« 計画変更 | トップページ | 完成品活用計画 »

長い放置の果てに……

007 001 014

毎度ご乗車ありがとうございます。

 きっかけは先日購入した鉄コレ路面電車用動力ユニットでした。

 これまで自作の路面電車には専ら関水製小型車輌用動力ユニットを使ってきました。値段的にも手頃で重宝していたのですが、どうしても腰高になってしまうのが難点でした。ところがこの鉄コレ用の動力ユニットを購入してみて、まず幅が関水製より狭いのにびっくりしました。

 そこで思い出したのがもう何年も前に車体を完成させながら放置状態になっていた京都市電1900型でした。当初は関水製のモーターを使うつもりでしたが幅が大きくて車体に合わず、さりとて代替のモーターも思いつかないまま長く引き出しの中で眠っておりました。そしてこの鉄コレ用動力ユニットを1900型につけてみたところ、ピッタリ収まったばかりか以前から気になっていた腰高まで解消されてたんですね。これは2枚目の写真で京洛電軌1500型と比較してみれば一目瞭然です。もちろん走りも良好で、急カーブも楽に通過してくれました。この鉄コレ路面電車用動力ユニットははっきり言って使えます! 生産中止になどならず安定して購入できることをメーカーさんには切望したいと思います。

 ということで京都市電1900型がようやく完成しました。京洛電気軌道では原則ワンマンカーは導入しない方針ですが、この1900型は例外でワンマンカーとして就役することになりました(実車はツーマン運用されたことがないので)。

|

« 計画変更 | トップページ | 完成品活用計画 »

市電の模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長い放置の果てに……:

« 計画変更 | トップページ | 完成品活用計画 »