« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

キハ55を製作しました!

001 002 003 004

毎度ご乗車ありがとうございます。

 5月に日本橋で購入した中古のキハ55のキット(ウィン製)を製作しました。首都圏色に塗装済みの車体を国鉄急行色に塗り替えた他、下まわりも手持ちの車輌と統一性を持たせるためにあえて黒に塗り替えました。あとは特に手を加えたりせずそのまま素組みにしましたが、2輌とも同じ顔では面白くないので1輌には幌をつけました。車番は特定ナンバーではありませんが幌のないのをキハ55 102、幌つきをキハ55 151にしました。いずれもモーター無しで、以前製作した同型に増結させて運用する予定です。

 それにしてもこのウィン製のキット、床下機器の造形や前面の表情など実に見事でしたね。中古品とは言えこれは本当にいい買い物でした。ただ一つだけ難を言わせてもらえるならこのキット、あまりに簡単に組めたので「作る楽しみ」という観点ではいささか物足りなかったですね(笑) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新線建設59 人形をちょこちょこと……

005 004 007

毎度ご乗車ありがとうございます。

 開通の日を目前にひかえて、レイアウトに人形を少し並べてみました。今更こんなことを言うのも何ですが、やっぱり人形があると全然レイアウトの印象が違いますね。今回は電停を中心に何人か並べただけですが、これだけでも「ゴーストタウン」から「活きた街」に変わったような気になりました。今後も少しずつレイアウトの住人を増やしていきたいとは思うのですが、はっきり言ってかなりの経済負担になりそうですね(笑)

 同時に本日も試運転を行いましたが、その中でこんな列車も走らせてみました。京阪260型の4連です。ちょっとした息抜きのつもり(?)で走らせたのですが、意外に好調で、急カーブも難なく走ってくれました。

008 009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京阪1002が完成しました!

004_2 006 008 007 009 010 011

毎度ご乗車ありがとうございます。

 フルスクラッチによる京阪1000型が完成しました。車番は1002でモーター付です。1000型は以前クモハ52の前頭部を利用して製作したことがありましたが、今改めてこれら2輌を並べて見比べると、やっぱり雰囲気が全然違いますね。もちろん今回の1002も不細工な面構えですが、前作はどうしても「京阪色の流電」に見えてしまいますね(笑)。

 引き続き1002の相棒となる1000型(もしくは1100型)の製作にかかるつもりですが、これが完成するまでは前作の1000型や1500型などと3連または4連で普通列車の運用に就く予定です。流線型の造形は難しかったし出来栄えも決してきれいとは言えませんが、それでも完成して走られてみると愛着も湧いてくるものです。これから製作にかかる相棒ももちろんフルスクラッチです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京阪1000型を塗装しました

003 002

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先日紹介しました京阪1000型の車体を塗装しました。塗装前は何とも不気味(?)な面構えでしたが、色を塗ったら一応は「京阪電車」として見られるようになったのではないかと思いこんでおります(笑) 流線型の製作は何かと大変でしたが、ここまで来たらもう後は下まわりの楽な(?)作業です。少々気が早いとは思いますが、ぼつぼつ2輌目の流線型の製作も考え始めています(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新線建設58 開通日が決まりました!

002 006

毎度ご乗車ありがとうございます。

 これまで長々と続けてきた新線建設ですが、来たる7月2日(水)に正式に開通する運びとなりました! 

 とは言いましても、これでレイアウトが完成するわけではありません。まだまだ未成の箇所がありますし、「レイアウトに完成なし」という言葉は全くその通りだと思います。でもお陰様で試運転は好調なので、ここでひとまず「開通」ということにいたしました。あと10日ほどの間に車輌の整備やレイアウト上に人形を配置したりして、開通の日に備えたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突然ですが、京阪1000型を作り始めました!

012 016

毎度ご乗車ありがとうございます。

 何年か前にGM製クモハ52キットの前面を利用して京阪1000型と1100型を製作したことがありましたが、いつかこれらをもう一度、今度はフルスクラッチで製作したいと思い続けてきました。そこへ先日、鉄パパ様のブログで京阪1000型の写真を多数掲載されているのを見て、すぐにでも作りたい衝動に駆られてしまいました。さらにこの話を鉄パパ様のブログにコメントしたところ、なんと同車の連結面の写真を追加掲載して下さったんですね。これはもう作るしかない!ということで爆発的(?)に製作を開始しました。

 製作の一番のハイライトは流線型の部分ですが、実はTMS誌207号(1965年6月)に京阪1000型の製作記事が掲載されており、そこに流線型部分の展開図が出ていたのでこれを9mmゲージサイズに縮小コピーして利用しました。真っ黒なので何か妙な感じですが、塗装すればどうにか見られるようになるんじゃないかと楽天的に(?)考えています。またヘッドライトの両側にある通風孔は同じくTMS誌の記事を参考にペーパーで表現しました。流線型の表現も細かくて繊細な作業でしたが、ここは「斬った貼った」で鍛えられた腕(?)で何とかきり抜けました。ちなみにライトは銀河モデルの砲弾型ヘッドライト(現在は絶版のようです)を使用しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由型で琵琶湖へ行こう!?

003 002 004

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先日紹介しました自由型のディーゼルカーが完成しました。形式は特に意味はないのですがキハニ10にしました。モーターはなく、この車両も運転の際には江若鉄道キハ17の世話になります。まだ実際に走らせていないのですが、元々パワーのある鉄コレ用モーターですから、小型のキハ17が大型車3輌を引っ張るのも問題はないと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

斬った貼ったで自由型も作ります

001 002

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先日製作したペーパーシートの江若鉄道キニ4には、なぜか車体側板の内張りが1枚余分についていました。当然のことながら、私がこれを放っておくわけがありません(笑)。何しろ「使える物は何でも使う」のを模型製作のモットー(?)にしている私ですから、これを利用してまた1輌作り始めました。

 でも同じ車輌を作ったのでは面白くないので、ここはヘソを曲げて江若鉄道タイプの自由型ディーゼルカーを製作することにしました。ドアー間の窓を2つ減らして車体を短くして、両端に荷台をつけてみました。ちなみにこの荷台、GM製キハ04、キニ05のキットに付いていたものです。もう20年ぐらいジャンク箱で眠っていましたが、思わぬところで陽の目をみることになりました。

 塗装はもちろん江若鉄道色にしました。自由型とは言え、すでに完成しているキニ4やキハ21と連結しても違和感はなさそうに思うのは私だけでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続々と完成したけれど……

009 001

毎度ご乗車ありがとうございます。

 京阪260型がこのほど相次いで2輌完成しました。今回もパンタ化後の1次車で、車番は267と266にしました。この2輌でも編成が組めるのですが、実はどちらの車輌にもモーターがありません。従って今すぐ運用に就くことはできません(笑)。もっとも実車の267と266にはそれぞれ268、265というちゃんとした相棒がいるので、なるべく近いうちにモーター付の相棒を作って走らせてやりたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新線建設57 試運転を開始しました!

001 003 004 007

毎度ご乗車ありがとうございます。

 街作りもどうにか形になって、本日からいよいよ車輌の試運転を始めました。本日走らせたのは京都市電700型に2600型、さらに京洛電気軌道オリジナルの1500型と2800型でしたが、700型と2800型は好調に走ってくれましたが2600型と1500型ははっきり言って今一つの走りでした。

005 009 008

 さらには本日、京阪260型と嵐電モボ112も走らせてみました。開業後の混雑に向けて応援入線させるという想定(?)でしたが、高床車では電停での客扱いが出来ないですね(笑) でも走りのほうは好調で、260型は連結運転ながらも急カーブを楽に曲がってくれました。

 今後はまだ走らせていない車輌の試運転を行い、今月末か来月早々には新線の正式開業を目指したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディーゼルカーなクモニとクハニ

005 003 004 002

毎度ご乗車ありがとうございます。

 仙石線の気動車色の旧型国電、まずはクモニ13036とクハニ19052の2輌が完成しました。とは言ったものの、どうも電車にこのディーゼルカラー(?)は似合わないような気がしてならないんですよね(笑) 実物の仙石線でこの塗色が採用されたのは昭和34年以降でしたが、それ以前は茶色一色だったようです。と言うことはこれらの車輌もぶどう色一色だったことがあったのではないでしょうか? 完成させたばかりなのにこんなことを言うのも何ですが、塗色の変更もアリかな……なんて思ったりもしています。

 それはさておき、このクモニもクハニも両方ともモーターがありません。とりあえずはモーター付のクモハ11を早く完成させようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »