« 1700型2ドア一般色について | トップページ | 滅多にやらない衝動買いをやってしまいました(笑) »

京阪5000型40周年に寄せて

007 毎度ご乗車ありがとうございます。

 すでにご承知の通り、京阪5000型がデビュー40周年ということで今月は全編成に特製ヘッドマークがつけられています。

 個人的な話ですが、現在の京阪の車輛、特に6000型以前の車輛の中で5000型だけが「昔とほとんど変わってない」感じがするんですね。2200型や2400型は更新でイメージがガラッと変わってしまいましたが、5000型に関しては前面に行先表示機がついたぐらいで外観上あまり大きな変化がないんですね。そのせいか京阪を利用していて5000型を見ると妙にほっとした気分になります。

 このブログをご覧いただいている皆様の中にはすでにお気づきの方も多いと思いますが、毎年夏にフリーチケットで出かけている京阪の撮影行でも本線で狙うのはほとんど5000型です。また出勤前に5000型の5ドア運用を狙ってスクランブル出動したこともありました。朝ラッシュのピーク時に駅で撮影するのはなかなか大変でしたね。それから去年9月のダイヤ改正まで見られた、丹波橋での5000型準急のすぐ後を5000型の回送が追いかけるシーンも興味深かったですね。

 そんな5000型にも新塗装化の波は押し寄せてきています。今では7編成中、在来塗色で残っているのは3編成と、半数以下になってしまいました。撮影ができるのもそう長くはなさそうですね。

 ということで今日の写真は私が撮り歩いた5000型の数々です。ご笑覧下さい。025 034 043 080 001_2 002_5 006 005_4 014_6

|

« 1700型2ドア一般色について | トップページ | 滅多にやらない衝動買いをやってしまいました(笑) »

実車の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京阪5000型40周年に寄せて:

« 1700型2ドア一般色について | トップページ | 滅多にやらない衝動買いをやってしまいました(笑) »