« 2012年は市電から | トップページ | 代替新造第一弾が完成しました »

「ちんちん電車」考

005 015 066 038

毎度ご乗車ありがとうございます。

 正月に阪堺電軌の撮影に行った時、多くの人が「ちんちん電車」と呼んでいるのを耳にしました。まあ一般的には「路面を走る電車=ちんちん電車」というイメージがあるのでしょうが、どうも私にはこれに違和感を覚えてしまうんですよね。

 かつて京都にも市電がありました。でも日常会話でこの「市電」を「ちんちん電車」と呼んでいるのを聞いたことがないんですよね。「市電」はあくまで「市電」でした。ですから他の街の路面電車も私に言わせれば「ちんちん電車」じゃなく「市電」なんですよね。

 これは私だけの偏見かも知れませんが、市電の走っている街、または走っていた街で暮らしている人はおそらく日常会話で「ちんちん電車」という言葉を使わないのではないでしょうか? そのため私も当ブログではあえて「市電」という言葉を使っています。

 今回はしょうもない話で失礼しました(笑)

|

« 2012年は市電から | トップページ | 代替新造第一弾が完成しました »

実車の話」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
「ちんちん電車」私の考え
京都の場合、京都市電と京都電気軌道が並立していた時代が有り、ちんちん電車ではどちらの事か分からないから市電・京電と分けていた。
推測の域を出ませんが、京都だけなんです市営と民間の軌道が同時期に走っていたのは。民間同士は松山で2つの会社の軌道が開業して線路の延長して結局資本力の弱いほうが老舗の「伊予鉄道」に吸収合併された例があるのですが。

投稿: 山科の鉄ちゃん | 2012年1月20日 (金) 07時26分

山科の鉄ちゃん様;
 こんばんは。「市電」とは本来公営の路面電車を指す言葉であって、民営の路面電車は市電とは言わないと、子供の頃に聞いた記憶があります。もっとも拙ブログでは公営、民営を問わず市内を走る電車という軽い意味で「市電」という言葉を使いました。それで思い出しましたが、かつて『鉄道ピクトリアル』誌に故高松吉太郎氏が「駅前市電」というギャラリーを連載されていた時も同じような意味合いで「市電」を用いられていました。

投稿: 京洛電軌 | 2012年1月22日 (日) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ちんちん電車」考:

« 2012年は市電から | トップページ | 代替新造第一弾が完成しました »