« 京阪線と京津線の共演 | トップページ | 大型ポールカ―も走れます »

意外に非力だったモーター

Img_8168 Img_8169 Img_8171 Img_8177 Img_8172 Img_8179

毎度ご乗車ありがとうございます。

 小型車ながら連結運転のできる当京洛電気軌道の1200型は、関水製小型動力ユニットをつけて本線レイアウトを時には四重連で走っていました。ところが最近、意外なことがわかりました。

 現在の小レイアウトには専用軌道から併用軌道に向かって上り勾配がありますが、ここを1200型が2連で走ると時々スリップすることがあるんですね。2連の場合は専用軌道の停留所から急加速させると勢いでどうにか上りきることが出来るのですが、3連になると道路の手前でスリップしてどうしても前進できません。さほど急な勾配ではないと思うのですが、これは正直驚きでした。

 そこでこの1200型が3連以上で小レイアウトを走る時は、モーター車を2輌にして運転しています。余談ですが鉄コレ用モーターをつけた京阪260型は4連でも1モーターで小レイアウト上を快走しています。

|

« 京阪線と京津線の共演 | トップページ | 大型ポールカ―も走れます »

京洛電軌オリジナル車輌」カテゴリの記事

コメント

京洛電軌さん、こんばんは。
確かに鉄コレ動力は強力で単行の旧形では違和感があるぐらいです。
単行といえば昨日阪堺線の166にたまたま乗り合わせました。正月か平日ラッシュぐらいかと思ってたので驚きました。オリエント急行の装飾がされているからでしょうか?

投稿: クハ55071 | 2017年11月27日 (月) 19時31分

クハ55071様;
 こんばんは。阪堺線166に乗れたのは本当にラッキーでしたね。161型も今では4輌が残るのみで、2年位前から正月でも予備車的な扱いになっています。昨日見られたのもひょっとしたら他形式の代走だったのかも知れませんね。

投稿: 京洛電軌 | 2017年11月27日 (月) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/445772/72319126

この記事へのトラックバック一覧です: 意外に非力だったモーター:

« 京阪線と京津線の共演 | トップページ | 大型ポールカ―も走れます »