« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

京洛電気軌道1501

001 002

毎度ご乗車ありがとうございます。

 京洛電気軌道のオリジナル車輌・1500型のトップナンバー1501が完成しました。前回製作した1502+1503はこれを永久連結車に改造したという想定です。車体はいつもと同じペーパー製、ポールは真鍮線によるダミーで、それらしくでっち上げてあります(笑)

 路面電車と言えば救助網が不可欠ですね。うちでもその表現をいろいろ考えてきましたが、この1500型ではCASCOのジオラマ用パイプフェンスを使いました。はっきり言ってこれは使えます。しかも価格が318円と安い上に救助網としては何輌分も取れるのがいいですね。

 というわけで今後も同型車をあと何輌か製作したいと思っています。ポールだけじゃなくビューゲルやパンタグラフもいいですね。同じ車輌ばかり作っても……という意見もありそうですが、模型鉄道として見た場合、統一感があっていいのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キハの陰に隠れていましたが……

003 004

毎度ご乗車ありがとうございます。

 今月はキハ44004の製作にほとんど費やした感がありますが、その一方で京阪電車の製作もちゃんと(?)続けておりました(笑)

 今回完成したのは1700型1758。3ドア一般色のTcです。同編成はこれが2本目ですが、今回はMc+Tc+M+Tcという編成になります。モーター車となる1788も現在車体がほぼ完成し、現在はモーター購入待ちの状態です。

 これが完成したら、次は1700型特急バージョンを作りたいですね。もうかなり前にレイルロード製キットで同車を製作したことがありますがモーターはなく、同じキットを組んだ1800型と混成で運用していました。そこでもう2輌追加して、1700型だけで4連の特急編成を組みたいと思っています。

 ……とここまで書いて、2ドア一般色の1700型もモーター車が未完成なのを思い出しました(笑)こちらも早急に完成させないといけないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kカードの窓口発売中止に寄せて

001

毎度ご乗車ありがとうございます。

 駅のポスターで見たのですが、この3月いっぱいでスルッとKANSAI Kカードの窓口での発売がなくなるそうです。去年はKカードの新作が全くなかったので、いずれなくなるのでは……と思っていましたが、ついに来るべき時が来た!って感じですね。

 やっぱりPITAPAやICOCAに押されたのでしょうか? それでも個人的にはコレクションの楽しみがなくなるのが非常に残念ですね。ICカードは便利かも知れませんが、私としては使おうという気にはなれないですね。もともと買い物などあんまりしないので、従来のカードで十分事足りてました。ちなみにスルッとKANSAIのカードは加盟各社から出ていますが、私はKカード一筋でした(笑) スルッとKANSAI加盟前からのカードを含めると800枚ぐらいはあるかと思います。ひと頃は毎月何種類も発売されて、財布のほうが追いつかなくなったこともありましたが(笑)このカードを使うようになってから、変な話ですが切符を買うことがなくなりましたね。同時にJRに乗ることもほとんどなくなりました。並行して私鉄が通っている所はカードが使えるが故に所要時間がかかっても私鉄に乗っていました。

 そんなカード派(?)の私ですが、これからは地元・京都市交通局のスルッとKANSAI都カード、トラフィカ京カードにシフトしていきそうです。こちらは今でもちょこちょこ新作を出しているようですし、図柄も京都をモチーフにしたものが多く、コレクションすると面白そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金属キハ、屋根はペーパーで

007

毎度ご乗車ありがとうございます。

 ペーパーのキハ44004と同時進行で製作している金属製のキハ44000型(キングスホビー製キット)ですが、屋根は当初の計画(バルサを削って整形)を変更してペーパーで製作することにしました。

 ペーパーキットの余ったパーツを使う、というのが一番の理由ですが、実際やってみるとバルサ屋根より手間がかからなかったように思いました。写真はひとまず屋根を取り付けた状態で、これからまだパテやヤスリで整形していかねばなりませんが、金属とペーパーの組み合わせも悪くないものですね(笑) ちなみに接着剤は100円ショップの万能ボンドがここでも威力を発揮してくれました。金属とペーパーの接着も全く問題ありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに完成品を購入しました

006

毎度ご乗車ありがとうございます。

 完成品にはまるで興味のない(!)私ですが、本日何を血迷ったのか(?)完成車輌を購入してしまいました(笑)

