« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

1200型また増える

001

毎度ご乗車ありがとうございます。

 余程これが気に入っているのか(?)京洛電気軌道では1200型がまた1輌増えることになりました。現在車体がほぼ完成しており、近日中に塗装してモーターをつける予定です。これが完成したら1200型は7輌になり、1500型を抜いて京洛電気軌道一番の大世帯になります。
 車体の製作はこれまで作った1200型と全く同じで、変更点や改良点はありません。同じ車輌ばかり作って面白いのか?なんて意見も出てきそうですが、それによって模型鉄道らしさが出ると考えているのは私」だけでしょうか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

50円のキハユニ

003 008_2009

毎度ご乗車ありがとうございます。

 まずは1枚目の写真ですが、中古で購入した関水製キハユニ26の車体です。信じられないかも知れませんが、これ1つなんと50円だったんですね。まあ屋根と下まわりは自作すれば何とかなると、速攻で購入しました(笑)

 屋根は私の場合、バルサを削って製作していますが、ふとジャンク箱にあったGM製キットの屋根パーツをつけてみたところ、屋根のカーブがぴったり合ったんですね。そこで前頭部だけバルサで製作し、あとはこの屋根パーツを流用することにしました。また床板のほうはこれまたGM製キットのパーツでぴったり合うものがあったのでそのまま何も考えずに利用しました。

 塗色は今流行り(?)の旧塗装にしました。すでに完成しているキハ20系旧塗装編成に増結させて走らせる予定です。車番は例によって特定ナンバーではありませんがキハユニ26 2にしました。製作のために別途購入したのは台車だけで、しめて400円弱でまた1輌増えることになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり260型がいいですね!?

001 002

毎度ご乗車ありがとうございます。

 今年に入ってから京阪600型の編成を製作していますが、その間にどうしても260型を作りたくなって車体が1輌出来ました。
 今回製作しているのは268で、先に製作した267の相棒になります。塗色は一般色にして、1980年頃の姿を再現したいと思っています。でもやっぱり260型はいいですね。これが完成したら、次は279+280の編成を製作したいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豆電車動力化計画

007

毎度ご乗車ありがとうございます。

 以前京洛電軌2510型をショーティーにした豆電車を2輌作ったのですが、適当なモーターがなくずっとダミーの情景用として留置線に置かれたままになっていました。でもどうにかして走らせたいと思っていたところ、先日模型店ではこてつ用のモーターを見つけました。

 これはいける!と思った私は早速1つ購入、試しに10号車につけようとしたところ、何と幅が狭すぎて入れることができませんでした。また11号車のほうもやはり幅が狭くて入れられませんでした。結局、2輌とも情景用として留置線に残ることになってしまいました。

002 003 006

 でもせっかく買ったモーターを使わないわけにはいかないので、このモーターに合わせて豆電車を新たに1輌作ってしまいました。車体は今流行り(?)の京洛電軌1200型に準じたスタイルで、車体幅は最初からモーターに合わせました。 
 車番は22にしました。京洛電気軌道の称号規定で単車は2ケタの形式、ボギー車は4ケタの形式をつけることにしています。それはともかく、完成したばかりの豆電車は腰高が気になりますが1200型や2500型にまじって狭い電車道をちょこまかと走りまわっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐の前の1枚2枚?

毎度ご乗車ありがとうございます。

 台風6号は本日の夕方、温帯低気圧になったようですが、これによる雨が降る前、すなわち今日の早朝に石山坂本線の撮影に行って来ました。今回は浜大津をスタートに、近江神宮前や坂本などで撮影しましたが、特に近江神宮前では出庫シーンや石山寺行きホームから出発する坂本行きなど、早朝ならではの写真がいろいろ撮れました。ご笑覧下さい。

006 011 015 022 027 021 030 032 039 044 052 056

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1200型が2輌増えました!

