« 斬った貼ったでとりあえずは窓抜きを | トップページ | 嵐電モボ501改造される »

斬った貼ったで車体を短くしました

Img_5973

毎度ご乗車ありがとうございます。

 ペーパーシートの軽便電車(注・元々は静岡鉄道駿遠線のディーゼルカーですが、これを電車として製作しているので以後、軽便電車と表記させていただきます)は窓抜きを終えて車体の製作にかかっています。前回の拙ブログでも書いた通り、ドア間の窓を2個少なくしましたが、最初に側板を2つに切断するのは若干の勇気が必要でした(笑) でも内貼りを上手に貼り合わせていくことによって切り継ぎ部分も普通に強度を得ることが出来ました。また実車にあった窓の縁取りをやめてオーソドックス(?)にウィンドシルとウィンドヘッダーをつけました。これはペーパーシートの二段雨樋を流用したのですが、これによって急に電車っぽくなったのではないかと一人思っています。
 ちなみに短くなった車長は約72mm。鉄コレの12m級モーターがどうにか収まるぐらいの長さです。

|

« 斬った貼ったでとりあえずは窓抜きを | トップページ | 嵐電モボ501改造される »

京洛電軌特殊狭軌線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/445772/68484292

この記事へのトラックバック一覧です: 斬った貼ったで車体を短くしました:

« 斬った貼ったでとりあえずは窓抜きを | トップページ | 嵐電モボ501改造される »