« 京阪大津線の駅名変更とダイヤ改正 | トップページ | 30型タイプの軽便市電 »

30型にハマる?

Img_8365 Img_8366 Img_8367 Img_8372 Img_8377 Img_8382 

毎度ご乗車ありがとうございます。

 京阪30型35が完成しました。モーターは家にあった中古品(何のモーターだったかは忘れてしまいましたが……笑)を再利用しました。低床車なのに腰高で、前面には救助網もなく正直見苦しい姿です。また製作途中で気が変わったこともあって、シングルポールなのにトロリーキャッチャーがダブル仕様になっているなど、中途半端極まりない車輌になってしまいました。ただ走りのほうは中古モーターながら快調で、小レイアウトを前作の同型連結車と共に快走してくれました。

 同じ形式とは言え、時代の違うこれら3輌をレイアウト上で共演させていると、もう一編成30型が欲しくなってしまいました。そこで早速、新たに30型を製作することにしました。次に作るのは前作の増備で最晩年の一般色仕様の予定ですが、昭和30年代初頭の特急色にも触手が動いています。

|

« 京阪大津線の駅名変更とダイヤ改正 | トップページ | 30型タイプの軽便市電 »

京阪の模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 30型にハマる?:

« 京阪大津線の駅名変更とダイヤ改正 | トップページ | 30型タイプの軽便市電 »