« さらに悪ノリ? | トップページ | 本線改修工事⑱~ひとまず結びを~ »

③系統の謎を追え!

Img_7573

毎度ご乗車ありがとうございます。

 前回の拙ブログで軽便市電に③の系統板をつけましたが、今回は京都市電③系統にまつわる個人的思い出話をしたいと思います。

 きっかけは子供の頃、中田安治著『路面電車』(保育社カラーブックス)に掲載されていたポール時代の京都市電1000型の写真でした。同車には③の系統板がつけられていたのですが、当時の私が持っていた資料には全く記載がなく、どんなルートだったのか子供心に大きな謎でした。この写真には祇園祭の鉾が写っていたので、四条線を走っていたことはわかるのですが、一方で河原町線を走る③系統の写真を見たこともあって、謎は深まるばかりでした。

 その謎が解けたのは、昭和29年2月27日付の京都新聞に掲載された白川線開通の広告でした。これに新線関連の系統図が出ていたのですが、その前に開通前の関連系統を書きますと、 

②;西大路九条~円町~天王町
③;京都駅~河原町今出川~銀閣寺道
⑬;四条大宮~祇園~百万遍~銀閣寺道

 このうち②と③が白川線開通によって終点から次のように延長されることになりました。

②;~天王町~銀閣寺道~河原町今出川~四条河原町
③;~天王町~くまの~祇園~四条大宮

 この延長に伴い、⑬系統は③系統と統合される形で廃止になりました。中田氏の著書の写真はこの白川線開通直後のものと思われます。ちなみに当初はまだ錦林営業所が開設されておらず、これら三つの系統は全て壬生の所属でした。

 その後昭和30年1月16日に錦林営業所が正式に開設されると、③系統の京都駅~銀閣寺道間が②系統のルートになり、③系統は銀閣寺道~天王町~くまの~祇園~四条大宮~千本北大路~烏丸車庫~烏丸今出川~河原町今出川~四条河原町に変更になりました。しかし翌年の下鴨線開通による系統変更で③系統は廃止され、以来、③は欠番のままになりました。余談ですがこの下鴨線開通で高野方面から四条河原町へ直通する系統が新設されましたが、この時欠番だった⑬が割り当てられることになりました。

|

« さらに悪ノリ? | トップページ | 本線改修工事⑱~ひとまず結びを~ »

京都市電の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/445772/71176704

この記事へのトラックバック一覧です: ③系統の謎を追え!:

« さらに悪ノリ? | トップページ | 本線改修工事⑱~ひとまず結びを~ »