« 菊花賞は終わったみたいですが…… | トップページ | 新線建設29 道路はやっぱり紙粘土で »

ロマンスカーが完成しました!

006 008 009 011 010

毎度ご乗車ありがとうございます。

 製作中の京阪1550型がこのほど2輌一気に完成いたしました。今まで製作してきた京阪の車輛の中では異色の存在ですが、大型で片運のポールカーはそれなりに迫力があるものです(笑) ウチの鉄道では軌道線と鉄道線との直通運転に就役させたいと思っていますが、大型車ゆえにレイアウトの急カーブを通過できるか疑問ですね。何しろ実車の全長は16m余で、500型より長いのですから……。

 先日のブログで、マイクロエース製のカプラーを使うようなことを書きましたが、動力ユニットをかぶせたところ台車マウントでも特に問題なかったので結局、アーノルトになりました。9mmゲージのカプラーについてはいろいろ議論もあるようですが、使いやすさと流通度ではやっぱりアーノルトが一番だと思います。

 それはさておき、この車輌で意外に悩んだのが救助網でした。最初は京都市電の救助網に使っていたノーマルフェンスを使えばいいと気軽に考えていましたが、実際つけてみるとどうもしっくり来ない。かと言って省略はできないパーツなのでとりあえずはCASCO製のパイプフェンスを折り曲げてそれらしく見せてあります。これに関しては私自身本意ではないので、何かいい表現方法があれば作り直したいと思っています。

 車番は明記していませんが、ケガキ(?)に使ったイラストが後期形だったのでラストナンバーに近い1574+1575にしました(もっとも、前期形と後期形がどう違うのか私にはよくわかりませんが……)

 

|

« 菊花賞は終わったみたいですが…… | トップページ | 新線建設29 道路はやっぱり紙粘土で »

京阪の模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロマンスカーが完成しました!:

« 菊花賞は終わったみたいですが…… | トップページ | 新線建設29 道路はやっぱり紙粘土で »