« 斬った貼ったでキハユニの上まわりが出来ました! | トップページ | 斬った貼ったでキハユニを塗装しました »

「市電ひろば」計画に反対します

003

毎度ご乗車ありがとうございます。

 すでに地元・京都の新聞で報道されていますが、昭和53年の市電全廃後ほとんど非公開のまま保管されてきた市電の保存車輌が梅小路公園の一角に「市電ひろば」として常設展示されることになりました。この構想自体は非常に素晴らしいのですが、その内容を見て私は愕然としました。

 なんと保存車輌のうち4輌を貸店舗として使用するというんですね。

 一体京都市は何のために市電車輌をいままで保管してきたのでしょうか? かつて京都に市電があったことを後世に伝えるためではなかったのでしょうか。それならば現役時代のままで展示するべきであって、貸店舗などに改造するのは言語道断、間違った考え方だと思います。京都市のこの「市電ひろば」構想は、言ってみれば東寺の五重の塔にエレベーターをつけて展望台にするようなものではないでしょうか? ともあれ、現段階においての市電の保存車輌の活用方法に対しては私は断固反対です。

 最後に、一つ提案ですが……。

 梅小路公園にはJR西日本による鉄道博物館も計画されています。ならばこの博物館の中に「京都市電コーナー」として市電車輌を保存、展示してはどうでしょうか。いずれにしても現役時代のままの保存がなにより意義あることを京都市は認識するべきですね。

|

« 斬った貼ったでキハユニの上まわりが出来ました! | トップページ | 斬った貼ったでキハユニを塗装しました »

京都市電の話」カテゴリの記事

コメント

私も同じ意見です。おそらく、夜間に壊されるでしょうね。

大阪市のように地下鉄の車庫に保存館を建ててほしかったですね。京都市は、予算がないと言うでしょう。

N電を動態保存する費用をまわしてほしいかったです。

投稿: アムテック | 2013年2月 4日 (月) 21時40分

アムテック様;
 初めまして。コメントありがとうございます。
 そうですね。野外に展示となれば夜間の投石などは必至だと私も思います。現在の大阪市の市電保存のやり方は京都市も見習うべきだと思いますが、現状からみてとても実現不可能な話なので鉄道博物館での展示を提案してみました。

投稿: 京洛電軌 | 2013年2月 5日 (火) 18時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「市電ひろば」計画に反対します:

« 斬った貼ったでキハユニの上まわりが出来ました! | トップページ | 斬った貼ったでキハユニを塗装しました »