« 斬った貼ったで07の側板 | トップページ | 斬った貼ったで07の前面 »

新線建設37 映画館を京都風(?)に

024 006

毎度ご乗車ありがとうございます。

 前回の銀行に引き続いて、今回はやはりジオコレの映画館を少しいじってみました。まず向かって右端についていた看板を取り外して、入口上の劇場名称も銀で塗りつぶしました。そして新たに「千本日活」の看板を取り付けました。この千本日活は京都の西陣に実在する映画館で、今となってはほとんど見られない「昔の映画館」の雰囲気を残しています。以前、女優の宮沢りえさんが撮影で京都を訪れた時、そのレトロな佇まいに入ってみたくなったそうですが、上映している映画が映画だけに入れなかったそうです。

 そこで一つ提案なんですが……。

 この千本日活を改装して、昔の映画専門の封切館にしてはどうでしょうか? 日本の映画発祥の地でもあり、かつては多くの映画館があった西陣ですが、今や往時の面影は全くなく、現存する映画館も千本日活のみになってしまいました。そこで西陣がかつて映画の町だったことを少しでも実感できる施設として、このアイデアは悪くないと思います。祇園会館もなくなってしまった(=映画を上映しなくなった)ことですしね……。

 話が横道にそれてしまいましたね(笑) うちのジオコレの千本日活ですが、上映映画の看板はそのまま流用しました。一応、怪獣映画をやってます。

|

« 斬った貼ったで07の側板 | トップページ | 斬った貼ったで07の前面 »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新線建設37 映画館を京都風(?)に:

« 斬った貼ったで07の側板 | トップページ | 斬った貼ったで07の前面 »