« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

今年もいろいろやりました

005 002 004 074 028 015

毎度ご乗車ありがとうございます。

 今年も残りわずかになりましたね。私もこの1年、いろんな模型を製作してきました。その中でも特に今年は新線建設がかなり進められたように感じています。本格的に街づくりが始まって、更地が少なくなったのは大きな進歩だったと思っています。ここまでくると来年には「開業」がいよいよ現実になりそうな予感もしています。

 車輌製作に関しては、今年もあっちへふらふらこっちへふらふらと例年の如くちゃらんぽらんにやってきました(笑) この元日に拙ブログで「キハ58の前面をペーパーでいかに表現するかを研究課題にする」と書きましたが、これはものの見事に(!)全く手をつけませんでしたね。さらに国鉄のディーゼルカーも何輌か製作しましたが、未だに「これぞ国鉄」だなあって感じられた車輌はなかったですね。

 それと今年は結局、一度も遠出をしませんでした。昨年は水島臨海鉄道、一昨年は三岐鉄道と泊まりがけの撮影行をしましたが、今年は唯一訪れたのが京阪石山坂本線でした。仕事で滋賀県へ行った時ちょこっと見かけたのがきっかけでしたが、京津線の部分廃止と時はほとんど無視していた(!)600型や700型がここにきて好ましく感じたのは自分でも何だか妙な気がしています。

 ということで今年もこれが拙ブログ最後の更新になりそうです。おそらく年内はパソコンを開ける時間もないとおもいますので、コメントの返事は年明けになりますがご容赦ください。この1年、拙ブログをご覧下さいましてありがとうございました。来年も進歩の無いまま(?)続けていく所存ですので、どうか暖かい目でご覧いただきますようお願いいたします。

 それでは皆様、よいお年をお迎え下さい。

005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

斬った貼ったで09の窓抜きやってます!

004 005

毎度ご乗車ありがとうございます。

 12月も下旬になって何かと忙しくなってきてますが、寸暇を見つけてはペーパーシートの窓抜きをやっています。すでに拙ブログで書きましたように、オハフ61のペーパーシートをキハ09として製作しています。プロトタイプにしたのは09の中でもトップナンバーのキハ09 1で、この車輌は乗務員室の窓が引き違い式になっていて、オハフ61の窓をそのまま使えるというのが理由です。このため手を加えたのは側面片側の乗務員扉だけで、これはキハ08の乗務員扉の部分をコピーしてペーパーシートに貼り付け、窓抜きの後に剥がすという、まあ私にとってはいつものやり方(?)で表現しました。写真ではわかりにくいかも知れませんが、内張りとずれることなく乗務員扉ができたと思います。

 引き続き前面や後部の窓抜きを行い、年明け早々には車体の組み立てにかかりたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キサハ41800が完成しました!

017 018

毎度ご乗車ありがとうございます。

 キクユニの陰に隠れて放置状態(?)になっていたキサハ41800がこのほど完成しました。下まわりは適合する床板パーツがなかったので、厚紙から自作しました。この厚紙、実は100円ショップで購入したものですが、2枚貼り合わせるとかなりの厚みと強度が出ますので床板として十分使えます。これに床板パーツのボルスター部分を接着、さらに反対側にGM製のウェイトを直に接着しました。余談ですがこの紙+プラ+金属という異種類素材の接着には愛用の万能ボンド一つで賄いました。

 さて、今年も残りわずかになりましたが、このキサハがおそらく今年最後の製作車輌になりそうです。キクユニ05など製作中の車輌はいろいろありますが、いずれも完成は年明け以降になると思います、と言うよりなるのは確実ですね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突然ですが、新しいデジカメを購入しました!

003 005 006 009 007 011

毎度ご乗車ありがとうございます。

 実はずっと使っていたデジカメがこの秋ぐらいから調子が悪くなり、暗い所での撮影は問題ないのですが、何故か明るい所で撮影すると画像が真っ白になってしまうようになりました。それでも模型の写真はだましだまし(?)撮影して拙ブログに載せていましたが、このほどついに新しいデジカメに買い換えました。

 そこで今日はちょこっと試し撮りに嵐電に行って来ました。と言っても西大路三条~西院で一時間ほど撮影しただけでしたが、例によっていろんな角度から狙ってみました。ただ残念だったのはモボ101型やモボ27型が全く来なかったんですよね。車庫にはこれらの車輌が見当たらなかったので期待していたのですが、アテが外れてしまいました(笑) 

001 002

 それからおまけの写真です。

 先日さるブログに鉄道友の会発行の京都市電の記念券に関するコメントをさせていただいたのですが、現物の写真を当ブログにて掲載させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キクユニの車体が出来ました!

008 004

毎度ご乗車ありがとうございます。

 キクユニ05の上まわりが塗装を待つだけの状態になりました。前回の拙ブログでも書きましたように屋根はいつもの通りバルサからの削り出しで、雨樋はキニ05のパーツを流用しました。さらにドアのプレス部分は同じくペーパーシートのキハ17のパーツを利用しています。ベンチレーターは試作も兼ねてオハフ61のペーパーシートの物を使ってみようかとも思いましたが、今回はGM製のパーツを使用しました。

 そして今回特筆すべき(?)はヘッドライトです。CABさんからのアドバイスを受けて、爪楊枝から自作してみました。爪楊枝の端にペーパーシートの薄紙を巻き付けるという、非常に細かい作業でしたが、でき上がってみるとなかなかいい感じなんですよね。ちなみにヘッドライト受けはこれまたキニ05のパーツを使いました。ただこのヘッドライト、まっすぐ付けたつもりができ上がってみると少し歪んでしまってたんですね。付け直しも考えましたが折角のパーツが再起不能になる可能性が高いため、ここは今後の反省材料に活かしていくことにしました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キニの次はキクユニを

002

毎度ご乗車ありがとうございます。

 荷物車ができたら今度は郵便車も欲しくなって、キサハ04の製作もそっちのけで(?)キクユニ05の製作を始めました。もっともキハ04の側面から窓3つを埋めただけ(→その分だけ窓抜き不要)という簡素な改造車で、これなら気軽に作れるだろうと思ったのが製作の動機でした。

 キクユニの製作にあたっては、CABさんのペーパーシートの余ったパーツを極力利用することにしました。例えばシル・ヘッダーはキハ07やキニ05のパーツを流用していますし、前面はキニ05の余分を利用しました。そして極めつけは車体側面で、なんとペーパーシートの余白を使っています。たださすがに積層屋根は真似できない(?)のでいつも通りのバルサで表現するつもりですが、雨樋はキニ05のものを流用しようと考えています。

 ところでこのキクユニ05は1形式1輌で、両毛線で使用されていたのに対し、キニ05は全車四国に配属されていたんですね。と言うことはキニ05とキクユニ05が共演することはなかったわけですが、そこは模型の世界です(笑) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

斬った貼ったでオハフをキハにします

001

毎度ご乗車ありがとうございます。

 KIHAシリーズのペーパーシートを出しているCABさんから客車のペーパーシート、それも9mmゲージヴァージョンが発売されました。一応工作派の私といたしましてはこれは大歓迎でありまして、今回オハフ61を購入しました。

 これをそのままストレートに組んでもいいのですが、根がへそ曲がりな私はそれでは面白くないとこのペーパーシートからキハ09を製作することにしました。実は以前、同じペーパーシートでキハ08を製作した時、前面のパーツに余分があったのでこれを何とか活用したいと思ったのがきっかけでした。

 車体は側面片側に乗務員扉をつけるぐらいで、他はほとんど手を加えなくてもよさそうです。ただ年末は多忙のため、本格的な製作は来年になりますが、年内に時間があればすこしずつ窓抜きを進めていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

斬った貼ったでキニ05が完成しました!

010 011 002 004 001

毎度ご乗車ありがとうございます。

 ペーパーシートのキニ05がついに完成しました。車番は一応キニ05 3にしました。私にとってこれが3輌目のキニ05という実に単純な理由です(笑) それと当初の予定通り、このキニ05はモーター車にしました。モーターは例によって鉄コレ用16m級を使用、もう20年ぐらい前(だと思う)にGM製キットを組んだキハ04やキサハ04と編成を組んだり、キニ05の三重連で歳末輸送(?)にも駆り出されております。また時にはキハ07ともペアを組むなど、完成したばかりなのに忙しく走り回っております。

 この系列ではもう1輌、旧塗装のキサハ04の車体がほぼ完成している他、現在キクユニ05の窓抜きも始めています。これらに関してはまた追々発表していきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新線建設54 案ずるより産むが易し?

006 007 009

毎度ご乗車ありがとうございます。

 歓楽街に引き続き、西側の街作りにも着手しました。こちら側はGM製キットを組んだ京風住宅がメインになります。前回の拙ブログでも少し触れましたが、ストラクチャーは全て固定せず、一部は並べておくだけにしました。今回で言いますと電車通りに面した切妻2階建ての商家は今後の改造も考慮して固定していません。どんな街にするか考え出すとキリがないし(もちろん、あれこれ考えるのは楽しい物ではありますが)悩み過ぎて建設が停滞するより、とりあえずは開業を急ぐことにしました。そう考えたら気が楽になったのか、街作りのテンポが速くなったような気もしています。

 ところで、10月に製作した旅館(GM製キットベース)ですが、川沿いの道に設置しました。客室の窓からは電車が見えるという、正に鉄道ファン向きの宿ですね。撮影旅行に来られた際は、ぜひご宿泊をお勧めいたします(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっぱり鉄コレ用モーターは強力でした

016 013 007

毎度ご乗車ありがとうございます。

 2007年にGM製キットで国鉄155系の12連を製作しました。このうちモハ155とモハ154の2輌にモーターを入れたのですが、何故か2輌共モーターが不調でせっかく作ったのに走る機会がほとんどありませんでした。

 そこでこのほど、急に思い立ってモーターを新調しました。使用したのは鉄コレ用動力ユニット(20m級)ですが、このモーターは結構強力で以前73系の10連をモーター車1輌で走らせた実績(?)があるため、今回あえて装着したのはモハ154だけにしてみました。結果はこれで大正解で、モーター車1輌で12輌編成の列車を楽々走らせてくれました。これだと583系の13連もモーター車1輌でいけるかも知れないですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »