽霊が出たとの噂があったようです。噂ですが…
ところで樫原公園の1849は見当たらないのですが、どうなんでしょう?

投稿: クハ55071 | 2010年8月19日 (木) 22時43分

クハ55071様;
 こんばんは。なんと1820にもその手の噂がありましたか。車の廃車体は私が訪れた時も山積みになってましたし、雰囲気的に諏訪神社の700型と相通ずるものがあるのかも知れませんね。
 樫原公園の1849、電車公園として残されることになって10年になりますが、近いうちに一度訪ねてみようと思います。

投稿: 京洛電軌 | 2010年8月19日 (木) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり、チャリ旅~洛南に市電保存車の現在を訪ねる~:

« 軽便は見に行けないけど、作りました | トップページ | 廃車するのは辛いけど…… »