« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

年の終りのスクランブル出動!

004 005 021011

毎度ご乗車ありがとうございます。

 前回、もう今年の更新は無理だろうと思っていたのですが、今日は思いのほか早く帰宅できたので更新します(笑)

 実は先日、珍しく出勤が遅番になったので、久々に朝の撮影に行って来ました。今回の目的は40周年のヘッドマークをつけた5000型です。朝ラッシュ時の5ドア運用を狙って香里園、枚方市で撮影しまし た。017015 013 018

 行程は始発の特急でまず京橋まで行って、そこから京都方面に引き返すという形になりました。京橋では折しも枚方市行き普通に2600型が入っていました。また枚方市では私にとっては珍しく「おりひめ」を見ることもできました。ただ今回は急に思い立った完全な「スクランブル」出動だったので事前に下調べもしなかったし時刻表も持って行かず、そのため写真も特にいいものは撮れませんでした。でもこれまで機会のなかった大阪側でのヘッドマーク付き5000型を撮影できてよかったと思っています。

 ということで、今回が本当に今年最後のブログ更新になりました。正月休みはまた撮影の旅に出ます。来年もまた、万年ペーペーの模型にお付き合い頂ければ光栄です。

 それでは皆様、よいお年をお迎え下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

できることだけ、ちょこちょこと(笑)

100416_160901 100416_161001

毎度ご乗車ありがとうございます。

 クリスマスも終わり、今年もあと一週間足らずになりましたが、実はこれから大晦日までは非常に忙しく、ブログの更新はおろかパソコンを見ることも難しいと思われます。そこで少し早いのですが、今年はこれを一応最後の更新としたいと思います。この一年、まるで進歩のない模型にお付き合い下さいましてありがとうございました。

 とは言っても、今年の模型製作を全く打ち切るつもりはありません。寸暇ができたらたとえ窓抜きだけでもやっていきたいと思っています。もうまとまった時間はとれそうにありませんが、今日のタイトルの通り「できることだけ、ちょこちょこと」続けていきたいと思います。それで万一時間ができたら、大晦日までにひょっこりブログを更新するかも知れません(笑)

 それでは少し早いですが、皆様よいお年をお迎え下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽便電車も作ってました!

009 007

毎度ご乗車ありがとうございます。

 今まで黙っていましたが(別に秘密にするようなことではないですが・笑) 京阪1700型や旧型国電の合間を縫って軽便電車もこそこそと作っておりました。

 プロトタイプは近鉄のモニ220型で、これを鉄コレ用動力ユニット(16m級)に合うよう全長を縮めてみました。付随車はこれも近鉄サ150型のドア間の窓を7コから5コに縮小したものです。車体はいずれも100円ショップで購入した厚紙にバルサの屋根、シル・ヘッダーはプラ棒で表現しました。このあと屋根上などのディティーリングにかかりますが、これはもう年明け以降になるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最後の新車か?

004 005 006

毎度ご乗車ありがとうございます。

 このほど待望の(!?)モーターを購入し、車体だけがとっくに完成していながらダルマのままになっていたクモハ51011が走行できるようになりました。

 車体はGMのキットをほとんど素組みで、ヘッドライトは砲弾型にしてみました。モーターは鉄コレ用の動力ユニットを使いましたが、そのままでは幅が合わなかったので車体の裏側に0.5mm厚のプラ板を接着して調整しました。すでに完成しているクハ68や茶坊主と共に、京阪神緩行を再現したいと思ってます。

 ところで、今年もあと10日余りで終わりですが、これから大晦日までかなり忙しくなるのでおそらくこのクモハ51が今年最後の新車になりそうです。ブログも年内あと何回更新できるか微妙なところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滅多にやらない衝動買いをやってしまいました(笑)

001

毎度ご乗車ありがとうございます。

 のっけから何ですが、私は買い物には非常に慎重です。模型のパーツ一つにしても、今本当に必要なのかじっくり考えてから購入するほうです。理由は簡単、使えるお金が限られている(→貧乏!)ただそれだけです(笑)