 といっても中古品の2軸貨車なんですが、300円という安さに惹かれて買ってしまいました。メーカーは不明ですが、どうも昔のトミーナインスケールのような気もします。それはともかく、完成品を購入したのは2008年夏に河合商会の貨車4輌以来、約2年半ぶりのことでした。

 実は貨物列車にも興味はあって、できることならいろんな貨車も作ってみたいと前から思ってました。旅客車輌と違って窓抜きがない分製作も楽ではないかと思ったりもしていますが(笑) ただ問題は2軸貨車の下まわりだけって、市販されてないんですよね。これをどう確保するかが解決すれば自作にチャレンジするんですけどね……。

 ここまで書いて思い出したんですが、昔イギリスのPECOから2軸貨車下まわりキットが出てましたね。私もかつて購入したことがありますが、あれって今でもあるのでしょうか? ご存じの方がいらっしゃいましたらご一報いただきたいと思います。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

斬った貼ったで車体ができました!

002 003

毎度ご乗車ありがとうございます。

 CAB製キットのキハ44004、その後も順調に製作が進んでいます。側面バス窓のHゴム取り付けも思っていたより楽でした。薄い紙を細かく切って貼りつけるのは根気のいる作業ではありましたが、この工法は今後の車輌製作にも十分活用できると思いました。

 そして今日は前面と妻板を製作し、ようやく車体の形になりました。以前のRMM誌にも出ていましたが、この車体が現れる瞬間ってやっぱり嬉しいものですね。前面の屋根はペーパーを重ね合わせて削るという、私としては初めての工法でしたが、意外にきれいに仕上がりました。これも今後の製作に活用できそうですね。キットにはこの屋根部分のパーツが余分についていたので、もう1輌の金属のキハ44000型にも流用しようかと考えています。

 このあとベンチレーターやライトなど細部の製作にかかっていきます。同時にそろそろ下まわり製作の準備も始めようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車輌収納ケースも作ってます

001 002 003

毎度ご乗車ありがとうございます。

 もうずいぶん前のブログで書いたと思うのですが、自作した車輌の収納には100円ショップで購入したはがきケースを愛用しています。このケース、20m車がちょうど5輌収納できるのですが、京阪のように18mや17m車になるとどうしてもすき間ができてしまうんですね。それで何かピッタリ収納できるケースはないものかといろいろ探していたのですが、なかなか適当な物はみつかりませんでした。

 それならばいっそのこと収納ケースも作ってしまおう!というわけでこのほど試作してみました。厚紙製で頑丈とは言えませんが室内で保管しておくには十分な強度だと思います。今回試作したのは京阪電車6輌分のケースですが、今後は4輌用や5輌用なども作って編成ごとに収納できるようにしたいと思っています。ちなみにこの厚紙も100円ショップで購入しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金属でもキハを作っています

002 004

毎度ご乗車ありがとうございます。

 ペーパーによるキハ44004と同時に、金属でも同じキハ44000型を製作しています。こちらはキングスホビー製のボディーキットで、数年前に中古で確か1000円ぐらいで購入したものです。現在は写真の通り側板と前面及び連結面を組み終えた状態で、連結面にはバルサで補強を入れました。接着はハンダでも瞬間接着剤でもなく、100円ショップで購入した万能ボンドを使いました。以前キハ35のキットを製作した時もそうでしたが、今回も万能ボンドで問題なく、プラやペーパーと全く同じ感覚で組むことができました。

 屋根と床板は関水製のキハ25を利用するよう説明書には書いてありますが、とてもそんな勿体ない(!)ことができない私は自作でまとめるつもりです。屋根は今のところバルサを整形しようと考えていますが、ペーパーのキハ44004の製作状況いかんによっては同じようにペーパーで作ることになるかも知れません。またこれら2輌のうちいずれかがモーター車になるわけですが、これは金属製のほうがいいでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

斬った貼ったでキハを作っています

003 004

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先日購入したCAB製キハ44004の製作を進めています。9mmゲージでバス窓を抜くのはかなり細かい作業でしたが、以前キハ17を製作した時に多少なりとも練習していた(?)ので、比較的順調に進めることができました。このキットは側面をなんと5枚のペーパーを貼り合わせて構成しています。個々の紙は薄いのですが、貼り合わせることによって厚みが出て強度もついてきました。これまで私はペーパー車体は専らボール紙を使っていましたが、薄い紙でも工夫によっては十分活用できそうに思いました。ただしカッターの刃だけはケチらずにちょっとでも切れ味が悪くなったら替えていくべきですね。

 説明書には接着はタミヤセメントを薦められていましたが、私はダイソーで購入した万能ボンドを使いました。実はこれ、金属用の接着剤を探している時に見つけたのですが、金属だけでなく紙、プラスチック、木などほとんどの素材に使えるんですね(ただし発泡スチロールはダメみたいです)。しかも値段は105円と安いので愛用しています。

 話が少しそれましたが(笑)現在キハ44004は両側面の貼り合わせが完了、ウィンドシルの取り付けまでできています。このあとHゴムの取り付けにかかりますが、キットではなんとこれもペーパーで表現しているんですね。これはかなりの慎重さと根気が要求される作業だと思われますが、何より「作ること」を楽しみながら進めていこうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1500型原型版(?)を製作中です

001 002

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先月完成させた1500型永久連結車の改造前の姿、つまりは原型版、とでも言える車輌を製作しています。特別変わったところがある車輌ではありませんが、その何でもないところが逆にいいんですよね(笑)

 プロトタイプは特にありませんが、側面のケガキ(?)には京都市電600型後期型の窓を一つ増やした図面を、また前面は同じく京都市電514型を利用しました。実車の514型はオヘソライトですが、個人的にオヘソライトは今一つなのでオデコライトにしました。

 車輌の増備の一方で、今年に入ってから停滞している新線建設も進めていかねばと思っています。地面の製作は大雑把ながらでき上がっているので、今年はストラクチャーの建設がメインになってくると思います。実はこれまで古い民家の写真なんかもちょこちょこ撮りだめしているので、今年はその写真を活かしていろいろ作ってみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

斬った貼ったでキハを作る

001

毎度ご乗車ありがとうございます。

 きっかけは書店で立ち読みしたRMM誌の新製品紹介でした。

 9mmゲージの旧型ディーゼルカー、それもかねてから私が作りたいと思っていた形式のキットが続々と発売されたんですね。で、家に帰ってから早速このキットのメーカー、CABさんのホームページを見たんですが、カッターで窓を抜き、出来上がった側板や妻板を貼り合わせて……と、正に私の感覚にぴったりでした。

 そこで数ある形式の中から、バス窓のキハ44004を購入してみることにしました。実はもうずいぶん前にキングスホビー製の同車のキットを購入していて、これを機会に2輌編成でまとめようと思ったのです。

 そして届いたキットですが、今までにないタイプのキットではないかと思います。また万一失敗した時のために、前面やHゴム部分などが余分に印刷されているのがいいですね。これは上手に作れば余ったパーツを他に流用することもできるわけで、工作派には非常に嬉しい配慮だと思います。

 最後になりましたが、メールで注文後すぐに返事いただけたのと同時に製作の際のアドバイスまで頂けたのが嬉しかったですね。これからじっくりと「工作」を楽しませていただこうと思います。なんだかこのキットを見ていると、工作中に新たなヒントや発見がありそうな気がしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京阪ダイヤ改正雑感

毎度ご乗車ありがとうございます。

 すでに皆さんご存じの通り、この5月28日から京阪線のダイヤが改正になります。昼間時の快速急行がなくなり、全て特急に統一されるなどかなり大きな変化があるようですが、個人的に一番驚いたのは快速特急の廃止でした。

 通勤は別として、プライベートでは京都~大阪を通しで利用することの多い私にとってはこの快速特急は今や重宝な存在でした。昔と違って中書島と丹波橋に停車するようにはなりましたが、今では大阪市内から京都市内まで途中の都市に停まらない唯一の列車です。大阪からの帰りは私は先発の特急を見送ってもわざわざ快速特急を待っていましたが、京都まで行く乗客で私と同じことをしている人は多いのではないでしょうか。

 昔は京阪間直通の客は特急に、途中までの客は急行と役割が分担されていましたが、それが今では1960年代の急行みたいな特急に集約されているんですね。利用者が減っているという苦しい事情はわかりますが、快速特急廃止に不満を抱く利用者は私だけではないと思います。

 文句はこれぐらいにして(笑) もう少し暖かくなったら地上駅の淀の撮影に行こうと思ってます。あの三角屋根の駅舎、個人的には気に入ってました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »