« 軽便レイアウト着工宣言 | トップページ | 石山坂本線の秋2016~80型カラ―の700型~ »

電車教室と電車児童館(京都市電の話)

Img_5763

毎度ご乗車ありがとうございます。

 1950年代、廃車になった京都市電200型や300型の車体が教室や児童館に転用されました。そこで今回はいつ頃どこに転用されていたのか、昔の京都新聞の記事から私が知り得た情報を発表させて頂きたいと思います。

住吉幼稚園(伏見区仲之町) 325 電車教室として使用(1953.9.24)
尚徳幼稚園(下京区) 200型2輌 電車教室として使用(1954.4.14)
楊梅幼稚園(下京区鍵屋町新町東入ル) 車番不明 電車教室として使用(1954.6.6)
竹間幼稚園(中京区竹屋町通間之町) 200型又は300型4輌 電車教室として使用(1955.5.8)
かすが児童館(南区西九条春日町 春日児童公園内) 車番不明(1955.12.6)
樫原児童館「仲よしの家」(樫原府営住宅内) 車番不明(1957.6.17)

 最後のカッコ内は京都新聞に掲載された日付です。
 また1950年9月30日付の京都新聞には、銀閣寺道電停前に500型の廃車体を改造した乗務員休憩所の写真が掲載されていました。車番は不明ですが小型化された514~517の元の車体ではないかと思われます。

 廃車体の転用はまだまだ存在していたかと思われます。今後も調査を続けて、また発表していきたいと思っています。                 

|

« 軽便レイアウト着工宣言 | トップページ | 石山坂本線の秋2016~80型カラ―の700型~ »

京都市電の話」カテゴリの記事

コメント

京洛電軌さん、たびたび失礼します。
500型といえば建仁寺に図書館?として置かれているのを利用した記憶があります。
住宅か倉庫として丹波橋の近くにも200か300型がありましたね。
大阪市電も住宅として国道沿いに置かれているのを見た記憶があります。

投稿: クハ55071 | 2016年9月28日 (水) 13時05分

クハ55071様;
 実は建仁寺の境内に市電の車体があったという話は聞いたことがあるのですが、貴殿が見られたのはいつ頃のことでしょうか? 
 丹波橋の単車は332で、住吉公園内で失業対策事務所として使用されていました。大阪市電の住宅は初耳ですが、こちらもよかったら詳細をお願いします。

投稿: 京洛電軌 | 2016年9月28日 (水) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電車教室と電車児童館(京都市電の話):

« 軽便レイアウト着工宣言 | トップページ | 石山坂本線の秋2016~80型カラ―の700型~ »