 それはさておき、先日京都のポポンデッタへ行ったら、30年ぐらい前(だと思う)に発売されたGMの客車キットがなんと1輌250円で販売されてたんですね。車体は塗装済みで床下機器はウェイトも兼ねたダイキャスト製という、GM初期の製品です。袋は若干汚れていましたがキットそのものは全く問題なく、「これはいける!」と思った私はその場で衝動的に5輌も購入してしまいました(笑)

 購入したのはスロ54、スハフ42が各2輌にマニ35が1輌の計5輌でしたが、これだけでなんとたったの1250円! もうはっきり言って、新品を買うのがアホらしくなってくる金額ですね(笑) 鉄道模型は金のかかる趣味というイメージが大きいですが、工夫次第ではそれこそ子供の小遣い程度の金で楽しめるものです。

 ということで今年もあと二週間になりましたが、京阪1700型の製作もじわじわと進めています。 002 003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京阪5000型40周年に寄せて

007 毎度ご乗車ありがとうございます。

 すでにご承知の通り、京阪5000型がデビュー40周年ということで今月は全編成に特製ヘッドマークがつけられています。

 個人的な話ですが、現在の京阪の車輛、特に6000型以前の車輛の中で5000型だけが「昔とほとんど変わってない」感じがするんですね。2200型や2400型は更新でイメージがガラッと変わってしまいましたが、5000型に関しては前面に行先表示機がついたぐらいで外観上あまり大きな変化がないんですね。そのせいか京阪を利用していて5000型を見ると妙にほっとした気分になります。

 このブログをご覧いただいている皆様の中にはすでにお気づきの方も多いと思いますが、毎年夏にフリーチケットで出かけている京阪の撮影行でも本線で狙うのはほとんど5000型です。また出勤前に5000型の5ドア運用を狙ってスクランブル出動したこともありました。朝ラッシュのピーク時に駅で撮影するのはなかなか大変でしたね。それから去年9月のダイヤ改正まで見られた、丹波橋での5000型準急のすぐ後を5000型の回送が追いかけるシーンも興味深かったですね。

 そんな5000型にも新塗装化の波は押し寄せてきています。今では7編成中、在来塗色で残っているのは3編成と、半数以下になってしまいました。撮影ができるのもそう長くはなさそうですね。

 ということで今日の写真は私が撮り歩いた5000型の数々です。ご笑覧下さい。025 034 043 080 001_2 002_5 006 005_4 014_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1700型2ドア一般色について

008

 毎度ご乗車ありがとうございます。

 先日製作しました京阪1700型の2ドア一般色ヴァージョンですが、実車について調べてみました。

 1700型は昭和26年、京阪初の特急専用車として登場しましたが、その後1800型の増備に伴って昭和32年10月から11月にかけて1707+1757、1708+1758、1709+1759の3編成が2ドアのままロングシート化され、塗色も一般色になりました。翌昭和33年2月には1706+1756もロングシート化されましたが、塗色は特急色のままでした。さらに昭和34年3月から4月にかけて1703+1753、1704+1754、1706+1755も特急色のままロングシート化されました。これら特急色でロングシートの車輌は通勤時間帯に1800型に増結という形で運用されていたようです。なお33年以降にロングシート化された編成は後に全て一般色に変更されたようです。

 昭和38年になると、最後まで特急用として残っていた1701+1751が4月に特急色のままロングシート化、12月には1702+1752は一般色でロングシート化されました。ところがこの時期になって、特急の編成輌数増大と臨時特急にも運用できるようにロングシートながら再度特急色に塗り替えられました。ちなみにこの時、1900型とも併結できるように改造されました。

 そして昭和40年11月、試験的に1705+1757が3ドア化されましたが、塗色は特急色のままでした。翌41年からは1703+1753を皮切りに本格的に3ドア化が始まり、42年1月には全編成が3ドア化されました。当初はいずれも特急色での出場でしたが、41年末以降に施工された編成は一般色での出場となり、特急色の編成も後には全て一般色に塗り替えられました。この変更時期についてはどうも昭和42年夏には完了していたと思われ、そうなると3ドア特急色だった時期はかなり短かったようですね。

 以上『鉄道ピクトリアル』私鉄車輌めぐりを参考にさせていただきましたが、読めば読むほどこの時期、1960年代の京阪電車が面白くなってきましたね(笑) というわけで今日の写真は先日製作した1700型をこれまた先日完成した駅に並べてみました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京阪1700型2ドア一般色ができました!

009 010 012

毎度ご乗車ありがとうございます。

 謎の(?)1700型がこのほど2輌完成しました。車番は先日書いた河村氏の写真にあった1709+1759にしました。ただモーターがついていないので、引き続き同型車2輌を製作、4連で運用する予定です。

 車体は100円ショップで購入した厚紙、ヘッドライトやパンタグラフは手持ちの物を流用という、毎度おなじみ(?)の手抜き工法です。また台車は当然市販品などありませんのでGMのDT24で安易に間に合わせました。実はこの台車、先日京都のポポンデッタの中古品コーナーでなんと1組150円で売ってた物なんですね。もう10年か、もっと以前の物と思われ、ケースの中のスポンジは変色して腐りかけてました(笑) でも台車自体は全く異常なかったので、8輌分ほど購入しておきました。「手間はかけてもコストはかけない」のがモットーの私には正に掘り出し物でしたね。

 ところで、この2ドア一般色の1700型はどんな運用に就いていたのでしょうか。また実車はいつ頃存在したのか、また項を改めて紹介したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2等車に格上げしました!

005 007

毎度ご乗車ありがとうございます。

 休日の午後、ふと思い立ってずっと放置していた旧型国電のリニューアルをやってみました。

 今回作り直したのはもう20年ぐらい前に製作したサハ45(GMキット素組み)でした。更新前はスカ色の塗り分けがうまくできてなかったので塗り直したついでに、青帯を入れてサロ45に格上げしました。以前クモハ43のスカ線ヴァージョンを作ったので、これに合わせてみました。実は今回、写真はありませんがもう1輌、同じ時期に製作したクモハ43もリニューアルしてみました。こちらも前面の塗装を飯田線からスカ線ヴァージョンに変更したのですが、モーター車にするため下まわりは外したままになっています(ちなみにモーターはまだ購入していません)

 ところでこのサロ45の青帯ですが、たまたま家にあったタミヤのスカイブルーを使ってみました。実車がどうだったか知りませんが(笑)、まあまあ雰囲気は出ているのではないかと勝手に思い込んでいます。そう言えば昔のスカ色は青15号じゃなくて青2号だったそうですね……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新線建設31 鉄道線の駅を作りました。

013 014 015 016 017

毎度ご乗車ありがとうございます。

 これからの新線建設はストラクチャーの製作が中心になっていくと思われます。その第一弾、というわけではありませんが、鉄道線の駅を製作しました。といっても最初に作ったのはもう数年前(!)で、長らくしまい込んであった物に今回手を加えて完成させました。

 プロトタイプ、と言うか参考にしたのは地上時代の京阪の四条と七条で、GMの小型駅キットをベースに製作しました。このキットは駅舎の他にホームや売店なんかもセットになっていましたが、主に使ったのはホームだけで、駅舎部分はほとんど使用しませんでした(笑)

 この駅の一番の特徴は片隅にある切符売り場と改札口ですが、実は駅舎のパーツで使ったのはここだけで、改札口はGMの民家のキットのパーツの一部を流用しました。ホーム部分はほとんどキットの素組みですが、駅名標や路線図はちょっと凝って(?)見ました。

 まず駅名標ですが、昔私市の駅名標を撮影したことがあって、これをカラーコピーしたものにワープロで「しじょう」と書いたものを貼りつけ、再度モデルに合う大きさに縮小コピーしました。このため、よく見るとかな表記は「しじょう」ですが、漢字とローマ字は「私市」になってます(笑) まあ、小さいからわからないことにしておきましょう(笑) また壁にかかっている路線図はこれも昔の京阪(中之島線はもちろん、鴨東線もなかった頃の)物を縮小コピーしました。最後に屋根からぶら下がっている時刻表ですが、これはなんと昭和51年の三条駅のポケット時刻表のコピーなんですね。当時のポケット時刻表は駅の時刻表と同じ様式だったので使用しました。

 ホームは20m車がかろうじて2輌停まれるの長さですが、これはレイアウトのスペースに合わせたのでしょうがないですね。でもこの駅に京阪電車を置いてみると我ながら雰囲気出てると自己満足にひたってます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »