« 阪急の駅名変更私感 | トップページ | 夏に向かってクハがあってもいいじゃない!? »

春の古書大即売会2013に行って来ました!

001 004 005

毎度ご乗車ありがとうございます。

 毎年この時期に京都・岡崎のみやこめっせで開催されている春の古書大即売会に今年も行って来ました。目的は例によって昔の鉄道雑誌ですが、今年の会場は鉄道書のコーナーが大きく取られていたりして、個人的には「当たり」でしたね(笑)

 そして購入したのが写真の5冊でした。ディーゼルカー関連が3冊に模型関連が2冊。まだ全てに目を通したわけではないのですが、中でも速攻で購入したのは『とれいん』1986年4月号でした。特集がなんと「阪急京都線VS京阪電鉄」で、全て16番でしたが阪急は2800型や200型が、そして京阪は特急時代の1900型や1000型、500型などの模型が紹介されていました。さらには実車の写真も多数掲載されていて、模型製作のよき資料になるのと同時に製作欲をかきたてる1冊でした。

 もう1冊、TMS誌は表紙の写真に惹かれて購入したのですが、掲載されていた軽便のレイアウトは圧巻でしたね。後の3冊は夏に向けてのディーゼルカー製作の資料として購入しましたが、価格はいずれも300~500円と手頃でした(ここだけの話ですが、某鉄道模型店の古書コーナーでは写真左端の鉄道ピクトリアル誌が1680円でした)。

|

« 阪急の駅名変更私感 | トップページ | 夏に向かってクハがあってもいいじゃない!? »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ、ご無沙汰いたしております。
『とれいん』1986年4月号、ワッその本を持っています。で、その本に掲載された高間さんとは鉄道友の会鉄道模型運転会でお会いしたことが何回か有りましたよ。私が見せてもらったのは京阪2000系一次車、顔は梅鉢製作所の顔にペーパーボディーを合体、梅鉢製作所の京阪2000系二次車と合わせて4連。初めて有った時はTOYOモデルの京阪8000系7連のキット組み立てでシートには150名の乗客が載っていました。すごかった!

投稿: 山科の鉄ちゃん | 2013年5月 6日 (月) 15時21分

山科の鉄ちゃん様;
 こんばんは。お久しぶりです。
『とれいん』誌の特集はその存在を知らなかったこともあって私には一番の掘り出し物でしたね。同誌には実車に関する記事、特に1000型の写真が豊富だったのでこれを機にそろそろ製作にかからねば……なんて考えています。

投稿: 京洛電軌 | 2013年5月 9日 (木) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の古書大即売会2013に行って来ました!:

« 阪急の駅名変更私感 | トップページ | 夏に向かってクハがあってもいいじゃない!? »