« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

クモハ51のできるまで

004 002 001003 001_2

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先日の鉄道フリマで購入した旧型国電を改造(?)してみました。最初の写真が改造前の姿ですが、まず台車を撤去して床板をはずしました。幸いにも床板がボディに接着されてなかったので分解は楽でした。それから屋根上のベンチレーターと砲弾型ヘッドライト、屋上ステップをはずします。これらのパーツは再利用するので破損しないよう慎重に除去していきます(2枚目の写真)。そのあとヤスリでベンチレーターをはずした後の屋根上を平らにして、グロベンをつける位置決めのため鉛筆で屋根中心線を引きます(3枚目の写真)。

 グロベンの取付は屋根の裏側のガイド穴をあけてつけるものですが、私はヘソを曲げて(?)グロベンの取付用の凸部を削り取って屋根に直接接着しました。実はドリルを持っていないので穴をあける時はいつも錐を使っているのですが、下手すると屋根板が曲がってしまうことがあるんですね。そんなわけでベンチレーターはどんなタイプであれ直接屋根に接着するようにしています。それから屋上ステップは、元車の取り付け位置がおかしかったので付け直しました(4枚目の写真)。

 これで上まわりは完成。塗装して窓ガラスを入れ、パンタグラフ(PS‐13)と台車(TR23)をつけたら完成です。中古品の改造とは言え、なかなかいいものができたと自負しています(笑) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

去年のやり残しを片付けてます(笑)

005 007

毎度ご乗車ありがとうございます。

 去年の暮れに「できることだけ、ちょこちょこと」作っていたツケが今まわってきたみたいです(笑) 気がつけば中途半端な未完成が机のまわりにゴロゴロしている有様で、年が明けてからはその処理に追われております。

 今回紹介しました写真は、去年の秋に京都のポポンデッタで衝動買いしたスハフ42です。いずれもGMのキット、それも初期の製品を組んだもので、床下はウェイトも兼ねたダイキャスト製です。これで衝動買いの客車5輌は全て完成、去年のツケで残っているのは京阪1700型ぐらいになりました。

 ……っと思っていたら、実はまだもう一つ、ディーゼルカーがありました。キハ17の車体が2輌、作りかけのままで放置状態になってます(笑) そこでさらに思い出したんですが、今年最初のブログで、ディーゼルカーのことをものの見事に書き落していたんですよね。今年ももちろんディーゼルカーも作ります! 夏に向けて去年できなかったキハ58にもチャレンジしたいですね。

 いろいろ書きましたが、とりあえずはやり残しを早く片付けて、今年の模型製作ができるよう頑張ります(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の京阪電車第1作が完成しました

007 008

毎度ご乗車ありがとうございます。

 本日つい先ほど、京阪1758が完成しました。今年の京阪電車第一作です。去年の暮れから製作していた2ドア・一般色ヴァージョンの続きで、この1758の相棒となる1708が完成したら4連で運用に就くことになります。ちなみに1708のほうも上まわりはほぼ完成し、あとはモーターの購入待ちの状態です。ちなみに本日の写真の片隅にちょこっと写っているダルマ状の車体が製作中の1708です。

 車体は例によってペーパー製、屋上機器はプラ棒でそれっぽく作りました(笑) あと連結面には関水製の広幅貫通幌をつけました。おおっぴらに目に触れることはあんまりないと思いますが、連結面も幌があるとやっぱりいいものです。

 さて今年はこの1758に始まって京阪電車を何輌製作できるでしょうか? この2ドア・一般色の1700型とほぼ同時進行で、3ドア・一般色の同型も4連1編成製作中です。これらが一段落したら1000型に再チャレンジしてみたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

軽便サハができました!

008 009_2

毎度ご乗車ありがとうございます。

 年末に作りかけていた軽便の車輌のうち、サハ2輌がこのほど完成しました。プロトタイプは近鉄のサ150型で、側面ドア間の窓を2つ減らして小型化しました。車体は100円ショップで見つけた厚紙製で、台車は安易(!)にGMのブリルをはかせています。今回は3輌編成での運転を考えて、一気に同型車を2輌製作しました。塗色は上半がクリーム色1号、下半がぶどう色2号、いずれもGMの鉄道カラーを使用しましたが、これを京洛電軌特殊狭軌線の標準色にしています。車番はサハ31とサハ32にしました。

 引き続きこの2輌をけん引する電車も製作しています。こちらも近鉄モ二220型をやや小型化したもので、形式はデハニ53になる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は旧型国電から

005 006006_2

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先日の鉄道フリマで買った4輌1200円の旧型国電の1輌を早速作り直してみました。まず角型ベンチレーターを全て撤去してグロベンに、また砲弾型ヘッドライトは普通タイプに変更しました。このへんのパーツはGMのキットの余剰品のストックでまかないました。また屋上ステップの位置も変更しました。そして塗装ですが、去年製作したクモハ51011に合わせてぶどう色2号にしました。最後に台車をTR23にはきかえて完成となりました。

 形式は特定ナンバーにこだわったわけではありませんがクハ68028にしました。これだけの製作に要した時間は約3時間。思っていたより早く仕上がりました。残る3輌もぶどう色2号にして、かつての東海道緩行線を再現したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

去年の話で恐縮ですが……

024 025 027

毎度ご乗車ありがとうございます。

 毎年そうなんですが、クリスマスが終わって大晦日までは超忙しくてブログの更新はほとんどできません。去年の暮れもそうでした。でも実はブログは更新できなくても、ちょっとした隙を見つけて模型製作は続けていて、しっかり(?)客車3輌を完成させてました(笑) 去年の話ではありますが、遅ればせながら紹介させていただきます。

 今回作ったのはいずれもGMのキットを組んだもので、先月ポポンデッタで思わず衝動買いをしてしまったGM初期の製品です。一応塗装済(?)なのでそのまま組んでも問題はないのですが、やっぱり塗装しました。塗色はマニ35がぶどう色2号、スロ54が青15号です。スロ54のグリーン帯は黄緑6号で表現しました。塗装以外は全て素組みで、特定ナンバーなどは狙いませんでした。

 衝動買いのキットはあとスハフ42が2輌残っています。こちらも早急に手をつけたいと思っています。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

1700型に広幅貫通幌をつけました

004 007001

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先日の鉄道フリマの後、久しぶりに大阪市内の模型店めぐりをしてきました。いつもは専ら日本橋へ行くのですが、今回は地下鉄の一日乗車券を使って日本橋以外の模型店も訪ねました。

 で、江坂のホビーセンターKATOで見つけたのがキハ111‐100の幌でした。通常タイプの貫通幌はGMから市販されていますが、広幅の幌って私の知る限り見たことがなかったんですね。でもこの幌を見て、京阪1700型に合うように思ったので即購入しました。早速昨年末に製作した2ドア一般色の同車につけてみましたが、やっぱり幌があると引き立ちますね。以前製作した1700型や1800型にも順次取り付けていく予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も鉄道フリマへ行って来ました!

002 003 005

毎度ご乗車ありがとうございます。

 去る8日、第6回鉄道わくわくフリーマーケット(大阪)へ行って来ました。目的はもちろん、模型のジャンクパーツ探し。去年もそうでしたが、個人出店のブースでは意外な盛り出し物がめちゃ安い値段で売ってるんですよね。

 で、今回一番の買い物は写真の旧型国電4連でした。GMのキットを個人で製作されたもので、おそらく自由型として組まれたんでしょうね。ベンチレーターは違うし、台車も旧型には似つかわしくないタイプです。でもこれを見た時思いました。ベンチレーターと台車を変更して、塗色も塗り替えたらクモハ51とクハ68として十分再生できるのではないか。さらに外したベンチレーターは京阪600型や2000型に流用できそうだし、台車も京阪の車輌に使える。しかも旧型国電用のグロベンはくさるほど在庫がある(笑) そして価格はこの4輌でなんと1200円! 私にとってこれは正に「お買い得品」でしたね。

