« ロマンスカー製作快調! | トップページ | 菊花賞は終わったみたいですが…… »

ロマンスカーを塗装しました!

012 014 006

毎度ご乗車ありがとうございます。

 製作中の京阪1550型もその後上まわりがほぼ完成し、今日は2輌まとめて塗装しました。実車はダークグリーン一色で、ミュージアムトレインでの模型を見た限りでは現在の京阪色とはちょっと違うような印象だったので、GMの緑2号を使用しました。昭和の初め頃の車輛なので実車を見たことはもちろんありませんが、まあまあいい感じは出せたのではないかと勝手に思い込んでいます(笑) それにしてもツートンと違って一色のベッタ塗りは楽でしたね。

 今日はそのあと試しに動力ユニットをかぶせてみました。やはり車体のほうが若干長いみたいで、カプラーはいつものような台車マウントでは無理な気もします。そうなると以前富山地方鉄道のデ5010型を製作した時に使わずじまいだったマイクロエース製カプラーの出番となりそうです。

 ここで話は前後しますが、上まわりのディティールについて触れておきます。基本的な工法はペーパー車体にバルサ屋根と、今までのやり方と変わりません。おへそライトには銀河モデル製の旧型国電用ヘッドライト(250w)を使用、前面上部のテールライトにはこれも銀河モデルのシールドビーム(新型電機用)のレンズを流用し、塗装後赤で着色しました。またトロリーキャッチャーですが、実はこれ、GMのグローブ型ベンチレーターの取付用凸部を削ったものなんです。雑といえば雑ですが、「パッと見の雰囲気」は出せているのではないでしょうか? 最後にポールですが、全くのダミーで可動いたしません(笑) 真鍮線から作ったもので、あまり実感的とは言えないし可動しないので実用的でもないのですが、製作コストだけはめちゃくちゃ低く抑えることができました(笑)

|

« ロマンスカー製作快調! | トップページ | 菊花賞は終わったみたいですが…… »

京阪の模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロマンスカーを塗装しました!:

« ロマンスカー製作快調! | トップページ | 菊花賞は終わったみたいですが…… »