« 斬った貼ったにプラスαで | トップページ | ディーゼルカーの陰に隠れていますが…… »

斬った貼ったで箱になりました

001

毎度ご乗車ありがとうございます。

 キハ08の製作はその後も順調に進んでいます。前面の製作も両方とも終わって、このほど写真のように車体ができ上がりました。窓抜きをしている紙が箱(→車体)になる瞬間は何度経験しても嬉しいものですね(笑) ちなみにベンチレーターはGM客車キットの余りを流用しました。

 前にも書きましたがこのキハ08は、側板をなんと6枚も貼り合わせているんですね。これでペーパーでもかなりの強度が出るのと同時に、これによって客車独特のドアが見事に再現されるのには驚きました。これまで車体の製作はいつも側板2枚重ねでしたが、車輌によっては3枚以上貼り合わせることもありだと思いました。また使用するペーパーも必ずしも厚紙でなくてもよいように感じました。

 次はいよいよ塗装です。このキハ08はモーター車にする予定で先日鉄コレ用の動力ユニットを購入しました。

|

« 斬った貼ったにプラスαで | トップページ | ディーゼルカーの陰に隠れていますが…… »

国鉄の模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 斬った貼ったで箱になりました:

« 斬った貼ったにプラスαで | トップページ | ディーゼルカーの陰に隠れていますが…… »