 それから別のブースでは床板や床下機器などのパーツをいろいろ購入しました。いずれも一つ100円ぐらいで、中に半端物をいろいろ集めて一袋300円というのもありました。これで合計1400円になったのですが、それをなぜか1000円にまけてくれたんですね。これは意外なハプニングでした。また家に帰ってからこの300円の半端物をじっくり見てみたのですが、床板のほか押込み型やガーランド型のベンチレーターはあるわ旧型用のヘッドライトはついているわ、もう盛りだくさんの内容で本当に買ってよかった一品でした。結局フリマでの出費は2200円と去年に比べて格段に少ないのですが、私的には非常に中身の濃い買い物でした。

 ところで、フリマでは乗車券やカードなども多数ありましたが、今回はパスしました。そう言えばKカードも去年はほとんど新作がでませんでしたが、どうなるんでしょうかね……。個人的にはPITAPAより後からコレクションできるカードのほうが好きなんですが……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

軽便電車の旅③~旅の終わり~

135 177 178 154 151 217

毎度ご乗車ありがとうございます。

 保存車輌探勝も西藤原で終了し、このまま三岐線で近鉄富田まで戻ってもよかったのですが、どうしても最後は軽便電車で締めくくりたくて再び阿下喜に戻ることにしました。西藤原から約10分、伊勢治田で下車して歩いて阿下喜に向かいました。丹生川の時とは違って道はわかりやすく、しかも約25分ほどで阿下喜に到着しました。往きもこのルートにしたほうがはるかに時間を有効に使えたのに……と少々後悔もしましたが、これも旅のハプニングと無理やり納得させました(笑)

 阿下喜では再度モ二226を見学。そして15:15の列車で西桑名へ戻りました。実はホテルで朝食をとってからここまで全く飲まず食わずだったので、西桑名に着くと時間的には中途半端でしたが食事にしました。それから最後に黄昏の中を出発していく軽便電車を見送って、私も帰路につきました。113

 ところで、桑名と言えばもう一つ、養老鉄道がありますが、実は当初、桑名で2連泊して1月3日は同鉄道を見に行こうと考えてました。でも寒空の下での長時間の撮影は健康上好ましくないと判断、またの機会に譲ることにしました。できれば夏の暑い時に行きたいですね。ということで最後の写真はホテルの部屋から撮影した養老鉄道の列車です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

軽便電車の旅②~三岐鉄道の保存車を訪ねて~

188 175 180 190 133

138 166 194

毎度ご乗車ありがとうございます。

 今回三岐鉄道を訪れたのは北勢線ともう一つ、沿線の保存車輌を見るのが目的でした。まずは終点の阿下喜でモ二226を見てきました。謹賀新年の張り紙がしてあったものの修復中で塗装は一部剥がされていてライトもありませんでした。

 30分ほどの滞在で阿下喜を出発、次の麻生田で下車して三岐線の丹生川まで歩きました。北勢線と三岐線は員弁川をはさんでほぼ並行している上に、Googleの地図で見た限りでは両駅の間はさほど離れているようにも見えなかったので、まあ30分もあれば行けるだろうと軽い気持ちで歩き出しました。ところが丹生川までは意外に遠く、しかもGoogleの地図で見ていたような単純なルートではありませんでした。結局、丹生川までは45分ほどかかり、途中で三岐線の線路が見えた時にはほっとしました。

 丹生川には貨物鉄道博物館があって、昔の貨車が多数保存されています。博物館は残念ながら開館されていませんでしたが、野外の保存車輌はどれも比較的よい状態でした。続いて大安へ行ってED22 2を見てきました。こちらは駅前ではなく、少し離れたところにありましたが、場所はすぐわかりました。

 それから三岐線の終点・西藤原へ向かいました。車内で少し仮眠をとりたかったのですが、なぜか揺れが激しく、それも横揺れじゃなくて上下の揺れで全く眠れなかったばかりか、揺れたはずみで頭をぶつけてしまいました(笑) 西藤原では502形ELやE102形SLを見てきたのですが、山間部に入っているせいか風が冷たく、シャッターを押す手が凍えました。ここでの保存車輌は全てホームに横付けされていて状態は良好でした。

 保存車輌めぐりはここで終了、このまま三岐線で近鉄富田まで戻ってもよかったのですが、やはり最後にもう一度軽便電車に乗っておきたくて北勢線に戻ることにしました。続きは次回にお話ししたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽便電車の旅①~ナローはやっぱり狭かった!~

