« 新線建設53 歓楽街が出来ました! | トップページ | 新線建設54 案ずるより産むが易し? »

やっぱり鉄コレ用モーターは強力でした

016 013 007

毎度ご乗車ありがとうございます。

 2007年にGM製キットで国鉄155系の12連を製作しました。このうちモハ155とモハ154の2輌にモーターを入れたのですが、何故か2輌共モーターが不調でせっかく作ったのに走る機会がほとんどありませんでした。

 そこでこのほど、急に思い立ってモーターを新調しました。使用したのは鉄コレ用動力ユニット(20m級)ですが、このモーターは結構強力で以前73系の10連をモーター車1輌で走らせた実績(?)があるため、今回あえて装着したのはモハ154だけにしてみました。結果はこれで大正解で、モーター車1輌で12輌編成の列車を楽々走らせてくれました。これだと583系の13連もモーター車1輌でいけるかも知れないですね。

|

« 新線建設53 歓楽街が出来ました! | トップページ | 新線建設54 案ずるより産むが易し? »

国鉄の模型」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

小型モーターの強力化、16番だと性能アップと同時に価格上昇とオマケ付・・・・・・・。CN-22から小型でコアレスのLN-14へ、LN-14が生産中止でLN-15へ、千円づつ値上げされました。部品の価格上昇が小遣いを圧迫する。

オマケ
インドネシアに輸出された中古電車、部品取りや予備も含めて536両が送られたそうです。それに併せて海外鉄道技術協力協会から国鉄大宮工場のベテランエンジニアでEF200FF500を試作も手掛けた人が派遣され日本式の定期点検を教え、その下で勉強した現地スタッフが日本で研修を受け、ODAで日本式の車両基地を建設されたとの事。次は205系180両ではJRからメンテナスの専門家もついていき指導するそうです。

ちなみに一番遠くに輸出された中古電車は営団地下鉄丸の内線の車両が02系に更新時に古い車両をアルゼンチンのブエノスアイレスの地下鉄車両として売られ、現地では「こんなメンテナスの行き届いた車両を廃車にするのか」とびっくりされたそうです。

投稿: 山科の鉄ちゃん | 2013年12月 4日 (水) 07時09分

山科の鉄ちゃん様;
 こんにちは。何かで聞いた話なんですが、JR東日本では新型車輌ができるとそれまでの車輌を廃車にして総入替するようです。ですから海外の鉄道関係者が驚くのも尤もかも知れませんね。何年も使い込んで廃車にするより、車齢の若い間に入替えて海外に譲渡するのもいいアイデアですね。

投稿: 京洛電軌 | 2013年12月 5日 (木) 11時49分

本題 16番のモーターCANONのCN-22(2000円)から小型でコアレスのLN-14(3000円)へ、LN-14が生産中止でLN-15(4000円)と倍になり、モーターのトルクを駆動車輪と一体になったMPギアが約6000円。それにドライブシャフトやモーター取り付け座・ウエイトなどが2000円、これだけかけても真鍮製車両4両動かすのが限界。Nに比べてHOは4倍のスペースが要りますが、予算的には10倍を越えるのでは・・・・・・高くつく!

投稿: 山科の鉄ちゃん | 2013年12月 5日 (木) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり鉄コレ用モーターは強力でした:

« 新線建設53 歓楽街が出来ました! | トップページ | 新線建設54 案ずるより産むが易し? »