« プラ板の軽便サハが完成しました | トップページ | 本線改修工事⑪~東側の街づくりに着手しました~ »

京阪5000型、ついに余命宣告か?

20170312_2 160629 1610105 1606242 1610101 1701242

毎度ご乗車ありがとうございます。

 以前から私が密かに危惧していたことがついに現実のものになりそうです。2020年を目処に、京阪5000型を全て3ドア車に置き換えるというのです。現在京阪ではホームドアの設置を計画していて、これにより5ドア車の運用が出来なくなるというのがその理由です。
 5000型が登場した頃は京阪の乗客数も増える一方で、ダイヤ改正のたびに運転本数も増えていました。ところが通常の運転本数も減少し、余剰廃車まで出している現在、はっきり言って5000型の役割は終わったのではないでしょうか。そんなところから意外に早く淘汰されるのではないかと思っていました。

 趣味的に見ると、5000型って昔からあんまり外観的な変化がないんですよね。2200型や2400型は車体更新で大きくイメージが変わりましたが、5000型は行先表示盤がついただけでほとんど昔のままなんですよね。そのせいか京阪を利用して5000型を見ると妙にほっとした気分になるのは私だけでしょうか(笑)
 ともあれ、本格的な廃車が始まらないうちに5000型の撮影に行きたいと思っています。


|

« プラ板の軽便サハが完成しました | トップページ | 本線改修工事⑪~東側の街づくりに着手しました~ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/445772/70621606

この記事へのトラックバック一覧です: 京阪5000型、ついに余命宣告か?:

« プラ板の軽便サハが完成しました | トップページ | 本線改修工事⑪~東側の街づくりに着手しました~ »