152 108 053 124 068 125

毎度ご乗車ありがとうございます。

 2日目は待望の三岐鉄道北勢線――軽便電車に乗ってきました。同線は近鉄時代に一度乗ったことがあるのですが、当時と違って車輌は近代化され、駅も統廃合が進んだ上に駅周辺の整備が進んでいて、我々がイメージする「軽便」からはかけ離れた鉄道になっていました。

 それでも乗ってみるとスピードは速くないし、単線なので列車交換の時間待ちは多いし、のんびりした「旅」を楽しむことができました。今回は西桑名からまず東員へ行って、北大社の車庫を見てきました。車庫には留置車輌は少なかったのですが、途中雪化粧の山をバックに走る列車風景は最高でした。そのあと終点の阿下喜まで行きましたが、途中駅ではホームに出て対向列車を撮影したり、近代化されていてもせわしなくないのがやっぱり「軽便」だなあって、勝手に思い込んでしまいました(笑)

 それにしても軽便の車輛は狭いですね(笑) 車体幅は両手を広げたぐらいでした。阿下喜では近鉄モニ226(保存車)を見てきました。実はこの後、三岐線沿線に保存されているいろんな車輌を見に行ったのですが、それは次回に回したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅は近鉄

082 114 048 040

毎度ご乗車ありがとうございます。

 恵美須町で164が出て行くのを見送った私は、そのまま日本橋まで歩いて少し早い夕食にしました。そして模型店をちょこっとのぞいた後、18:00前に近鉄日本橋に着きました。ホームに出ると程なく来た三ノ宮からの快速急行に乗車、次の上本町で下車して地上のホームに向かいました。

 地上乗り場にはすでに鳥羽行きの快速急行が入線していました。6輌編成の列車は意外にもどの車両も乗客はまばらでした。18:20、上本町を発車、次の鶴橋でも大した乗車はなく、闇の中を五位堂まで快調に飛ばしました。

 大和八木、桜井と過ぎて三重県に入ると、線路のまわりに積雪が見られるようになりました。それで徐行したのか、名張には3分遅れで到着しました。列車はここから先、榊原温泉口まで各駅停車になるのですが、どの駅も真っ暗で人の姿はなく、特に西青山はホームに雪が積もったままで、人が利用したような跡が感じられませんでした。それでも列車は順調に走り、榊原温泉口に着いた時にはダイヤは正常に戻ってました。

 こうして終始ガラガラのまま20:08、伊勢中川に到着。名古屋行き急行の到着を待つ間、寒さが身にしみました。やがて来た松阪からの急行はなんと2610型でしたが、すでにロングシート化されているのは何とも残念でしたね。こちらも車内はずっとガラガラのまま21:11、桑名に到着しました。夜で車窓を楽しむことはできませんでしたが、ちょっとした旅気分を味わうことはできました。

 さて、元日の夜は桑名駅前のホテルに宿泊して、翌2日は朝から三岐鉄道北勢線の撮影に行って来ました。尚、余談ですが今回近鉄の乗車には4000円で三日間乗り放題の新春全線フリーパスを使いました。実際使ったのは2日だけでしたが、それでも桑名までの往復だけで金額的には十分モトがとれました。ちなみに元日の朝も大阪へはこのフリーパスを使ってわざわざ西大寺を経由して行きました(笑) 途中、西大寺でも待ち時間に少し撮影しました。模型で西大寺駅のセクションを再現したら壮観でしょうね。 029

| | コメント (2) | トラックバック (0)

正月は阪堺電軌の季節です2011②~上町線へも行きました!~

045 095 027 079 015 088 081 005

毎度ご乗車ありがとうございます。

 阪堺電軌の2回目です。午後からは上町線へも行ってみました。今回は去年行かなかった松虫と神ノ木で撮影しました。運転本数は圧倒的に多い上町線ですが、気のせいか去年よりモ161型の入線は少ないように感じました。神ノ木で電車を待つ間の寒かったのは言うまでもありません(笑) 

 それからもちろん住吉でも撮影しました。でも平面交差での写真は去年たくさん撮ったので、今年は違うアングルで狙ってみました。それはさておき、住吉の臨時きっぷ売場をふと覗いたら珍しく普通乗車券があったので思わず購入しました。今の時代にこのようなペラペラ紙のきっぷがあったとは驚きでしたね。また天王寺駅前では初詣往復乗車券も購入しました。これは去年も購入しましたが干支の図柄がいいですね。昔京阪でも干支の図柄が入った初詣乗車券があって毎年購入していましたが、最近はこのようないわゆる「記念乗車券」をほとんど見かけなくなりましたね。

 話が横道にそれましたが(笑) 15:00をまわると曇ってきて風も一層冷たくなってきました。しかもこの頃になって住吉大社へ行く人がどんどん多くなってきて、どの電車も満員になってきました。そこで一旦我孫子道へ行って出入庫の電車を撮影、最後は我孫子道始発の164で恵美須町へ行き、この日の撮影を終了しました。奇しくも最後に乗ったのは最初に乗ったのと同じ164でした。

 こうして元日はモ161型を追いかけて終わりましたが、これが実は旅の始まりでもありました。続きはまた次回お話したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月は阪堺電軌の季節です2011①~モ161型、今年も元気です~

013 022 031 041 117072

毎度ご乗車ありがとうございます。

 今年も元日は朝からモ161型を追って阪堺電軌に行って来ました。去年は住吉近辺や上町線を中心に撮影したので、今年は阪堺線での同車を狙いました。恵美須町で一日乗車券を購入すると、到着したのはなんと164。これは幸先のいいスタートでした。

 早速この164に乗り込み向かったのは東粉浜。これを皮切りに午前中は北天下茶屋、東玉出、今池など住吉以北の阪堺線で撮影しました。見たところこの日の161型は恵美須町~我孫子道間の系統に多く入っていたようで、それはラッキーだったのですが、上町線のように運転間隔が頻繁ではないので、待っている間の寒さが身にしみました。特に今池では電停が高い所にあるので風の冷たさが一層堪えました。

 撮影だけでなく、今年もこのモ161型に「乗る」ようにしました。初詣客で混雑していましたが、今年も「市電」を満喫できました。

 午後からは上町線で去年撮影できなかった松虫や神ノ木などで撮影しましたが、こちらはまた次回レポートしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年 今年も作ります!!

001 005 002 004

毎度ご乗車ありがとうございます。

皆様、新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 さて、今年も腕前のほうはまるで進歩がなくぺーぺーのまんまですが(笑)、製作への情熱だけはますます高まっています。まずは京阪系ですが、去年末から製作中の1700型が一段落したら、1000型や1100型にチャレンジしたいですね。昭和40年代初頭に見られた、流線形を中間に組み込んだ6連を再現してみたいです。また2000型や、1900型の3ドア車も2編成目を作りたいですね。

 国鉄型では往年の夜行列車をGMの客車キットで再現したいと思っています。時代の流れといえばそれまでですが、今のJRにはなくなってしまった「旅する人の列車」をせめて模型で満喫したいですね。またここ1~2年ご無沙汰気味だった旧型国電にも力を入れたいですね。去年も少し作ってはいましたが茶色の東海道緩行線や、同じ茶色の岡山ローカルにも触手が動いてます。また久しぶりにオレンジ色の旧型国電もいいですね。以前作ったのは阪和線の車輛がメインだったので、次作るとしたら片町線の車輌になるでしょうか。

 それから今年は路面電車にも力を入れたいですね。具体的なデザインは未定ですが、自由型の永久連結車を作ってみたいと考えています。自由型と言えば軽便のほうも、今年はB形の凸電やC形のディーゼル機関車を製作したいと思っています。

 毎年のことながら作りたい車輌は次から次へと止めどなく湧いてくるのですが(笑)、さしあたっては去年の暮れに「できることだけちょこちょこと」続けたために中途半端のままになっている車輌が結構あるので、これらを片付けていくことが先決ですね。最後に新線建設は、ストラクチャーの増強が一番の課題ですね。今はまるで焼け野原状態ですが、少しずつでも街らしくしていきたいと思っています。

 ところで、今日の写真ですが……。

 元日から阪堺電軌モ161型を追いかけてきました。詳しくはまた後日レポートしたいと思います。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »