« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

斬った貼ったでキハユニの上まわりが出来ました!

001

毎度ご乗車ありがとうございます。

 ペーパーシートによるキハユニ16の車体がひとまず完成しました。車体製作で最大の難関はやはり前面の積層屋根ですね。ヤスリとパテで整形する、と言ってしまえば簡単そうに思えますが、軟らかいペーパーを削るのですから乱暴にすると折角の車体がつぶれてしまいます。そのためゆっくりと時間をかけてヤスリをかけていくわけですが、この時「早くやろう」とか「何時何時までにやろう」なんてことを考えたら絶対にダメですね。焦らずのんびりやっていくことがうまくいく秘訣だと思います。

 屋根の整形ができたらベンチレーターやヘッドライトをつけていきます。ベンチレーターはGM製客車キットの残品を流用、またヘッドライトは銀河モデルの砲弾型を利用しました。余談ですがこの砲弾型ヘッドライト、現在は生産中止になっているようなのが残念です。最後に雨樋ですが、私の工作力の低さゆえにペーパーシートの切り出しにことごとく失敗、0.3mmの真鍮線で表現することになりました。

 そしてこれからいよいよ塗装です。キハユニ16の製作もいよいよ佳境に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キハ58を復元(?)しました

015 008 010 011

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先日200円で購入した中古のキハ58の修復作業が完了しました。修復箇所は
① 屋根の再塗装
② 側面JRロゴの消去
③ 台車をアーノルトカプラー付に交換
の3点でしたが、これだけでもとても200円で購入したとは思えない車輌になったと自負しています(笑)

 そして早速、自作のキハ28やキハ55と連結して走らせてみました。でもここで以前製作したキハ28のオーバースケールぶりが目立ってしまうことになりました。それに前面だけを比較しても全く雰囲気が違うし、今後の製作に課題を残す形となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京阪1916が完成しました!

003 004

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先日紹介しました製作中の京阪1900型3ドア車はあれから順調に塗装も終えて、このほど何とか完成にこぎつけました。特定ナンバーを狙ったわけではありませんが車番は1916にしました。一般色の3ドア車ですが今回も前面には特急マークをつけました。前にも書いたことがあるかも知れませんが、私にとって1900型と言えば「特急」なんですね。実車は格下げ後準急や区間急行などにも就いていたようですが、どうも私にはピンと来ないし、たとえ一般色になってもこの前面に特急マークがないのはどうも不自然に感じるんですね。そんなわけでうちでは1900型は全て特急のみの運用にしています(余談ですが、そのうち一部の車輌には「臨」マークもつけようかと思案中です)。

 話が少し脱線(?)しましたが、1900型残る1輌も少しずつですが製作を進めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京阪1900型も忘れてません

004

毎度ご乗車ありがとうございます。

 本当なら去年のうちに完成させたかった京阪1900型3ドア車ですが、キハユニや旧型国電などの合間を縫って製作を進めています。

 7輌編成のうち、先頭車2輌の製作が残っているのですが、このうち1輌は写真のように上まわりが完成し、塗装を待つ状態になっています。またもう1輌も現在窓抜きを始めており、早ければ2月中にも7連で運用に就けると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

約1年の時を超えて……

001 003 004 002

毎度ご乗車ありがとうございます。

 ちょうど一年前の今頃だったと思います。阪堺電軌の影響を受けて(?)大型市電(京洛電気軌道2510型)の連結車を製作していました。で、T車となる2512は程なく完成したのですが、M車となる2511は車体ができたもののモーターが入手できず、そのまま放置状態になってしまいました。

 ところが先日大阪へ行った時、鉄コレ用動力ユニットの12m級が購入できたので、約1年の時を超えて2511が完成の運びとなりました。同じ鉄コレの市電用動力ユニットに比べると腰高ではありますが、2連での運転はなかなか迫力がありました。今回は運転場での試運転でしたが、単行では問題なかった急カーブの通過が連結運転になるとちょっと苦しいように思いました。

 車体は京都市電500型の側面に同じく京都市電514型の前面をミックスして、オヘソライトを屋根上に持っていきました。連結器はアーノルトが使えなかったのでマイクロエースのカプラーを使いました。新線建設と並行して、車輌の増備も少しずつ進めていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

.斬った貼ったでキハユニのHゴム

001 002

毎度ご乗車ありがとうございます。

 CABさんのペーパーシートによるキハユニ16の製作は昨年中に窓抜きを終えて、側面バス窓のHゴムから再開しました。9mmゲージの小ささでHゴムを一つ一つ表現していくのは一見面倒に思えますが、いざ始めてみると全然そんなことはなくて、いつの間にか時間を忘れて没頭してしまいました(笑) もっともこれは元来作るのが好きな私の性格に起因しているのかも知れませんけどね。

 側面はさらにウィンドシルもつけました。ペーパーをウィンドシルの細さに切るのは結構難しく、私は専らプラ棒を使っていますが今回は珍しくちゃんと切れたのでペーパーで表現しました。あと雨樋がありますが、こちらは車体が完成してからつけることにしました。先頭部分の屋根の整形などあるため、雨樋は最後につけたほうがいいかと思います。

 そして前面の湘南顔はこれから製作ですが、先にHゴムだけは取り付けました。このほうが製作が楽だと思ったからです。これでいよいよ次は車体を形にしていきます。車体の出現が今から楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

200円のキハ58

005 006 007

毎度ご乗車ありがとうございます。

 突然ですが、中古の模型ですごい物(?)を発見しました。関水製のキハ58ですが、屋根は何やらマジックで塗りたくったようだし、カプラーは片一方外れてるし、車体側面には「JR」のロゴがあるし、もう踏んだり蹴ったり(?)の車輌でした。でも屋根を塗りなおして台車を交換、そしてJRのロゴを塗りつぶしたら十分使えそうな車輌でした。さらに価格はなんと200円! 他の中古車輌と比べてもこれだけが超破格値でしたね。元来完成品には興味ない私ですが、これは速攻で購入しました(笑)

 でもこのキハ58を購入したのはもう一つ訳があって、模型製作の参考資料にしたかったんですね。キハ58系の製作は永年の願望でしたが、これをサンプルに製作方法なんかを検討していきたいと思います。でもその前に同車のリニューアルが必要ですが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終夜運転今昔

002 005

毎度ご乗車ありがとうございます。

 1月も10日を過ぎて、正月気分もだんだん抜けてきましたが、今日は大晦日の終夜運転の話を書いてみたいと思います。

 今でこそ大晦日の終夜運転は多くの鉄道が実施していますが、私の記憶が正しければ、これは比較的最近になってからで、私の幼少の頃(昭和40年代)に終夜運転を行っていたのは京阪と近鉄特急ぐらいではなかったかと思います。また現在の終夜運転も、ほとんどの鉄道が1時間に2~3本程度の運転(それもほとんどが普通列車)なのに対し、京阪は昔から日中とあまりかわらない頻度で運行してきました。

 不鮮明で申し訳ありませんが、写真は京阪四条駅で撮影した昭和50年大晦日の終夜運転時刻表と昭和51年元日の正月用時刻表です。当時は0~1時台が20分ヘッド、2~3時台が15分ヘッドと、深夜のほうが高頻度の運転でした。また急行は「深夜急行」として中書島~枚方市間が各駅停車で、普通は三条~中書島、枚方市~淀屋橋の折り返し運転でした。ちなみにこの終夜急行、枚方公園と寝屋川市は通過でした。

 その後(これも私の記憶が正しければ、の話ですが)京阪の終夜運転は三条~淀屋橋の準急と萱島~淀屋橋の普通の2本立てになり、鴨東線開業の頃から現在のような急行と普通の2本立てになりました。しかし近年は京阪も運転本数が徐々に少なくなってきたみたいで寂しい限りですね。

 それから正月時刻表です。日中の10分ヘッドは現在と同じですが、特急が22時台まで運転されていた他、昼間の急行が守口市にも停車していました。これも私の記憶が正しければ、の話ですが、一時期特急の運転時間帯が20時ぐらいで終わっていた頃があったような気がします(もちろん当時の特急は七条~京橋ノンストップです)。

006 それからおまけの写真です(笑)

 実は先月、倶楽部2600様のブログにコメントさせて頂いたのですが、これに関してこんな写真が出てきましたので掲載します。昭和50年頃に三条の京津線ホームで撮影したショーボート専用車の案内表示です。シャッターチャンスがブレてしまってますが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道フリマはなかったけれど……

002 001

毎度ご乗車ありがとうございます。

 すでに皆さんご承知の通り、今年は鉄道フリマが休止になってしまいましたが、それでも京都では入手できない(?)ジャンク品を求めて大阪の模型店をまわってきました。日本橋を中心に中古の模型店をいくつかまわりましたが、残念ながら目ぼしい物はあんまりありませんでしたね。でも最後のほうで訪れたGMストアで去年の夏ごろから1つ100円で出していたB級品パーツがまだ残っていたのでここぞとばかり(!)に床板などを大量に購入しました。他にもウェイトやらいろんなパーツをごちゃごちゃと購入したので、塵も積もれば式に5000円ぐらいの出費になりました。でもこれでしばらくは散財せずに製作に没頭できそうです(笑)

 と言うことで今日の写真は模型とは関係ありませんが大阪へ行く途中に見かけた京阪旧3000型です。ちなみに帰りはこの旧3000型に乗ることが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キハユニの前にクハが出来ました!

012 013 010 011 001

毎度ご乗車ありがとうございます。

 斬った貼ったでキハユニ16製作の合間に作っていたクハ55072が一足先に完成しました。2013年の第一作です。以前からノーシル・ノーヘッダーのオレンジ塗装のクモハ60かクハ55を作りたいと思っていたのですが、去年の暮れにたまたま中古で購入したGM製クモハ41とクモハ51のキットをベースに製作しました。

 ベースと言ってもクモハ41の側板のシル・ヘッダーを削り取ってクモハ51の妻板を組み合わせただけですが(笑)、実はクモハ41とクモハ51は屋根の長さが違っていて、そのままでは使えないんですよね。前面が半流なのでクモハ51の屋根を使用しましたが長さが5mmほど足りないんですね。そこでクモハ51の屋根をパンタの手前あたりで切断し、後部はクモハ41の屋根を切り継ぎました。接合部分はパテで整形して隠しています。ちなみにクモハをベースにしたのにクハになったのは単純にパンタの持ちあわせがなかったからです(笑)

 とりあえずは去年末に完成したクモハ60157とペアで編成しますが、いずれはノーシル・ノーヘッダーのクモハ60も作りたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は斬った貼ったから

001

毎度ご乗車ありがとうございます。

 正月休みも終わって、今年2013年の模型製作を開始しました。今年一番に手がけたのはCABさんのペーパーシートによるキハユニ16。すでに窓抜きは去年のうちに終了しており、今回は側面の製作から着手しました。現在、側板を全て接着し、ウインドシルをつけた所まで進んでいます。このあとバス窓のHゴムや雨樋などをつけて妻板の製作にかかる予定です。

 それから写真はありませんが、同時進行で去年末に脱線(!)したオレンジ色の旧型国電も続編を製作中です。さらに年末完成できなかった京阪1900型3ドア車も黙々と窓抜きを進めております。年明け早々から作りたい物だらけですが、如何せん「モデルマニアは暇がない」のです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月は阪堺電軌の季節です2013②~待ってる間は寒かった!~

016 038 004 039 037 002 006 024

毎度ご乗車ありがとうございます。

 阪堺電軌2日目は恵美須町からスタートしました。まずは元日の続きで天神の森周辺で撮影しましたが、この時恵美須町~我孫子道間の運用に就いていたモ161型は170のみで、待ってる間の寒さが身に沁みました。 そのあと住吉鳥居前で撮影しましたが、合間に露店で食べたたこ焼きの熱かったのは最高のごちそうでしたね(笑)

 この日はさらに新たな撮影ポイントを求めて大和川を超えて綾ノ町まで行ってみました。そして綾ノ町~高須神社間でモ161型を待ちましたがなかなか現れず、警報機が鳴ってカメラを構えては電車を見て片付けるという行為を何度もくり返してました(ひんしゅくを買うのを承知で言いますが、私の目的はモ161型のみで、新系列の車輌は一切無視しました)。結局30~40分ぐらいネバって撮影できたのは164と172だけでした。

 最後に訪れたのは大和川。言うまでもありませんがここが一番寒かったです(笑) 大和川で下車して大阪市側に橋を渡っていたら浜寺行きのモ161型が来たのであわててカメラを構えましたが、手がかじかんでシャッターが押しづらかったですね。でも幸いここではすぐにモ161型が来てくれたので長居をしないですみました。そのあと歩いて我孫子道まで戻ると折しも恵美須町行きの170が入線してきたので、これに終点まで乗車して今回の撮影行を終了しました。今年は「乗る」楽しみは今一つでしたが、これまでにない撮影スポットを見つけられたのは収穫でした。

 ところで、駅のチラシで知ったのですが、阪堺電軌でも今年から超低床車が導入されるようです。モ161型も来年の正月は出番が少なくなっているかも知れませんね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

正月は阪堺電軌の季節です2013①~今年もモ161型は元気です~

003 016 007 017 064 035 043 027

毎度ご乗車ありがとうございます。

 今日もモ161型を追いかけて阪堺電気軌道へ行って来ました。今日もそれなりに収穫はありましたが、その前に昨日の撮影話をしてみたいと思います。

 昨日は天王寺駅前からスタートしました。例年私が行くとすぐにモ161型がやって来るのですが、今年は何故か新型車ばかり続き、目当てのモ161型は一向に現れませんでした。ちょっと心配になりましたが、とりあえず浜寺駅前行きに乗り込み、住吉まで行ってみることにしました。途中、北畠あたりでやっとモ161型とすれ違ってほっとしました。

 昨日最初に訪れた撮影ポイントは上町線の住吉~神ノ木間の勾配区間でした。線路づたいに歩きながら撮影しましたが、この頃にはモ161型もちょくちょく見られるようになってきました。ひとしきり撮影した後次は我孫子道へ移動、えびす町行きの折り返すシーンを今までとは違う角度から狙ってみました。そして再び住吉に戻って初詣輸送に奮闘するモ161型を撮影しました。最後に東玉出~天神の森間で撮影し、恵美須町に戻って第一日目を終了しました。

 毎年のことですが今年もまだ狙ったことのない角度やポイントを見つけるように努めました。ただ残念だったのは今年はモ161型に「乗る」楽しみをあまり満喫できなかったんですね。去年は乗った車輌が全てモ161型だったこともあっただけに今年は1~2回しか乗れず、それがちょっと心残りでしたね。

 と言うことで今日2日のレポートは次回にまわしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年 私は私の模型を作ります!

006_2 058 062 037

毎度ご乗車ありがとうございます。

 皆様、新年明けましておめでとうございます。今年も拙ブログをどうぞよろしくお願いいたします。

 さて、淡々と続けてまいりましたこのブログも、気がつけば今年で何と6年目になるんですね。その間、いろんな車輌を製作してきました。腕前のほうは万年駆け出しぺーぺーのまんまですけどね(笑) でもこの6年足らずの間に、上手下手は別として、自分なりの「模型製作のスタイル」みたいなものが確立してきたように思います。また最近になって、自作した京阪の車輌に関しては「京阪電車」だなって感じられるようになってきました(もちろん、出来栄えの良し悪しは別ですが)。

 そこで今年は、この自作の京阪電車に対して感じるようになった思いを、国鉄のディーゼルカーに対しても感じられるようになることを目標にしたいと思います。またディーゼルカーと言えば、キハ58系の前面をペーパーでいかに表現するか、これを研究課題にしてみようと思っています。

 ともあれ、今年も作りたい車輌は次から次へと湧水のようにあふれ続けていますが、もう一つ忘れてはいけないのが新線建設です。去年はやっと街づくりに着手しましたので、今年こそは曲がりなりにも「開業」を目指したいと思います。もちろん、そのためには車輌面でも増備が必要なので、こちらのほうもいいものを作っていきたいですね。

 と言うことで今日の写真ですが……。

 朝から正月恒例(?)の阪堺電気軌道モ161型の撮影に行って来ました。明日もまた撮影に行く予定なので、後日まとめてレポートしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »