« ウマ急、走る | トップページ | ディーゼルカーも作ってます! »

古い時刻表から

009

毎度ご乗車ありがとうございます。

 本棚の片隅から、すごい物が出てきました。なんと私が生まれる前の昭和37年8月の時刻表です。昭和37年といえばまだ新幹線開通前で、東海道本線は151系や153系が我が物顔で走りまくっていた時代です。また長距離鈍行や夜行列車など、私の好きな「旅する人の列車」が数多く運転されていました。

 それはさておき、この時刻表は小型ながらなんと私鉄の時刻まで掲載されていました。と言っても国鉄線のように全駅全列車が出ているわけではなく、主要駅と始発、終発時刻に運転間隔だけですが、もちろん京阪電鉄の時刻も掲載されていました。

 当時の京阪はまだ天満橋が起点でしたが、その終発時刻を見てびっくりしました。

 特急の終発は23:00でしたが、急行の終発がなんと三条発24:00、天満橋発が0:05と、現在より遅いんですね。で、これら急行の終点到着時刻が天満橋着0:57、三条着に至っては何と1:02なんですね。ちなみに現在の時刻表では一番遅く到着するのが淀屋橋発樟葉行き深夜急行(E2400R)、淀屋橋発淀行き準急(M2400Y)、淀屋橋発出町柳行き準急(K2302Z)の3本で、終点にはいずれも0:49に到着と、1:00前には営業を終了しているんですね。

 さらに驚いたのが普通列車でした。三条発天満橋行きの最終が23:50発で1:20着、天満橋発三条行きが23:47発の1:16着と、現在のJR並の深夜運転をしていたんですね。この時刻表には途中駅が省略されていたのでこれは推定ですが、三条発のこの普通が守口市~野江間の複々線区間を通るのは午前1時ぐらいになっていたかと思われます。ちなみに現在の守口市で淀屋橋方面の最終の普通列車は23:59と、日付が変わる前に終わってるんですね。余談ですが当時の運賃は天満橋~京橋が15円、全線通しで100円でした。

 大した写真もないのに長々と書いてしまいましたが(笑)、当時は旅に出たくなる列車が本当にたくさんあったんですね。だいぶ傷んでいて取り扱いにも気を使う時刻表でしたが、思わず時間の経つのも忘れて見入ってしまいました。

|

« ウマ急、走る | トップページ | ディーゼルカーも作ってます! »

実車の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古い時刻表から:

« ウマ急、走る | トップページ | ディーゼルカーも作ってます! »