« 路線拡張計画⑩~山が山らしくなりました!~ | トップページ | 不良品も使いよう? »

斬った貼ったでキハニの車体が出来ました

001_2 002 003_3 022

毎度ご乗車ありがとうございます。

 ペーパーシートのキハニ5000は順調に窓抜きを終えて、早くも(?)車体が形になりました。しかしながらでき上がった車体の小ささには改めてびっくりしましたね。元が2軸車なので当然と言えば当然ですが、車体長が京洛電軌1500型より短いんですよね。でも小型車ゆえに窓抜きの工程も少なく、その分短時間で車体製作までこぎつけることが出来ました。ちなみにヘッドライトは爪楊枝から製作、ベンチレーターはGM製パーツを流用しました。

 ところで、このキハニ5000には大きな省略があります。もうお気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、リベットの打出しをきれいさっぱりあきらめました。説明書の完成写真ではリベットが見事に表現されていて素晴らしい限りですが、はっきり言って私にはそこまでの腕前はありません(威張る事ではありませんが)。下手にリベットを打ち出して折角の車体が台無しになっては元も子もありませんし、またこのリベットの打出しには多大な労力と時間を要するので、これによって他の模型活動(レイアウト製作など)に支障が出るのは必至と思われたからです。
 この他前面の配管も、一度は真鍮線で作ろうと試みましたがうまく行かず、きれいさっぱり省略しました。でも前面の表情を見ると、こればっかりは無理してでも付けたほうがよかったですね(笑)。

|

« 路線拡張計画⑩~山が山らしくなりました!~ | トップページ | 不良品も使いよう? »

国鉄の模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 斬った貼ったでキハニの車体が出来ました:

« 路線拡張計画⑩~山が山らしくなりました!~ | トップページ | 不良品も使いよう? »