« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

京阪1500型を作り始めました

Img_8911

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先日購入した中古の京阪1000型と1100型に中間車も組み入れたくなって、1500型を作り始めました。現在車体が形になって、これから屋上機器などの製作にかかる予定です。さらにその後を追うかのように、1200型の窓抜きも始めかけています。思いがけない中古品の発見で、しばらくこの系列の増備が続きそうな気配です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

建築基準法違反?

Img_8855 Img_8887

毎度ご乗車ありがとうございます。

 小レイアウトの電車道にGM製キットを組んだ土蔵の商店がありますが、最近になって、一部の車輌が前のカーブを通過する時、車体がわずかながら屋根に接触してしまうことがわかりました。そこでこの土蔵の屋根の一部を削り取る工事をこのほど実施しました。その結果2枚目の写真のように端が欠けた何とも不格好な姿になってしまいましたが、これで小レイアウトに入線できる車輌がさらに多くなりました。その中にはこんな車輌もあります((笑)

Img_8892 Img_8889 Img_8891

 さすがに18m車は無理がありますが、17m級の京阪1800型や1300型は5~6連でも普通に走ってくれました。併用軌道を行く長大編成は圧巻でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京阪1804が完成しました

Img_8850 Img_8851

毎度ご乗車ありがとうございます。

 京阪1804がやっと完成しました。このユニット(1803+1881+1804)にはモーターがないので、先に作った1700型などと併結して運用することになります。これで特急車の1800型は10輌になり、作ってないのは1805+1882のユニットだけになりました。ここまできたらこの2輌も製作して全車そろえるのも面白いかも知れませんね。その一方で3ドア車に格下げ後の同型にも触手が動き始めているのですが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1000型発見!

Img_8824 Img_8825 Img_8853 Img_8852

毎度ご乗車ありがとうございます。

 鉄コレの京阪1000型3輌セットを購入してから約3年、できればもう一編成欲しいと思い続けていましたが、先日地元の模型店で中古の同車を発見、予定外の買い物でしたが思い切って購入しました。
 はっきり言ってこの手の車輌は中古でも法外な(!)価格がついているのが常ですが、この2輌は箱なしのばら売りながら1輌1500円と発売当時と同じ価格でした。中間車の1500型は自作するとして、これで遠い昔に一度だけ見た記憶のある1000型の急行(中間に1000型が組み込まれていた)を再現することが出来ます。ちなみに入線に際して、台車をアーノルトカプラー付に交換しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地面を着色しました

Img_8843 Img_8848 Img_8849

毎度ご乗車ありがとうございます。

 停滞気味の軽便レイアウトですが、このほど道路と宅地以外の地面をクリーム色に着色しました。もちろんこの後パウダーやコースターフなんかを撒いて地面らしく仕上げていくのですが、ひとまずこの色に塗っておけば砂地の地面っぽく見えるのではないか、と安直に考えての着色です(笑) 

 線路にはバラストを撒くので今回は着色しませんでした。また道路は併用軌道も含めて未舗装の状態を表現しようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京阪1804 ここまで出来ました

Img_8832 Img_8833

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先日完成させました京阪1803+1881の増結用となる1804はようやく車体の塗装までこぎつけました。以前の拙ブログでも書いているかも知れませんが、当方では京阪の特急車は全て特急の限定運用にしていますので、鳩マークと横サボは塗装の乾燥を待ってすぐにつけました。下まわりも実はもうほとんど完成しているのですが、台車とパンタのストックがなかったため、現在購入待ちの状態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貨車のキットを作ったのですが……

Img_8817 Img_8818 Img_8820

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先日購入した甲府モデル製のテ1000のキットを組んでみました。車体の製作は意外に簡単で、小さいながらもいい雰囲気に仕上がりました。ただパーツがレーザーカットされているので作っていると煤で手が汚れましたね。それで思ったのですが、開封した時に感じたニコチンのような香りは、ひょっとするとこの煤が原因だったのかも知れませんね。

 このキットは何と下まわりもペーパーで作るようになっています。最初ははっきり言って強度の点で疑問視していたのですが、実際作ってみると意外にしっかりしていたのでまずは安心しました。
 ところがいざ車輪をはめてみると、何故かうまく転がらないんですね。私の作り方が悪かったのでしょうか。車体はうまく出来ているだけにこれは非常に残念です。下まわりをどうするか、現在考え中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーターがなくても走れます?

Img_8710 Img_8716 Img_8714

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先月25日の拙ブログで「こんなに作ってどうするねん」なんて言ってた軽便市電のうち1輌がこのほど完成しました。コメントを下さったYANチョ様からのアドバイスで、モーター無しでの完成となりました。台車はうちのジャンク箱にあったブリル台車を何も考えずに流用したので、製作費は0円でした。

 形式はデハ28。モーターはついていませんがこのデハ28、ちゃんと走ることができます。なぜならうちの軽便には「ユーレイ」がいるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京阪1881 やっと完成しました

Img_8711 Img_8712

毎度ご乗車ありがとうございます。

 寄り道のし過ぎで製作が滞っていた京阪1881がこのほどやっと完成しました。うちではこの手の車輌(=京阪の特急用車輌)は特急の限定運用にしていますので、最初から鳩マークと横サボをつけました。
 引き続き増結用の1804を作り始めています。写真はありませんが現在車体が形になって、屋上機器などディティーリングの製作を進めているところです。今度は寄り道せずに完成させようと思っていますが、どうなることやら……。

 ところで、ふと気づいたのですが、実車の1803+1881と現在製作中の1804は、特急色ながらロングシート車だったそうです。特急用なのにどうしてロングシートにしたのか不明ですが、模型では気にせず特急編成として走らせようと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

9mmゲージ貨車のキット

Img_8679

毎度ご乗車ありがとうございます。

 まさか9mmゲージの世界にこんなキットがあるとは思いもしませんでした。
 甲府モデル製のペーパーキットで、それもかなりマイナーな貨車のキットなんですね。たまたまアクセスした鉄道模型の某ブログで甲府モデルの存在を知って、早速1輌購入してみました。

 今回購入したのは鉄製有蓋車のテ1000で、車輪とカプラーは別途必要ですが下まわりもペーパーで作れるようになっています。製作はこれからですが貨車のキットなんて今まで見たことも聞いたこともなかったのですごく楽しみです。

 ただ一つだけ気になったことがあるのですが、このキット、開封した時に何かニコチンみたいな臭いが漂ってきたんですね。しかもこの臭い、同封されていた商品カタログにも感じられたのですが、気のせいでしょうか……。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »