« 突然ですが、茶坊主の6連です | トップページ | 斬った貼ったでキハ44100がひとまず1輌完成しました »

夏が恋しい季節ですね!?

003  002 004  031 006012009008014

毎度ご乗車ありがとうございます。

 毎日めちゃ寒いですね。寒いのが大の苦手な私は、このところ休日は外出もせずにひたすらたまってる模型製作に励んでおります。その甲斐あって、夏に向けての(?)ディーゼルカーがたて続けに完成いたしました。

 まずは去年1輌108円で購入したキハ26の車体が3輌揃って急行色でよみがえりました。これでキハ55、26の系列はいつの間にか10輌になってしまいました。でも10連フル編成での走行は往年の急行を十分彷彿させてくれて圧巻でした。
 続いて津川洋行製のキハ44018が再塗装、モーター化で戦列に加わり、先に完成したペーパーシートのキハ45000やキハ48000、さらにフルスクラッチで増備したキハ45000とキハ45500と共に旧塗装のみの6輌編成が成立しました。
 旧塗装と言えばキハ20系も忘れるわけにはいきません。昨年末に50円のキハ20が蘇生して、同型の旧塗装ヴァージョンも7輌になりました。これで夏の海水浴臨急の風格も出てきたのでは……なんて勝手に思い込んでおります(笑)

 この他ペーパーシートでキハ44100型を現在製作中で、これが完成したらそろそろ「丹後夏ダイヤ」が出来るのではないかと楽しみにしています。寒い季節ですが、私は雪景色よりギラギラの太陽のほうが好きですし、炎天下の走行を想像しながらディーゼルカーの増備に励んでいます。

|

« 突然ですが、茶坊主の6連です | トップページ | 斬った貼ったでキハ44100がひとまず1輌完成しました »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

京洛電軌さん、ほんとに寒い日が続きますね~何年か前までの暖冬はウソのようで、昭和の寒~い冬を彷彿させてくれます。
昭和といえば山陰線のディーゼル急行。海水浴シーズンはもちろんですが、冬もけっこう混みました。
積雪による道路事情もあったそうです。車掌さんの話では、観光よりもビジネス利用がかなりあるそうで、出雲市~米子~鳥取あたりから京都入りする急行白兎は盛況でした。
キハ58系のパノラミック車が先頭でした。
キハ55系では観光シーズンの快速丹波路を覚えています。4連で春臨で使ってみては?ちなみに普通はあのキハ35の時代でした。

投稿: クハ55071 | 2015年2月 2日 (月) 23時19分

クハ55071様;
 こんばんは。急行「白兎」は午後の1本だけで孤高の存在みたいな印象を持っていたんですが、それ相当の存在価値があったんですね。昔列車のサボの撮影に凝ったことがあって、「丹後」「丹波路」は撮影したのですが「白兎」は撮れずじまいでした。
 春臨は思いつかなかったのですが、夏に向けてのウォーミングアップにいいかも知れないですね。まだまだ寒いですが、暦の上では立春を過ぎましたからね。

投稿: 京洛電軌 | 2015年2月 4日 (水) 23時12分

昭和50年代の山陰線は面白かったですね。
キハ55系は急行運用から撤退していたと思いますが、キハ26の400番台が普通に連結されてたりしました。
丹波路は55系からキハ20の4連になりました。キハ17も併結されましたが。
キハ26 400は宮津線で比較的晩年まで残ってました。

投稿: クハ55071 | 2015年2月 7日 (土) 12時30分

クハ55071様;
 こんばんは。ディーゼルカーの情報ありがとうございます。と言いますのも実は当時の山陰線=客車ドン行というイメージが強く、ディーゼルカーにはあんまり関心が湧かなかったんですよね。折しも「チャレンジ20000km」が始まったこともあって、オハフ61やオハ35などの普通列車で山陰線を走破したのがいい思い出です。

投稿: 京洛電軌 | 2015年2月 8日 (日) 22時07分

たびたび失礼します。
昭和40年代は客レが一時間ごとのネットを組んでいて、確か花園で交換していたと思います。
米子のDF50で、DD54は朝夕がメインでしたが、昼ごろの豊岡ゆきに入ってました。
これらの客レの大半を置き換えるためにキハ35が投入されましたが、てっきり関西線のお下がりと思ってたら千葉からの転入が多かったようです。房総と山陰線が繋がりましたね。
客レの置き換えでしたから福知山ゆきには郵便荷物車も併結されました。
キユニ26 9を覚えています。これは後に津山で見かけました。

投稿: クハ55071 | 2015年2月11日 (水) 20時30分

クハ55071様;
 こんばんは。なんと山陰線のキハ35は房総からの転入だったんですか。昭和50年代になっても長距離ドン行は客車でしたね。京都発だと浜田行き835レや出雲市行き837レがありました。実は1980年の冬にこれら客車ドン行に乗りたくて山陰を旅したことがあるのですが、この時の牽引機はDD51だったと思います。

投稿: 京洛電軌 | 2015年2月12日 (木) 23時07分

京洛電軌さん、懐かしい列車番号ですね~
長距離が客レで残った理由のひとつに郵便荷物車両の運用があるのかもしれませんね。
大きな分岐駅では長時間停車がありましたが、これも郵便荷物輸送からみでしょう。人間みたいに乗り換えてくれませんから。

投稿: クハ55071 | 2015年2月13日 (金) 15時05分

クハ55071様;
 あの手の客車ドン行は20分ぐらいの停車時間はざらにありましたね。でもそんな鈍足が魅力で各地の客車を求めて旅したものでした。ちなみに私が乗ったドン行の最長時間は山陰本線829レの出雲市~下関間、9時間28分でした。また機会があれば拙ブログで旅の話なんかもしてみたいと思います。

投稿: 京洛電軌 | 2015年2月14日 (土) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/445772/58781071

この記事へのトラックバック一覧です: 夏が恋しい季節ですね!?:

« 突然ですが、茶坊主の6連です | トップページ | 斬った貼ったでキハ44100がひとまず1輌完成しました »