« 新線建設40 久々の走行テスト | トップページ | もしもの世界!? »

京阪500型を2輌同時に製作しています

006 007

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先月のブログでもちょこっと書きましたが、京阪500型の先頭車を2輌同時進行で製作しています。500型を作るのはこれで3度目ですが、今回は2次車で、昭和40年頃の姿をイメージして製作しています。

 車体はいつも通りのペーパー製ですが、今回は雨樋に真鍮線を使ってみました。今まで雨樋の表現には0.3mmのプラ棒を使っていたのですが手持ちがなくなってしまい、模型店へ行っても品切れで入手できませんでした。そんな時たまたま同じ直径の真鍮線を見かけ、しかも値段がプラ棒より安かったので試しに購入しました。結果はプラ棒と違って接着時にゆがまないのがよかったですね。今後は雨樋の表現に真鍮線を使っていこうと思います。

 さて、この500型の運用ですが……。

 とりあえずは春に完成させて一度も走ったことのない1281と組んで3連で運用させようと考えています。淀屋橋~私市間の臨時急行「いわふね」なんかいいかも知れませんね。

|

« 新線建設40 久々の走行テスト | トップページ | もしもの世界!? »

京阪の模型」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰いたしております
私市での関西鉄道模型合同運転会は台風で撤収が前倒しされ大騒ぎでした。
質問せていただきます
臨時急行『いわふね』が運行されていた当時は天満橋-淀屋橋間の地下線は出来ていなかったのでは?
私の記憶違いかも知れませんが・・・・・・。

投稿: 山科の鉄ちゃん | 2012年10月 6日 (土) 12時11分

山科の鉄ちゃん様;
 こんばんは。お久しぶりです。
『鉄道ピクトリアル』1967年5月号によりますと同時期にも淀屋橋~私市間の臨時急行は存在していましたが、名称は「きさいち号」だったようです。おっしゃる通り「いわふね」はそれより前、淀屋橋延長以前の名称だったかも知れませんね。
 ちなみに「いわふね」のヘッドマークは用意できるのですが大阪~私市の急行の運行標識がないのでどうしようか思案中です(笑)

投稿: 京洛電軌 | 2012年10月 8日 (月) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京阪500型を2輌同時に製作しています:

« 新線建設40 久々の走行テスト | トップページ | もしもの世界!? »