« 2017年8月 | トップページ

2017年9月

小レイアウト改修日誌⑤

毎度ご乗車ありがとうございます。

Img_7892_2 Img_7897

2017年9月12日(火)
 停留所を作った。今回も前作と同様島式で、5mm厚バルサを切り出して塗装しただけのとても工作とは言えない代物となった。ただいくら何でもこれだけでは殺風景すぎるので、ベンチでも置いてみようかと思っている。

Img_7903 Img_7904

2017年9月13日(水)
 ジオコレの水田シートで田んぼを表現した。接着は最初木工用ボンドを使ってみたがうまくいかなかったので両面テープでつけた。さらに昨日作った停留所にベンチを2台設置した。これで殺風景はいくぶん解消されたとは思うが、現実問題としてこの狭い電停にベンチがあるとかえって乗り降りの妨げになるような気もした。

Img_7920 Img_7919 Img_7921 Img_7922 Img_7924 Img_7925

2017年9月17日(日)
 レールにバラストを撒いた。と言っても撒いたのは停留所のフレキシブル線路と留置線の車止ぐらいで、残りは何も手を加えないことにした。続いて道路以外の地面に草や砂を撒いた。使ったのは関水製コースターフの他、軽便レイアウトのストラクチャーとして製作した風物詩シリーズのプラモデルについていた物を流用した。固着には木工用ボンドを使用、レールにボンドや砂がつかないよう注意しながら慎重に行った。そのあとずっと仮置きの状態だったストラクチャーを全て固着させ、なおも頑張って架線柱や電柱、街灯も取り付けた。いずれもジオコレの製品だが、これによって一気にレイアウトらしくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小レイアウト改修日誌④

毎度ご乗車ありがとうございます。

Img_7856_2 Img_7857 Img_7860

2017年9月6日(水)
 朝からねん土で地面を製作した。交換設備の真ん中から着手して、左右の勾配区間も全てねん土で表現した。今回レールは基板に接着せず、ねん土で固定させることにした。併用軌道はまず線路の外側をねん土で埋めてから内側を盛土した。うまく走れることを第一に考えているので内側はまくら木がかろうじて見えなくなる位しかねん土をつけなかった。またレールの内側にねん土がつかないよう、ここが一番気を使った工作だった。 
 ひとしきり地面ができ上がったところで京洛電軌1500形や2510形、10型などを走らせてみた。併用軌道も特に問題なく走ってくれて一安心だった。

Img_7875 Img_7877 Img_7883

2017年9月11日(月)
 地面を塗装した。まずは道路の塗装から着手。併用軌道を手始めに少しずつ他の道路へと塗装していった。特に併用軌道ではレールに塗料がつかないよう注意しながらゆっくりと進めていった。ちなみに使用した塗料はガイアカラーのダークグレイ。車輌の屋根に使っている色だがそのまま流用した。そのあと道路以外の地面を塗装したが、これには同じガイアカラーのクリーム色1号を使用した。はっきり言って手持ちの塗料を安易に使ったので、おかしいと言えばおかしいが、これから草やらバラストやら撒いたらうまく誤魔化せるのではないかと思う。それにしても車輌の塗装と違ってレイアウトでは塗料の消費量ははるかに多く、ダークグレー、クリーム色共に1瓶全部使ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小レイアウト改修日誌③

毎度ご乗車ありがとうございます。

Img_7839_2 Img_7841_2

2017年9月2日(土)
 先日購入した角棒を使って併用軌道左半分の家並のかさ上げをした。併用軌道から正面の停留所に続く家並みは坂道になるので段差をつけてストラクチャーを並べるようにした。道路は未成だがストラクチャーを並べただけでもいいものができそうな予感がした。

Img_7844_2 Img_7846 Img_7850 Img_7853 Img_7854 Img_7852

2017年9月4日(月)
 5mm厚バルサを購入(358円」)、農家や正面の停留所前の家並、また併用軌道右半分の民家裏側のかさ上げをした。また午後から津川洋行のシーナリーペーパー(石積)を購入(400円)、併用軌道右半分の民家裏側のかさ上げ部分につけた。この民家の裏側は田んぼになる予定である。このあと試運転。京洛電軌1500形や2510形、京都市電700形や800形など、いずれも問題なく走ってくれた。
 次はいよいよ地面の製作である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

斬った貼ったでこんな車体になりました

Img_7742 Img_7743

毎度ご乗車ありがとうございます。

 ペーパーシートがベースの軽便客車の車体がほぼ形になりました。車長を短くした以外、シル・ヘッダーなどはペーパーシートのパーツをそのまま使いましたが、屋根はバルサから削り出しました。と言いますのもこのキハ31、屋根全体が積層構造になっていたんですね。それでこれを短くするのはかなり手間もかかるし難しいと思われたので断念しました。屋根上にはGM製キットのグロベンを何も考えずに(笑)つけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