003 004 009 010 011

毎度ご乗車ありがとうございます。

 京洛電気軌道オリジナルの1200型1205と1206がこのほど相次いで完成しました。今回は1205がモーター付、1206はモーター無しで製作しました。モーターは先の1202と同様関水製小型動力ユニットで、もちろん連結運転対応車に成っています。これにより1200型は総勢6輌になり、かつての富山地方鉄道射水線のデ5010型を彷彿させるような4連も走らせてみましたが、1モーターではちょっと苦しそうな感じを受けました。狭いレイアウトですから、やっぱり単行か、多くても2連で走らせるのが一番でしょうね。

 でも1200型の増備はもうしばらく続けたいと思っています。当然と言えば当然ですが、次回からはモーター車を中心に製作していくつもりです。そのうちこの1200型がレイアウトの主になる日が来るかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2510型を増備しました

002 005 006 007 008

毎度ご乗車ありがとうございます。

 路線拡張の勢いに乗って(?)久しぶりに2510型を製作しました。と言っても車体はもう随分前に完成していたのですが、何故か下まわりの製作だけがずっと放棄状態になっておりました(笑)

 実はこの2510型、京洛電気軌道としては連結運転の出来る形式として、先に作った2511と2512はマイクロカプラーをつけて登場しました。ところが同カプラーでの連結運転はいろんな事情により無理と判断したため、今回製作した2513は最初から連結器はつけず、救助網をつけての登場となりました。この救助網ですが、キャスコ製のジオラマ用パイプフェンスで表現してみました。
 モーターは鉄コレの路面電車用を使用しましたが、車体が大型ということもあってオーバーハングがかなり長くなってしまいました。実は先に作った2511は鉄コレ用12m級のモーターを使用したため、これら2輌を並べると腰高なのが目立つ結果となってしまいました。それでも当の2輌は全く気にせず、大きな車体を民家すれすれに走らせています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飯田線の編成を組みました

010 011 013 014 019 005

毎度ご乗車ありがとうございます。

 突然ですが、飯田線の旧型国電の編成を組んでみました。いずれもGM製キットを組んだものですが、今までバラバラでまとまりがなかったため、このほどちゃんと運用に就けるように下記のように編成し直しました。ちなみにⓂはモーター車です。

←豊橋
クモハ52003+サハ75101+サハ75102+クモハ52004Ⓜ

クモハ52005+サハ48034+クモハ42009Ⓜ+クモハ52002

クモハ51069Ⓜ+クハ68024+クモハ53007+クモハ51200

 この4連×3本が基本編成で、51069の編成には豊橋側にクハユニ56002+クモハ61003の2連を増結させて6連で走らせることもあります。またこれらの編成にクモユニ81がつくこともあります。今回は手持ちの車輌だけで編成したので、実際にこのような編成があったかどうかわかりませんが、飯田線シリーズはこれでひとまず区切りをつけようと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の古書大即売会2015

005

毎度ご乗車ありがとうございます。

 今年もみやこめっせの古本まつりに行って来ました。毎回昔の鉄道雑誌の掘り出し物を見つけるのが楽しみなんですが、今回ははっきり言って私的にはハズレでした。
 一応今年も鉄道書のコーナーを作っている書店もあったのですが、何故か並んでいるのは海外の鉄道書ばっかりで、日本の鉄道書も特に目ぼしい物はありませんでした。特に今年は昔のTMS誌がどこのブースにも見当たらなくて、残念というより意外な気がしましたね。

 そして今回購入したのは鉄道ピクトリアル1966年9月号と鉄道ファン1970年9月号の2冊でした。奇しくも同じ9月号でしたが、ピクトリアル誌のほうは横須賀線の特集で、70系や43系の走行写真が模型の参考になりそうだったので購入しました。またファン誌は岡山ローカルの旧型国電に惹かれたのが購入の動機になりました。実は今まで岡山の旧型国電にはあんまり関心がなかったのですが、流電のサハを3ドア化したサハ58など、今更ながらに製作欲をそそられてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »