« 軽便電車と言えば…… | トップページ | 京洛電気軌道右京線 »

想定路線図を考えてみました

007

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先日のブログでちょこっと書きましたが、軽便模型鉄道の路線図を考えてみました。一応京都市内の鉄道で、社名も京洛電気軌道をそのまま使用し、その特殊狭軌線ということにしました。(ちなみに京洛電気軌道は京都を走る路面電車線です…それにしては路面電車より京阪電車ばかり作っていますが…笑)

 で、路線ですが、石段下(京都市東山区)を起点に東山山麓~一乗寺~上賀茂を経由して志久呂橋(京都市北区)に至るルートを考えてみました。地図式の路線図をここでお見せできないのが残念ですが、駅名は以下の通りです。

石段下~0.3~華頂道~0.7~粟田口~0.4~インクライン下~0.8~鹿ヶ谷~0.5~法然院~0.6~銀閣寺~0.5~東今出川~0.9~瓜生山~0.9~下り松~0.6~一乗寺~0.7~浄水場前~0.8~松ヶ崎~0.6~西山~0.6~深泥池~0.7~大田神社~0.6~御薗橋~0.8~柊野別れ~0.4~山ノ森~0.6~志久呂橋 (駅間の数字はキロ程です)

 営業キロ12.0km、全線単線電化で、華頂道~粟田口の一部と下り松~浄水場前及び深泥池~御薗橋が併用軌道になっています。また華頂道~粟田口間では京阪電鉄京津線と、一乗寺では京福電鉄叡山線と平面交差しています。車庫は西山にあるという想定です。路線名はその大部分が京都市左京区を通っていることから、京洛電気軌道左京線としました。

 特殊狭軌線にはもう一つ、御薗橋から分岐して国鉄嵯峨に至る9.3kmの右京線がありますが、これは次回に紹介したいと思います。ちなみに右京線は非電化線という想定です。

|

« 軽便電車と言えば…… | トップページ | 京洛電気軌道右京線 »

京洛電軌特殊狭軌線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/445772/38781658

この記事へのトラックバック一覧です: 想定路線図を考えてみました:

« 軽便電車と言えば…… | トップページ | 京洛電気軌道右京線 »