« クロハも欲しくなって…… | トップページ | モハ43003が完成しました! »

「サイ」か「サイイン」か

001_2 002_3 001 003_4

毎度ご乗車ありがとうございます。

 嵐電と阪急京都線には共に「西院」駅がありますが、これを嵐電は「サイ」と称しているのに対し阪急は「サイイン」と称しています。今までほとんど顧みられなかったとはいえ、これを妙に思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 結論から申しますと、「西院」は嵐電の呼び方「サイ」が正解です。もともとこのあたりの土地は細井、狭井、佐比と表記され、平安時代初期に淳和天皇が同地に離宮を造られた頃から「西院」の文字が使われるようになったそうです。また西大路通の西に今も残っている佐井通も、当地が「サイ」と呼ばれていた名残だそうです。ところが新京阪鉄道(当時)が開業した時、何故か「西院」を「サイイン」と表記してしまったみたいなんですね。
 そんなわけで歴史的に見ても「西院」の読み方は「サイ」に統一すべきだと、地元議員が昭和10年と27年に阪急側(昭和10年当時は新京阪)に申し入れを行ったのですが、現在に至っても二つの読み方が混在している状況が続いています。

 ところで、このほど阪急西院駅を改装して嵐電西院駅との連絡口を新設する計画が発表されました。完成は2015年頃になる予定ですが、この時両者の駅名がどうなるか、興味のあるところです。

|

« クロハも欲しくなって…… | トップページ | モハ43003が完成しました! »

実車の話」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ
『西院』の読みですが、「さい」は「賽の河原」に通づると「さいいん」と呼ぶようになった。と昔「関西の鉄道」で読んだ記憶が・・・・。

昨日・今日の2日間「第22回関西鉄道模型クラブ合同運転会」が開催されて、今日は私の所属クラブの所は私が5000系7200系10000系新3000系を並べ、ゲストさん(私の連れたち)が13000系2編成6000系10000系1900系2編成と寝屋川車庫状態になりました。

投稿: 山科の鉄ちゃん | 2013年9月22日 (日) 21時08分

山科の鉄ちゃん様;
 こんばんは。実はこれ、昭和27年11月1日付の京都新聞の記事を題材にしたのですが、もともと字は違っていたとはいえ「さい」という地名だったようです。ちなみに大正15年版の地図ではこの辺りはまだ京都市ではなく葛野郡西院村でした。

 運転会は盛況だったようですね。ここしばらく京阪の模型製作から離れていますが、秋の行楽シーズンに向けて(?)ボチボチと製作し始めています。詳細はまた拙ブログで発表します。

投稿: 京洛電軌 | 2013年9月23日 (月) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「サイ」か「サイイン」か:

« クロハも欲しくなって…… | トップページ | モハ43003が完成しました! »