« 103系も終焉か | トップページ | 貨物驛を作りましょう »

製作途上ですが、またやり直しました

Img_8950 Img_8951 Img_8956 Img_8963 Img_8961 Img_8958

毎度ご乗車ありがとうございます。

 正月早々製作をスタートさせた軽便レイアウトですが、実は試運転をすると脱線やカプラーの自然解放が多くて、このために建設が停滞気味になっていました。製作費をケチって手持ちの中古レールを多用したのが悪かったのでしょうが、やはり作る以上はスムーズな運転を楽しみたいので、今回思い切ってレールを新調して新しく作り直すことにしました。

 そこでプランも一部変更して、1枚目の写真のように単線エンドレスに引込線は1本だけにしました。また直線区間の一部を併用軌道にして、駅は裏山の麓に設けました(3枚目の写真です)。ちなみにレールは関水製ユニトラックを使用しました。はっきり言って軽便には程遠い形状ですが、そこはバラストの撒き方で誤魔化そう(!)と考えています。しかしながら車輌の走行は絶好調で、どの車輌も脱線せず軽快に走り回ってくれました。

 これで停滞していたレイアウト建設も再開できそうです。最後に引込線には貨物駅を作りたいと考えていて、現在どんな駅にするか考え中です。

|

« 103系も終焉か | トップページ | 貨物驛を作りましょう »

京洛電軌特殊狭軌線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/445772/73652349

この記事へのトラックバック一覧です: 製作途上ですが、またやり直しました:

« 103系も終焉か | トップページ | 貨物驛を作りましょう »